2021/06

☆蓮の季節が始まります

蓮を10鉢以上栽培しています。葉の生長具合から見て今年一番咲は「ミセススローカム」かと思っていたら、なんと青菱紅蓮(せいりょうこうれん)の花芽が伸び始めました。

今後の成長の様子をご紹介します。

2021年6月22日撮影

☆久しぶりに「フラワーアートフォト(プレミアム)」リリースしました


商品名・フラワーアートフォト(プレミアム)「ガクアジサイ・ブルー」

撮影日:2021年6月11日 撮影地:法然寺仁王堂前 撮影:ほおじろえいいち

フラワーアートフォト(プレミアム)「ガクアジサイ・ブルー」について

はるか昔レムリア大陸が海中に没してもなお日本列島は沈まず残りました。おそらくその頃からガクアジサイは本州以南の太平洋沿いのかぎられた暖地に生息していました。日本固有の落葉低木です。

ガクアジサイの花は、中心に多数の小さな花、その周りに額のように装飾花を咲かせます。中心にある多数の花は珊瑚状に集まっていますが、それぞれが雄蕊と雌蘂をもったいわゆる「花」です。周りに一見花のように綺麗に咲くのは萼(ガク)で、中心の花を装飾した形になっています。

2015年に私はこの花がきわめて日本的な精神文明・風土・自然神霊に強く共鳴するかなり知的なエネルギーが出ていることを発見し、エネルギー・フラワー・フォト「ガクアジサイ・ブルー」や「ガクアジサイ・ピンク」などを制作してきました。

この度、その進化形の1つとして、「新・ガクアジサイ・ブルー」のエネルギー・フラワー・フォトを制作しました。

このフォトでは、下記の詩にあるような次の効能が期待されます。

※期待される効能
・すべてを忘れて「今ここ」に集中できる
・今まで気づきもしていなかった自分の使命がわかってくる
・日本的な精神文明や風土、自然神霊に強く共鳴することができる
・日本の精神文明を通じて宇宙のアカシックレコードにアクセスできるようになる
・また、そのことによって新たな気づきや智慧を得ることができる
・日本の大地を通じて水の惑星ガイアにグラウンディングする力が強くなる
・日本(ヤマト)民族に縁の深い「知恵の倉」から重要な情報を得ることができるようになる
・以上のことのすべて、またはどれかにより、重要なインスピレーションを得て、仕事や日常生活に生かせるようになるでしょう

ご購入にあたってのお願い

上記のエネルギー・フラワー・フォトは、A4版とA3版のセット商品です。このフォトへの思いや期待をコメント欄にご記入いただければ、それが大いなる存在に通じてバックアップしてもらえるように祈りを込めて、大切に包装してお送りさせていただきます。コメント欄に記載されますと、制作時(エネルギー封入時)にメッセージが来やすくなります。メッセージがあった場合は、お手紙またはメールでご連絡します。

A4版とA3版のセットのご購入

※ご注文をいただいてからの制作とさせていただきますので、発送まで4営業日程度お時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

☆返品についてはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詩集『心的惑星圏』に収録の詩「ガクアジサイ」

初めてそのエネルギーに感動したのは
伊豆修善寺の虹の里で咲き誇っていた
ガクアジサイの花たちを観たとき

すべてを忘れて「今ここ」に集中できる
今まで気づきもしていなかった
自分の使命がわかってくる

かつてレムリア大陸は
海中に没したとされるが
沈没をまぬがれた日本列島に
その土地の固有種として
古くから生息していた

そのため日本的な精神文明や風土
自然神霊に強く共鳴する
知的なエネルギーが出ている

さらに日本の精神文明を通じて
宇宙のアカシックレコードに
アクセスするパワーを強め
そのことによって
新たな気づきや智慧を得る力を強化する
エネルギーを発している

とくに不思議な幾何学模様のように
中心に集まる花たちから強く出ている

梅雨時に
もっとも生命力を強めて開花するので
日本の大地を通じて
水の惑星ガイアに
グラウンディングする力がとても強い

そんなガクアジサイが
僕は大好き
Copyright reserved by Eiichi Hojiro

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆防衛的悲観作戦とは

デートに出かけるときの4つの心理作戦
 あなたはこれからとても魅力的な新しい恋人と、初めてのデートに出かけようとしています。結婚を視野に入れてもいい相手だけに、デートがうまく行かなかったらどうしようと、あなたは不安になってしまいそうです。さて、どうしますか? あなたはその不安を払拭するために、無意識のうちに作戦を立てはじめます。…

 これは2009年9月に出した拙著『ポジティブ思考ではなぜ成功できないのか?』(学習研究社刊)の第1章に数ページにわたって書いた文章です。小見出しは、「人生における4つの心理作戦――恋愛バージョン」。4つの心理作戦とは、自己ハンディ作戦、回避作戦、戦略的楽観作戦、防衛的悲観作戦の4つです。

 自己ハンディ作戦とは、あらかじめ自分にハンディをつけて、うまくいかなかったときのための言い訳を考えておくというもの。回避作戦とは、うまくいくかどうかわからず不安なので逃げてしまおうというもの。戦略的楽観作戦とは、とにかくポジティブに考えようという作戦、つまり世にもてはやされる「ポジティブ思考」をしていこうというものです。そして防衛的悲観作戦とは、自分の考え方が悲観的(ネガティブ)なので、あることを行おうとするとき心配されるあらゆるよくない事態を想定し、あらかじめそれらの対策を練っておこうという作戦です(アメリカの心理学者ジェリー・ノレム博士による)。

 ふだん自分ではあまり自覚していないかもしれませんが、私たちはこの4つの作戦のうち1つを常に自分のやり方とし、自分のやり方以外の作戦はあまり理解しないといいます。たとえば、ふだんから何かとネガティブなので防衛的悲観作戦をとる人は、ふだんからポジティブで戦略的楽観作戦をとる人の気がしれないと思いがちで、あえてそのやり方を採用しようとしてもうまくいかないというのです。しかし、それぞれのやり方は、それぞれのタイプの人たちにとって、不安を克服するためには有効なのです。つまり、人は常に自分のやり方で不安を感じないよう、無意識のうちに作戦を立て、それを実行し、不安から逃れることに成功しているというわけです。

 では身近な例として、これら4つのケースを、魅力的な新しい恋人との初めてのデートにあてはめて説明してみましょう。

1)自己ハンディ作戦の場合、まずあなたの行動はどうなるでしょう。考えられるのはこんなものです。デートの時間に大幅に遅れます。遅れる表向きの理由は、仕事が忙しくなってしまったとか、急用のためとなります。不思議なことに、実際に急用ができて遅れてしまうこともあります。

 デートに出かけるとき、わざと粗末な身なりをする人もいるでしょう。またデートしている最中、自分は体が弱い人間であるとか、頭が悪い人間だなどとしきりに言ったりします。また、実際にそういうふりをしたり、本当に具合が悪くなったりということがあるかもしれません。

 そういう無意識的な行動によって、自分自身にハンディをつけ、相手に好かれなかったとしても、その理由は本当の自分が好かれなかったのではなく、見せかけのハンディのせいだと考えるわけです。だから、デートがうまくいかず、結婚がそれだけ遠のいたとしても、それはデートのときにたまたまあったハンディ(事情)のせいで、本当の自分のせいではないと納得できるし、親など周囲の人も「それなら仕方がない」と諦めることができるというわけです。

2)回避作戦をとる場合、あなたはどういう行動をするでしょう。簡単です。デートから逃げてしまいます。さまざまな理由をつくって、デートが実行されないようにしてしまうのです。たとえば急用や、体の不調など。段階的にデートを引きのばすこともあります。今日は急に都合が悪くなったので来週にしたいなどといって、とにかく目前のデートを回避しようとします。実際に、うっかりデートの日時を間違えたり忘れたりして、すっぽかすこともあります。

3)戦略的楽観作戦の場合はどうでしょう。デートに臨んで、あなたは自分こそ相手にふさわしい、すばらしい人間であることをしきりにアピールします。実際に明るくふるまうし、自分の長所を強調しようとします。そして相手がすばらしい人だと感じたら、自分たちこそ最高のカップルだと信じて疑いません。相手のすべてがすばらしいと見るのです。すべてをひいき目にとらえ、アバタもエクボとして見るということです。

4)では、防衛的悲観作戦ならどうなるでしょう。あなたは、デートでうまくいかないさまざまな状況が次々と思い浮かんでしまいます。しかし、それだけでは終わりません。こういうふうにうまくいかないことが起こったら、このように対処しようと、それぞれのケースごとに対策を考えてしまうのです。
 たとえばデートしているときに、思うように自分のことを相手にわかってもらえるような話ができなかったらどうしよう。そのときは、もう自分の話をするのではなくて、相手にいろいろと質問をしよう。そうして相手のいうことを肯きながらよく聞くことにしよう。このようにさまざまなケースを想定し、それが起こったときにはこうしようと、心づもりをするわけです。
 そのようなあなたは、デートの前に家族や親友から励まされると、かえって落ちこむ傾向があるようです。このような作戦を無意識にとろうとする人は、デートがうまくいかないことが前提のようになっているので、本当にうまくいかなくても落ちこむことはありません。

 現代は神経症の時代とか、鬱(うつ)の時代とかいわれます。私たちの不安や恐怖をあおる様々なニュースが飛びかっています。そんなとき、私たちが不安をうまく克服しながら成功し、幸福を得るために1番有効な方法は、この4つのうちのどれだと思われるでしょうか。心理学者たちによると、実はそれは意外なことに、防衛的悲観作戦なのです。

 この作戦をとることができると、うまくいかなかったときは、それを試練ととらえ、耐えることができます。そして次はうまくいくようにしようという希望を持ち続けることができます。ポジティブ思考が良いといわれてもなかなかできないネガティブ傾向な人も、あらゆるよくない事態を想定してあらかじめ対策を立てることができれば、その成果はポジティブ思考の人よりも大きいといえるようです。その意味でいえば、これは大局的にはポジティブ思考を超えたポジティブな生き方といえるのかもしれません。