anemone4月号発売されました


巻頭エッセイは「黄水仙」
子どもたちの幸せな未来への希望です

春先に植物園や庭先、あるいは野原で黄水仙を見かけると、私は思わず立ち止まって見入ってしまいます。小学一、二年生くらいの可愛い子供たちが集まって、黄色い声を出してにぎやかにおしゃべりしているようで、歌っているようにも見えるから。