祈りのフラワーフォト

「祈りのフラワーフォト」(フォトン・フォト)シリーズについて

5月1日に新元号「令和」がスタートしました。5月1日は、私たちの会社の創立記念日でもあり、2019年5月1日は、創立15年の節目に当たる記念日でもあります。これを祝して、香川に移転後しばらくしてから制作していたいと思っていた、「フォトン・フォト」シリーズのフラワー・フォトを制作開始・発売することにしました。

令和の時代はおそらく、地球に降りそそぐ光が多くの人たちを幸せな変容に誘う時代だと、私は考えています。その光エネルギーは、レムリアン・ヒーリングでも最重要視している、フォトン・エネルギーです。またこのエネルギーは、地球と私たちの波動上昇・次元上昇に大きく関与しているとも、私は考えています。

このシリーズでは、降りそそぐフォトン・エネルギーを受けた花たちが、その花に特有のエネルギーの性質を加えて発する光エネルギーをとらえたフォトとして、皆様にご提供していきます。

新しいこのフォトン・フォトのシリーズでは、どの作品にも「祈り」のエネルギーを封入します。どの作品にも共通に封入する祈りは、次の2つです。

  • 令和の時代が平和でありますように
  • その平和のなかで、あなたと、あなたの大切な人たちが、幸せでありますように

そして花の種類によって、その花が発するフォトン・エネルギーの効能に即した祈りもいくつか封入します。

またあなたが成就したい祈りの後押しをするエネルギーも込めますので、ご注文に際しその祈りを1つだけメッセージ欄にご記入ください。

第4号作品:「彼岸花の祈り」

品名:彼岸花の祈り
発売日:2019年9月8日

<上の写真はサンプルです。実物のフォトにのみ効能があります。このサンプルには著作権保護のための文字が入っていますが、実物には入っていません。>

マンジュシャゲは、サンスクリット語ではマンジュシャカ(manjusaka)といい、天上に咲くといわれる花で、見る者の悪業を払うという言い伝えがあります。またおめでたいことが起こる先触れとして、天から降ってくるとも言われています。
業とは、結局は自分の人生をつくるおおもとの原因であり、自分の周囲で起こる様々なことに対して、自分の心が独特の反応をするように働く作用(力)のことです。この作用の結果、人生が幸せではない方向に進んでしまうものが、「悪業」です。反対に、人生が幸せな方向に進ませるものは、「善業」といいます。
マンジュシャゲは、以前エネルギー・フラワー・フォトにしたことがあります。ちょうど秋分の日の頃(お彼岸前後)、天と地を、あるいは悟った人たちの魂が安らぐ清らかな世界と、私たちが住む現実界(娑婆世界)をつなぐほどの、たぐいまれなる幸運なエネルギーを発する花であると確信したからです。
今度はもっと積極的に、以下のような祈りを込めたフォトン・フォトとして、ご提供することにしました。お求めになる方々にこれらの祈りが成就することを願って。

このフォトに封入している祈り

  • 「悪業」が消えてしまいますように
  • 「善業」が増えていきますように
  • 幸運な出来事が自然に起こるようになりますように
  • 家族をニュートラルによく理解できますように
  • よい人間関係に恵まれますように
  • 良縁に恵まれますように
  • 大いなる存在(ブッダ、観音様など)と強くつながり、守られますように
  • 幸せな変容を進めることができますように

このフォトで期待される効能

  • 準備ができ次第、上記祈りが成就していくことが期待されます。
A3版のご購入
A4版のご購入

第3号作品:「ロータス・フォトン」

品名:ロータス・フォトン
発売日:2019年8月5日

<上の写真はサンプルです。実物のフォトにのみ効能があります。このサンプルには著作権保護のための文字が入っていますが、実物には入っていません。>

蓮ほど神秘的な花はありません。開花時に植物なのに発熱するばかりではなく、清楚で甘く、陶酔を誘うようなやわらかな香りを発します。上野・不忍池や植物園などで蓮の花を見てからというもの、私は蓮の花の虜になってしまいました。
それで自分で育ててみたくなり、4年前(2015年ごろ)に、この古代蓮を通販で手に入れました。天然記念物だと言います。ところが手に入れてみたものの、育て方がよくわからず、花を咲かせるまでには至りませんでした。
2018年香川に移住する際も持ってきて裏庭に置いたのですが、その夏も開花しませんでした。後になって知ったのですが、この蓮は育てるのがむずかしいらしい。
2019年になって、すでに手に入れていた他の4種類の蓮と同じように、育て方をよく勉強し、今度は本格的に育て始めたところ、ついに1輪だけ開花したのが、この写真です。蓮は3日しか開花しません(4日目にも開花しますがすぐに散ってしまいます)。
また、2日目が最も美しいとされています。この写真は、開花2日目の午前6時少し過ぎたころに撮影したものです。
仏教では観音さまや仏陀など仏さまの多くが蓮の花の上に座った姿として描かれています。蓮の花を挿した水差しを持っていたり、蓮のつぼみを手に持った像としても描かれています。仏陀の説法を聞こうと集まった人たちに、仏陀が「蓮の花は、私たちの苦しみを消滅させ、解脱をうながし、悟りへと向かわせる」と説いたからでしょう。

このフォトに封入している祈り

  • 長年の望みが叶いますように
  • 早寝早起きができて、心身に調和がもたらされ、健康でありますように
  • 頭脳が明晰で、的確かつ素早い行動ができますように
  • 霊格の高い霊的能力(サイキックメディアム)が高まりますように
  • 大いなる存在(ブッダ、観音様など)と強くつながり、守られますように
  • 幸せな変容を進めることができますように

このフォトで期待される効能

  • 準備ができ次第、上記祈りが成就していくことが期待されます。
A3版のご購入
A4版のご購入

第2号作品:「ガクアジサイ・ブルーフォトン」

品名:ガクアジサイ・ブルーフォトン
発売日:2019年7月5日

<上の写真はサンプルです。実物のフォトにのみ効能があります。このサンプルには著作権保護のための文字が入っていますが、実物には入っていません。>

額紫陽花(ガクアジサイ)は、もともと本州の山林に自生していた日本に固有の落葉低木で梅雨時に不思議な形の花(中心に多数の小さな花、その周りに額のように装飾花)をさかんに咲かせます。
古来より日本の地で育ってきたことで、この花はきわめて日本的な精神文明・風土・自然神霊に強く共鳴するパワーを持っています。また梅雨の時期にもっとも生命力を強めて開花するので、日本の大地を通じて水の惑星ガイアにグラウンディングするパワーを秘めています。
中心に多数咲く小さな花からは、日本の精神文明を通じて宇宙のアカシックレコードアクセスするパワーを強め、そのことによって新たな気づきや智慧を得る力を強化するエネルギーを発しています。
このフォトを仕事部屋などに飾っておくと、しっかりと足を地に着けた頭脳系・創造系の仕事順調によい効果を発揮することでしょう。日本(ヤマト)的かつ精神的な仕事、自然心霊の助けを受けながらする仕事の順調にもよいでしょう。
さらに学生さんや受験生の学業順調・受験合格のサポートにもおススメです。
令和が始まって3日後、私はこの花を眺めていると、「これからの時代、多くの人たちが幸せな変容を進めていくでしょう…」と花が語りかけてきました。なるほど、令和とは、そういう時代なのかもしれません。

このフォトに封入している祈り

  • 日本的な精神文明・風土・自然神霊の守護が得られますように
  • 新たな気づきや智慧が得られますように
  • あなたの仕事が順調でありますように
  • 幸せな変容を進めることができますように

このフォトで期待される効能

  • 日本的な精神文明・風土・自然神霊の守護が得られる
  • 新たな気づきや智慧が得られる
  • 仕事順調
  • 幸せな変容が進む
A3版のご購入
A4版のご購入

第1号作品:「チューリップ・フォトン」

品名:チューリップ・フォトン
発売日:2019年5月1日

<上の写真はサンプルです。実物のフォトにのみ効能があります。このサンプルには著作権保護のための文字が入っていますが、実物には入っていません。>

一般にチューリップの花のエネルギーには、私たちの「華麗なる変容」を助けてくれる独特の効能があると、私は考えています。チューリップの原種の花は小さく、今よく見かけるチューリップの花の形とはまったく違う植物のように見えます。葉っぱも細く、背丈も低いです。しかし園芸家たちとともに長い年月をかけて花の形を見事なまでに美しく変容させてきました。その結果、チューリップは、非常に不思議な変容のエネルギーを発するようになったのだと私は考えます。

このフォトに封入している祈り

  • あなたの幸せな変容がスムーズに進みますように
  • あなたの心の底にあるブロックが消えていきますように
  • あなたが固定観念にとらわれず、思考が柔軟になりますように
  • あなたが本来持っている花に光が当たり、咲かせることができますように

このフォトで期待される効能

  • 幸せな変容が促進される
  • 心の底にあるブロックが消える
  • 固定観念にとらわれず、思考が柔軟になる
  • 自分本来の花に光が当たり、咲かせることができようになる
A3版のご購入
A4版のご購入

記:ほおじろえいいち(2019年4月28日)

このページのトップへ