フォトで綴るメルマガ_2017年3月5日

3日のお雛祭りの夕方、栗林公園の梅林で撮影した、「八重の紅梅」です。夕方遅かったので背後の日の光が弱く、下のリンクで示した2月22日撮影のフォトのように使うには、あまり適さないかもしれませんね。

2月22日に撮影した八重の紅梅は、エネルギー・フラワー・フォトにしています。
http://www.eiichihojiro.jp/energyphotos/flowers-2/yaenokoubai/

今日のメルマガ読者のために、このフォトの効果的使い方を1週間公開させていただきます。興味がある方はPC画面上でもいいので是非やってみてください。

このフォトの効果的使い方(参考例)
自分なりに工夫してかまいませんが、次のように使うと効果がはやく現れるでしょう。八重の紅梅のエネルギーをより効果的に自分自身に取り入れる方法です。

<過去を肯定するために>
このフォトを目の前に置き、座ってゆっくりとした気持ちで、フォトに写し出された梅の花を瞑想するように見つめます。そして今までの人生を振り返ります。楽しかったこと、つらかったこと、悲しかったことなどを思い出してください。そしてそういった出来事が自分に与えた影響はなんだったかを考えます。

次にその影響を受けて、現在の自分があるのだと、よく納得するように心を向けていきます。
それにより、今の自分自身の肯定感が生まれ、これからもっと自信を持って、幸せな変容を進めていきたいという気持ちが強まるはずです。

過去を否定すると、過去にこだわっていることになり、それは今の自分の否定につながりかねません。

一方で、過去を肯定すると、その過去は今の自分を成長させるためにあったことというように考えることができます。過去のこだわりが消えやすいといえるでしょう。

その結果、たとえつらかった過去があったとしても、その過去に感謝したい気持ちや、自分自身をもっと愛して生きていこうという心が育っていくことになります。

苦しかった過去も、失敗だったと思う過去も、全部ひっくるめて「それでよかった」のです。
そしてそのフォトを見つめるのを終えるとき、そういう過去があったからこそ、幸せな変容をしていけるし、そんな自分は幸せだと思って、ほほ笑むような気持ちになってください。

これを繰り返すと、おめでたい出来事や、よろこびごとが自分や家族の上に起こることもあるでしょう。まるで満開の八重の紅梅が日の光を受けて輝くように。

※変容のほほ笑みDVDは「光る小石」から始まりました。テーマは一貫して「幸せな変容」です。




※現在、新しい変容のほほ笑みDVDを鋭意制作中。まもなくの発売です。どうぞご期待ください。