☆いま愛と幸せを感じていることは?

昨日のブログで最近までにあったつらい出来事を3つ書いた。しかし、よく考えると、これらのことを経験できたのは、幸せなことなのだろう。付随していろいろなことがわかったし、これらのことを経験しているのとしていないのとでは、人生の幸せの深さが違うのかもしれない。また普通ではないと思われる能力も出てきた。感謝にたえないことである。

私はいま、変容の次のステップに来たのを感じる。3つのつらかった出来事を受け入れることができたので、いままでの人生で本当に愛にあふれ幸せと感じたことも忘れずに心にとどめておく必要があると思った。辛い過去を癒すと同時に、愛と幸せにあふれた過去を輝かせるのだ。

そこで、深い愛と幸せを感じた出来事は何だったのだろうと、思い起こす。

まずは、20歳代前半のある深夜、夢のなかに観音さまが現れて、メッセージを伝えてくれたこと。その後もずっと守護してくれていること。それから還暦を過ぎたころからしばしば龍神さまが夢のなかや出かけた先の雲に形を借りて出現し、守護してくれていること。

それから33歳ごろ妻となる女性と出会い、愛と幸せ溢れる旅ができていること。妻はいまになってようやく隠れていたブループリントに気づき、それを生かす仕事ができるようになった。

昨日のブログにもYouTubeのリンクを記したが、父と和解でき、強い愛と幸せを感じることができたのも、妻のおかげだ。

忘れてはならないのは、還暦を過ぎたころから花たちのエネルギーがわかるようになり、メッセージも必要に応じ受けられるようになって、エネルギー・フラワー・フォトや変容のほほ笑み®DVDをつくれるようになったことだ。

これは私のブループリントの1つと思うのだが、私が制作しているのではなく、大いなる存在たちが私の手や脳を動かしてこの世に生み出している。そのこと自体に、いま私は深い感謝、そして大きな愛と幸せを感じている。

与えられた命が尽きるまで、有意義な活動を続けたい。

文責:ほおじろえいいち

※このブログは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とは
いっさい関係ありません。また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。
著者に許可なく他への転載を禁じます。