☆地球の波動上昇と花のエネルギー 2017年4月25日のメルマガより

祈りのDVD「ガヤトリマントラによる祈りと祝福の詩(うた)」には、何回か太陽の映像が出てきます。最後のシーンは夕日なのですが、とくに美しい夕陽に感動する人が多いですね。私もその1人。偶然夕方の空が美しい朱色に染められると、思わず立ち止まって、じっと見つめてしまいます。

数年前に、そんな夕陽を見ながら次のような詩を書きました。この思いが、祈りのDVD製作へと私を駆り立てたのではないかと思います。

   サヴィトリー
          ほおじろえいいち

  地平のはるかかなたに
  沈んでゆく朱色
  ひときわ輝いて
  地球そのものを染めあげる

  あなたはここに存在し
  永遠に存在し
  私たちに祝福を与えている

  私はあなたのその輝きのただなかにいて
  命のよろこびに涙する

  なぜ私たちには心があるのだろう
  なぜ私たちは愛しあうのだろう
  なぜ私たちはあなたを想うのだろう

  そのような問いも
  朱色の輝きのなかに溶けてしまう
  至福のときのなかに

サヴィトリーとは、地上のあらゆるものたちに刺激を与え、命をはぐくむ太陽の光を神格化したもので、太陽神のことです。

さて、数年前に地球の波動上昇が一段落したといわれていますね。エネルギー状態が細かくなったとも、太陽の輝きの質が変化したとも言われていますが、その原因については、ほんとうのことはよくわかりません。しかし、波動に敏感な人たちはみんな口をそろえてそう言います。私もやはり感覚的には地球の波動は上昇したと思います。

そしてそれに伴って、ある特定の花たちが放つエネルギーが、私たちの幸せな変容を強くサポートできるようになってきたようです。たぶん太陽神サヴィトリー(太陽の影響力の強まり)と無関係ではないのでしょう。

それに合わせるかのように私はエネルギー・フラワー・フォトを作るようになりました。フォトのなかに私たちの幸せな変容を強くサポートする花のエネルギーを封じ込め、身近に置いたり手をかざすなどしてそのエネルギーを受け取ると、いろいろと良い変化が起きてきます。

その変化は必ずポジティブな方向です。私たち自身のなかで何らかのネガティブな「脳と心の反応システム」(前回のメルマガ参照)が動きやすかったとしても、それらを動きにくくしたり、消したりするのです。

自分はどのフォトにしたらいいのか悩む場合は、遠慮なくご相談ください。その際、自分はこうなりたいとか、悩みごとなどを具体的に書いていただくと、おススメのフォトを選びやすいです。

複数のフォトを組み合わせると、より効果的なこともあります。たとえば「ホワイトロータス」と「ガクアジサイ(ピンク)インスピレーション」を併用すると、手がヒーリングハンドになりそれとともに作る料理がおいしくなったり、どういう作り方をするともっとおいしい料理ができるようになるかという直観力が強くなり、家族が幸せにあふれるように変化していくでしょう。

良縁成就を願う女性の場合、「ピンクのチューリップ(春乙女)」と「ピンクローズ」さらに「マンジュシャゲ」を併用すると、自分の心と容姿が若くなり、シンクロニシティのように幸運な出会いがあって、良縁成就がかないやすくなるかもしれません。