☆初めて自分で栽培した熱帯性スイレンが咲きました!

今回の豪雨で過去に例を見ないほど甚大な被害が出てしまったことに、心が痛みます。読者の皆様のお住まいの地域、ご家族、ご友人の方など大丈夫でしたでしょうか。私たちの住む高松にもたくさんの雨が降り、山がすこし崩れたところも出ましたが、市街地は浸水もなく無事でした。被災地の一日も早い復旧を、お祈りしています。

私の住んでいるところでは昨日は朝から雨が止み、初めて自分で栽培していた熱帯性スイレンが青紫の小さな花を咲かせました。朝8時過ぎに開花して、昼1時を過ぎると閉じてしまいます。顔を近づけると、ほのかにハスのような香りがします。まさにその名の通り睡眠する蓮(睡蓮)ですね。

このスイレン、育ててみると葉っぱもどんどん大きくなり、中心にムカゴの赤ちゃんもできてきました。ムカゴとは種のようなもので、その葉っぱごとひっくり返して水に浮べておくと根が出てきて増えるそうです。私もやってみようと思います。

スイレンの花は熱帯性も温帯性も、中心が黄色いものが多く、まるでその部分が電灯になって光っているように見えます。