☆憑依体質と霊媒体質の違い

憑依体質と霊媒体質、この2つは同じような意味で使われることが多いようですが、明確に違う体質だと、私は考えています。

どのように違うのかというと、憑依体質は自分でコントロールできないのに対し、霊媒体質は自分でコントロールできる。ここが大きな違いです。

いずれも自分以外の霊や生命体(の意識)と共鳴して起こる現象ですが、憑依の場合は、その共鳴現象が自分の意志にかかわらず自動的に起こってしまいます。その相手が近づいただけで影響を受けてしまう。いわばスポンジのように何でも吸収してしまう。

その結果、相手がネガティブだと、自分の心や身体にネガティブなことが起こってしまい、相手がポジティブだと自分の心や身体にポジティブな反応が起こります。

霊媒の場合は、自分が意図的にその相手に共鳴して、たとえば相手が神さまのような存在だと神のお告げを聞いたり、自分や他の人のためにもなるような情報を引き出すことができます。巫女さんがこの典型的な例でしょう。

その相手に共鳴する方法を霊媒の人たちは本能的に、または経験的に知っているのだと思います。

私がレムリアンヒーリング®という手法を習得して、このことがよくわかりました。やり方があって、ヒーリングを受けている人とつながる(共鳴する)と、その人の悩みや問題点、感情などがわかります。またレムリアの女神や光の存在たちとつながって(共鳴して)、素晴らしいヒーリングエネルギーを送ることができるからです。

憑依されやすい人や霊媒のような人に共通しているのは、他の生命体(たとえば花、樹木、イヌやネコなどの動物、あかの他人など)に好かれやすいということ。

それから最近、憑依も霊媒も、第8チャクラが関係しているのではないかと考え始めています。第8チャクラは、頭部のなかにある第6、第7チャクラのその上にあるとされるチャクラ。そう身体の外、頭の上のほうにあるエネルギーセンターといってもいいでしょう。

このチャクラが正常に働いていれば良いのですが、何らかの理由で弱かったりすると、頭の上(のオーラ)に穴が開いているような状態となるのではないか。そうするといろいろなエネルギーが自動的に入ってきてしまう。つまり憑依体質になってしまうのではないか…。

これに対し霊媒の場合は、その第8チャクラが強く、かつ自由にコントロールすることができるので、意図的に大いなる存在や神さま、他の生命体(たとえば花や樹木など)などとつながって、その恩恵を受けることができるということなのではないか…。