遠隔ヒーリング体験談

■2回の遠隔ヒーリングで過去世からの悲しみが消え、20歳も若く見えるほどの健康体になった C・Nさん(女性)

両親の元を離れてアメリカ暮らしをしていましたが、老いた両親は半狂乱で帰国を迫るので、仕方なく日本に帰ってきました。親が一人娘の私に完全に依存した形で、そんな両親を許すことができず、そういう私も自分自身を許せなく、それが原因で体調を崩すばかり。

私も人生半ばにさしかかり、自分のやりたいこともできません。加えて引っ越しするたびになぜか周囲のひどい騒音に悩まされていました。そして将来を絶望。

でもその頃届いたメルマガに、ほおじろえいいちさんが近いうちに遠隔ヒーリングを行うと書いてありましたので、これに最後の望みをかけてみようと思ったのです。

事情をメールに書いて申し込みを行い、初めての遠隔ヒーリングを2月17日に受けました。そのとき設定していただいたヒーリングの意図は、「私たち家族はそれぞれが自立し、幸せな人生を歩んでいきます。その過程で現在の騒々しい自宅環境から自然に離れていきます。」

遠隔ヒーリングを受けている30分間は、うとうとしてしまい 、その後も2~3日は一日中眠い状態が続きました。喉もとても乾いていました。でも身体は ぽかぽかした感じです。数年前から痛かった右膝の痛みが激しくなり、今までのブロックされたエネルギーが身体のなかから出てきて痛みとなっているようです。

遠隔ヒーリング終了後、ほおじろさんからメールが届きました。それによると、私の前世でとてつもなく悲しい出来事があり、それを忘れるために騒々しい環境に住むことを選択したというのです。でも、それはもう過ぎ去った過去のことで、私はもうすぐそれを容易に手放すことができる。その悲しみはとても温かく優しい愛のエネルギーで癒され始めたと。

その何日か後、レムリアの女神アローラからメッセージがあったという、メールをいただきました。「私(アローラ)をどんどん絵に描いてください。花の絵も描いてくださいね。」というメッセージだそうです。それにより、女神様の愛がどんどん注がれて、悲しみが消えていくというのです。私が絵を描くのが好きなことをご存じなのでしょう。

そのメールには、ヒーリング中ほおじろさんがものすごい悲しみを感じ、ボロボロ涙を流していたとも書かれていました。これは全く予期していなかったことで、とても驚きました。

その後遠隔ヒーリングの効果と思われることが次々と起こりました。まずお肌がつやつや、ぷくぷくしてきたこと。食欲が出てきて体重が増え、止まっていた生理が戻ってきたこと。胸まわりもふっくらとしてきました。

またある日の朝、顔の右、頬の下から顎にかけての皮膚が取れました。10センチ四方以上の大きさです。なんかざらついているなと思いながら鏡を見てびっくり。古くなった皮膚を軽くテープでとんとんととりました。ますます顔はピンク色です!

接する人がとても優しくなりました。そういうことは今までになかったから、まるで別世界に来たみたいです。以前なら通り過ぎるときぶつかってくる人がいましたが、最近私の前を通るときはかるくお辞儀をします。昨日は 私がエレベーターに乗るのをずっとボタンを押して待ってくれた男性がいました。靴を履いて、もそもそしている私をです。

効果がすごいので、さらに良くなりたいと思って、2回目の遠隔ヒーリングを申し込みました。私が生まれて来た意味や使命に気づきたいので、そういう意図も加えてもらいました。

そして3月10日に2回目を受けました。ヒーリングが始まって10分後くらいに身体が引きちぎれるほどに悲しくなり、涙が出てきて止まらなくなりました。しばらくすると悲しみがおさまり、北米の真っ青な高い空が目に浮かんだので、ヒーリング中 ずっと眺めていました。やはりアメリカに戻りたい気持ちが再び湧き上がりました。

ヒーリングが終わって、ほおじろさんからメールが届きました。それによると、遠隔ヒーリングがとてもよく効いていて、悲しみがほとんど消えている。身体がとても良い状態に戻ってきているといいます。安心しました。びっくりしたのは次のようにメールに書かれていたことです。

あなたの能力について:語学、音楽、絵画が特に秀でていると感じました。日本語でない言葉で歌いながら踊っているようなイメージが見えました。何か楽器も得意ではないでしょうか。

悲しみの原因について:たぶん昔のアメリカのどこかでご両親の介護のようなことをしていて、その努力が報われなかったので、そこで何か悲しいことが起こり、ご自身を責め、自分(娘)に依存する両親を選んで生まれて来たような感じがしました。カルマが絡んでいますが、悲しみは消えているようです。何かを悟ったような、前世に執着していても意味がないと気づいたような感じ。

身体の状態について:お肌の状態や女性機能、全体的な健康状態はさらに良くなるでしょう。膝の痛みをとるヒーリングも加えておきました。しばらくしたらまた経過を教えてください。

愛のエネルギーについて:女神(アローラ)の愛のエネルギーにつつまれています。しばらく様子を見てから、祈りのDVD「自分自身に向ける愛と癒し」を使うとさらによいと思います。」

書かれていた通り、私はジャンルを問わず音楽が大好きです。ピアノはかなり弾けました。語学は ラテン語、フランス語、中国語を習いました。長く続けているのは大好きな英語です。

実は踊りも大好きです。ジャズです。アメリカにいたときは 部屋が広かったので、ロックをかけながら、ひとりで一時間くらい踊っていました。

2回のヒーリングで顔のしみとニキビの跡が消え、今はピンク色。髪は天使の輪ができるほどつやつや。筋肉も以前は指で押したらそのままだったのが、今は筋肉の弾力がもどり、ゴムのように跳ね返ってきます。自分で言うのも変ですが30代にしか見えません。ということは20歳も若返ったことです!!

精神的には、突然、奥底から楽しさが湧き上がってきて、笑いがとまらなくなることがあります。これは毎日ではないですが、以前よりはるかに気持ちが軽くなり、すべてに対して吹っ切れるようになれました。両親に対しても立腹しなくなり、お互い 本音を言えるようになりました。これは大きな進歩です。いままで、話し合いにもならない仲でしたから。

それから、第六感が冴えてきました。存在しないものの香りを感じたり、電話で話す前に相手が何を言ってくるのか、先にわかってしまうのです。

このヒーリングは 自分が変わろう! と思わなくても変わること。これは自分でもびっくりです。いつの間にか明るくなって、夜ひとりで踊っていることもあります。こんなに頑張ってきた自分が愛おしくなり、自分を大切にするようになったこともびっくりです!

大いなる愛に包まれているから大丈夫! といつもいつも自分に言い聞かせています。とても素敵なヒーリングに出会えて 本当に良かったです。

皆さんに過去生が現世にどのように影響をおよぼすのか知っていただきたくて、そして、ほおじろさんのヒーリング力の素晴らしさを皆さんにお伝えしたくて、この体験談を書かせていただきました。

ほおじろさん、ほんとうにありがとうございました。

…コメントbyほおじろえいいち…

C・Nさんはとても素晴らしいものを持っています。魂のレベルもとても高いです。これからがとても楽しみですね。

それにしても遠隔ヒーリングがこれほど著効をあらわすとは、私もびっくりしています。私の能力というのではなく、ヒーリングメソッド自体が優れているのでしょう。大いなる存在たちの助けもあってのことと確信しています。

(2018年4月10日発行のほおじろえいいちのメルマガより転載)

■今の私はすっかり生まれ変わったよう 匿名希望(女性)

私はずっとなんだか自分の人生を歩んでいないような気がしていたのです。

だいたいは、自分のことは二の次で自分以外の人たちのことで毎日走り回る生活。
元気そうに楽しそうにそういう風にいつもやっているので、他の人はちっとも大変そうには思ってくれない。

ときどきもう限界と思ったら、涙が出てきたり、息が荒くなったり、体中が痛くなったりしていました。

でも慣性の法則が自動的に働いているようでそういう自分をやめられないし、やめるすべも知らないという感じ。

他の生き方のことを考えるというアイデアも自分からはとても浮かばない、といった感じでした。
そういう生き方しかできなかったのです。

エネルギー・フラワー・フォトの「春乙女」、「赤いアネモネ」、「ハイビスカス」や変容のほほ笑みDVD「ニューガイア」で、だんだん奥の自分がもう自分のための人生を歩みたいと思うようになってきたとき、遠隔ヒーリングを受けてみました。

最初の遠隔ヒーリングのあと、もっと自分に自信を持つよう、自分のことを褒める声かけしなさいといわれました。「〇〇、よくやったね」「〇〇よくやっているよ」「〇〇それでいいんだよ」といったふうな。

すると、そういえば幼い頃うちの親はぜんぜん褒めてくれなかったなあ、髪をなでて褒められたことはなかったなあ、怒られてばかりいたなあ、と、すごく寂しい気持ちになりました。
なにもそんなに怒ってばかりいなくてもよかったのに、と。

一週間後の二回目の遠隔ヒーリングのあと、大いなる存在が私にメッセージをくださったのです。
「あなたは、前世でフランスの貴族の家に育った。ある時、母が病気になり、心清らかなあなたは修道女となって、母の病気平癒を祈った。また、自己犠牲的に看病を尽くしたが、その努力むなしく母は、天におもむいた(少し良くなったが、結局亡くなった)。
あなたは自らを責め、罰を課すことを決めた。母に叱られ、怒られながら生きる人生を選ぶことを決めた。しかし、その時のあなたには、カルマの思想が欠けていた。母自身のカルマだったので仕方ないのである。
あなたは目覚めた。
今受けているヒーリングのフォトン・エネルギーで、体がもとにもどるでしょう。」

私は、この大いなる存在からのメッセージをもらって泣きました。自分の謎が解けたような感じがしたのです。

このメッセージをもらった後でも、今の母を恨む気持ちは毛頭ないです。とってもそんな気持ちは私からは起こりません。
なぜならば、数年前、吉本尹信先生が創始された「内観法」というのを経験し、両親には感謝の心しかないからでしょう。

その経験があるからこそ、大いなる存在はこのメッセージを伝えてくださったのだと確信します。
そしてまた一週間後の遠隔ヒーリングのあと、こんなメッセージをもらいました。

「あなたは、ずっと何回も何回も輪廻転生してきても、自己犠牲的にしか生きられなかったのです。鼻からたくさん鼻水や鼻の塊がたくさん出てきたのは、自分を指すとき指で鼻を指しますね。やっと今生、あなたはそれに気がつき目覚めたからです。自己犠牲ではない愛を人にあたえなさい。自己犠牲の愛は、人は受け取れないのです。」

そう、この間、鼻からいっぱいいろいろ出てきました。綺麗な話ではないので申し訳ないですが、鼻から出てきたものは、私には、何世もの過去の私の人生の瓦礫にしか見えなかったのです!
今の私はすっかり生まれ変わったよう。

もうマイナスの部分はないという気がしています。プラスにする部分はたくさんあるので、自分に幸せを許す自分らしい人生をこれからは生きていける気がします。

ほおじろ先生ありがとうございました。

…コメントbyほおじろえいいち…

遠隔ヒーリングというのはほんとうに不思議です。どうしてこういうことができるのでしょうか。
まず第1は、この女性がフォトやDVDで徐々に変容してきた。それは大きいですね。

そして第2は、ヒーリングの手法が優れていて、大いなる存在のサポートが得やすいということ。

そして第3は、エネルギーの法則にのっとって、正しい手順で行えば、遠隔の地でヒーリングを受けるクライエントさんに、エネルギーが届いてしまうからですね。

遠隔ヒーリングを受けるすべての人にこの女性と同じような奇蹟が起こるかどうかはわかりません。でもきっと良い方向への変化は起こるだろうと思いますので、ご希望のある方はどうぞお気軽にお申し込みください。

健康や美容への効果も期待できます。長年願ってきたけれど未だ叶っていない願望成就にもよさそうです。 (2018年3月2日発行のほおじろえいいちのメルマガより転載)

このページのトップへ