☆自動手記ふたたび~いよいよネクストステージへ進む時が来た~2017年5月2日のメルマガより

4月中に発信するつもりでいた変容のほほ笑みレター4月号を、いつものメルマガで今日お送りすることにしました。

4月27日に定期的に身体のメンテナンスをするためマッサージに行きました。中国式推拿(すいな)の手法によるごく普通のマッサージですが、施術師の方のエネルギーが私と相性が非常に良いせいか、終わるととても身体が軽くなります。1時間の施術を済ませ、帰りがけにいつも行くレストランで軽い昼食をとり、そのままそこの椅子に座って、ぼうっとしていると、不意にいくつかの概念が次々と入ってきたのです。

また例の自動手記が始まるのかと思い、急いで持っていた紙と鉛筆でメモを取り始めました。すると鉛筆を動かす手が止まりません。断片的に打ち寄せるそれらの概念は、どうやら前回の自動手記(2017年2月5日深夜の自動手記)の補足・続きのようです。私のオフィシャルサイトのヘッダーをこの自動手記を入れた画像に変えたからなのかもしれません。
まだご覧になっていない方はどうぞ。→ http://www.eiichihojiro.jp/

今回の自動手記の内容は、次のようなものでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いよいよネクストステージ(注1)へ進む時が来た。今までの場所にいたら進めなかったネクストステージへ進む時。新しいDVD(注2)ができたことにより、それが可能になった。愛用者たちよ、進めよ、進めよ。我(注3)はそれを祝福する。

地球の波動上昇により、Energy Voltex Crystal(注4)はもはや作ることはできない。ヒーリングDVD(注5)は、そなたと愛用者たちが波動上昇中の地球にあって、ネクストステージへ進む準備のためにもたらされた。これらを使うことができたものたちは幸せである。今ネクストステージへ容易に進むことができるからである。

上昇した地球波動の波長に合わせることができる者たちは、直ちに新しいDVDを使うことができる。それらを使うことができる者たちは幸いである。今ネクストステージへ容易に進むことができるからである。

そなたはガヤトリの写真(注6)をDVDに印刷しているときでさえ、エネルギーが来るのを感じているだろう。それはそなたたちをネクストステージに進ませるエネルギーである。

それらのDVDを使うことにより、そなたたちをその苦しみの場所に縛り付けていた根っこがあったことがわかるとともに、それは根底から消え去るだろう。過去の苦しみをそのまま持っていることはすでに不要だからだ。

その苦しみを手放すのだ。そなたたちは苦しいと嘆きながら実はその苦しみを愛し、その苦しみに執着していたことがわかっただろう。

それらのものがそなたたちから出ていくとき、ある現象が起こるかもしれない。涙するかもしないし、深い感謝の念に襲われるかもしれない。それらはガヤトリマントラやロータスをはじめとするエネルギーによってもたらされたものである。 (ここで終わり)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注記:自動手記のときに自動的に選択された言葉は上記のようなものですが、短い単語のためそこに付随する意味がくみ取れないかもしれません。そこで、それらの単語の意味として手記をしながら感じ取っていたことを以下に記しておきます。

注1:ネクストステージ、つまり英語のnext stage、次の段階のこと。

注2:新しいDVD、つまり祈りのDVD「世界いちばん美しいマントラ」「ガヤトリマントラによる祈りと祝福の詩(うた)」と、変容のほほ笑みDVD「光る小石」「魂のちから」「ミラクル・オブ・ロータス」の、計5つのDVDのこと。

注3:ここでいう「我」とは、大いなる存在が自分を名乗る言葉で、私たちの住むこの地球ガイアに古くから宿っているエネルギー体でしょう。私たち人間に対しては、苦しみのもとが消えるように、そして本来私たちが持っている魂を輝かせながら生きていけるように誘導しようとするエネルギー。生きとし生けるものが調和をもって生きていけるようにつねに祈っているエネルギー、あるいは究極の愛のエネルギー体ともいえるでしょう。

注4:以前ロシアから輸入していたクリスタル製品のEnergy Voltex Crystalのこと。おそらく以前の地球波動上昇中でなければできなかったということのようです。

注5:以前のヒーリングDVDのこと。

注6:「ガヤトリマントラによる祈りと祝福の詩(うた)」のDVDに印刷するチューリップの写真のことです。新しいDVDにレーベルに写真を印刷するときは必ず独特の眠気が来るのですが、そのことを言っているようです。

今日はここまでとしますが、次回に私なりの解説を試みてみようと思います。(2017年5月2日のメルマガより)