ロード・メルキセデクの個人セッション

ロード・メルキセデク Lord Melchizedekは
霊的階層社会で最高位にいるアセンデッド・マスターです
ロード・メルキセデクは霊的階層社会の中でも特別な存在です
創造主の片腕として
創造主の秘書として活動しています

ロード・メルキセデクは最高位の大司祭であるサレムの王様(king of Salem)です

旧約聖書の創世記14:17-24では、『メルキセデクの祝福』とあり
『いと高き神の祭司であったサレムの王メルキセデクもパンと葡萄酒を持ってきた。彼はアブラムを祝福して言った。「天地の創り主、いと高き神にアブラムは祝福されますように。敵をあなたの手に渡されたいと高き神がたたえられますように。」』
(旧約聖書創世記14:17-20)

旧約聖書の創世記の時代にすでに創造主の高官でした

新約聖書ヘブライ人への手紙5:6-10には
ロード・メルキセデクがどのように位の高い大祭司であるかの記述があります。

『また、神は他の個所で、「イエス・キリストこそ永遠に、メルキセデクと同じような祭司である」と言われています。』

『イエス・キリストは御子であるにもかかわらず、多くの苦しみによって従順を学ばれました。そして、完全な者となられたので、御自分に従順であるすべての人々に対して、永遠の救いの源となり、神から、イエス・キリストはメルキセデクと同じような大司祭と呼ばれたのです。』
(ヘブライ人への手紙5:6-10)

人間社会で例えると、ロード・メルキセデクは、聖職者であり科学者であり医者であり哲学者であり、エネルギーをどのように使い、宇宙に表現すると、ベストな結果を生み出すことができるのか熟知しています。ロード・メルキセデクが持っている叡智と知識、長年の経験、また人間社会にはないそれ以上の能力を、ひとりひとりの個性的な人生を導くために使います。
その人が最大限の幸せを獲得するために、どのように導くのかを熟知しています
まず最初に何から導いていくのか、最大限の幸せもある地点で
またもっと大きな幸せの道が開けることもあります

どこから始めるのか、どこから進んでいけば最大限の幸せへ到達するのか
ロード・メルキセデクは一人一人違うその方法を熟知しています

ロード・メルキセデクの個人セッションでは、ロード・メルキセデクがあなたの希望を聞いて、あなたがまず何をすればいいのか、あなたが求める魂の幸せと、魂の進化を進めるのにあたり、あなたがどうしたらいいのかを、ロード・メルキセデクが導きます

セッションの曜日は、日曜、月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、土曜日
開始時間は9時30分~17時から
オンラインのZOOM(ズーム)、スカイプのいずれで受けるのかを
申込の際に備考欄に書いていただくか
メールアドレス
喰代泰子 yasuko@eiichihojiro.jp
へメールください

喰代(ほおじろ)泰子のアセンデッド・マスター・ロード・メルキセデクの個人セッションは、オンラインにて、ズーム(zoom)かスカイプのご希望の方でおこないます
電話がご希望の方は電話でおこないます
ロード・メルキセデクの個人セッションの申込をされますと
こちらからズーム(zoom)もしくはスカイプのリンクをメールでお送りします
セッションの所要時間は、約一時間です

このページのトップへ