☆マンジュシャゲ賛歌

品名「マンジュシャゲ2018」

朝食後近くの川岸の土手に行ってみると、赤々と咲き誇るマンジュシャゲが。今日もラッキーな一日が始まりました。


キアゲハが花の中に潜り込んで蜜を吸っています。遺伝子が3倍体なので決して種はできないのに、密を出して蝶に与えている。花を咲かせるのは自分のためではなく、蝶(他者)のため?


夕方近く川辺の反対側に行き、そこに咲いていたマンジュシャゲを撮影。夕日と、夕日を映す川の水を背景にして。

その4日前、もうすこし上流で発見したピンクのマンジュシャゲ。構図を取るのがちょっと難しい。愛に関する幸運のシンクロニシティが起こりやすくなるようだ。

ピンクのマンジュシャゲ