遠隔ヒーリング

2018年2月より、ほおじろえいいちの遠隔ヒーリングを始めます。レムリアンヒーリングをベースにしたものですが、変容のほほ笑みDVDやエネルギー・フラワー・フォトの制作を通してつながった大いなる存在たちのサポートを受けながら祈りも加えます。

2018年4月末からは、ほおじろえいいち と 妻の泰子が共同で行います。2人は2017年秋に、レムリアンヒーリングの教師の資格を持つH.Kさんから何回かの講習を受け、実習を重ねて、レムリアンヒーリングを行うことができるようになりました。

また、泰子は2018年4月にハワイでレムリアンヒーリングの教師になるための講習をレムリアンヒーリングの創始者から受け、教師の資格を取得しました。様々なテクニックを実習・マスターし、今後、皆さまが幸せな変容を進めていく大きなサポートとなるようなヒーリングをさせていただくことになりました。

ヒーリングには大きく分けて対面式のヒーリングと、離れたところにいるクライエントさんたちに行う遠隔ヒーリングの2種類があります。私たちは当分の間は遠隔ヒーリングの形式で行います(対面式は準備が整い次第始める予定です)。

私たちの遠隔ヒーリングの特徴は次の5点に集約されます。

  • 古代レムリアの時代にあったとされ、現代に復活したものとされるレムリアンヒーリングをベースにしていること。
  • ほおじろえいいち(男性)、と泰子(女性)の夫婦が組んで行うこと。これにより男性性のエネルギーと、女性性のエネルギーの両方のバランスの取れたヒーリングエネルギーが受け取れます。
  • ほおじろえいいちが40年以上のカルマ浄化の研究・浄化実践の末に得た前世透視と祈りのパワーが生かせること。
  • 変容のほほ笑みDVDや祈りのDVD、エネルギー・フラワー・フォトの制作を通してつながった大いなる存在たちのサポートやメッセージを受けられること。
  • またこれらのDVDやフォトの効能(エネルギー)を遠隔ヒーリング中にも生かすことができる。

遠隔ヒーリングの目的

ほんとうの自分を知り、ほんとうの自分が心から願っている夢や願いを実現するサポートを得ながら、もっと輝いて生きていくこと、過去を手放しカルマを解消して、幸せな変容を大きく進めていくことを目的とします。
同時に、その過程で、今まで以上に健康的な身体、今まで以上に愛と調和で満たされた心を得るばかりではなく、忘れていた自分自身の素晴らしい能力を思い出し、今後の人生に生かしていくことも目的とします。

遠隔ヒーリングの進め方

1.メールによるお申し込み
次の項目1)~5)をもれなく書いて、このページの右上に表記されているアドレス(salesアットマーク~~~)宛、お申し込みください。その際メールのタイトルを「遠隔ヒーリング申し込み」としてください。メールが苦手な人は電話でお受けすることもできます。その場合以下2.1)~6)の項目とお支払方法についてお聞きしますので、お考えをまとめてからお電話ください。電話が長くなるので、時間を約束後再度お電話いただくようお願いすることもあります。

2.申し込みメールに記載する事項
1)遠隔ヒーリングを受けたい理由(今一番解決したいこと、こういう目的や願いを成就したいなど、1つのことに焦点を当ててお書きください。その背景にあることや自分の思いなど、自由に書いていただいてかまいません。)

2)「リアルタイム方式」か「コールイン方式」のどちらを希望するかを明記してください。
リアルタイム方式は、遠隔ヒーリングを行う時間を、エネルギーの送り手(ヒーラー)と受け手(クライエントさん)で一致させるものです。

これに対しコールイン方式は、私たちヒーラーはあらかじめ遠隔ヒーリングのエネルギーを送っておいて、クライエントさんは同意した日時にそのエネルギーを受け取るという方式です。具体的には、エネルギーを送る日時を、受け取る日時より1~3日早くします。

3)遠隔ヒーリングを受けたい希望日時を、リアルタイム方式の場合は、第1、第2、第3希望まで具体的に何月何日の何時何分から(例は以下の通り)とお書きください。原則として、ヒーリングは30分間おこないますが、1時間の余裕を持っておいてください。
当方として時間の取れやすいのは平日(日曜、祭日、木曜日以外)の10時30分から17時00分です。

コールイン方式の場合は、希望日時は、お申込日日の少なくとも3日以降で、午前0時から23時30分までの間なら、いつでもかまいません。

4)お持ちのエネルギー・フラワー・フォトで特に気に入っているものがあればその名前を1つお書きください。遠隔ヒーリングを受けるときに使います。フォトをお持ちでなくてもかまいません。

5)ご希望の支払い方法(銀行振り込み、もしくは、Paypal)支払い方法の詳しい説明は、下記4.参照。

6)お名前、年齢または生年月日、性別、住所または遠隔ヒーリングを受ける都市名

3.申し込みをお受けした旨をお知らせするメール(受付メール)を、2営業日以内にお送りします。日曜日、祭日と木曜日はお休みです。
お申し込み順に、受付メールをお送りします。そのメールで、遠隔ヒーリングの日時と、設定した意図の内容をお伝えします。意図の内容とは、遠隔ヒーリングでお送りする意図のエネルギーについての説明です。

その前にこちらからご質問のメールを送らせていただくことがあります。その際はメールで返信をお願いします。ご質問へのお答えをいただいた後、意図の内容をメールでお伝えします。

なお、お申し込みの内容が遠隔ヒーリングにふさわしくないと思われるときは、お断りする場合もありますので、あらかじめご承知おきください。

4.遠隔ヒーリングの前日までに代金をお支払いください。
お支払方法は銀行振り込みか、PayPalのどちらかでお願いします。
代金は、初回は、20,000円です。
2回目以降は、18,000円とさせていただきます。

銀行振り込みは、受付メールに振込先を明記します。Paypalの場合は、こちらからメールでご請求メールをお送りします。Paypalは、VISA、Master、JCB、American Express がご利用できます。ご自身のPaypalの登録をしなくてもお支払していただけます(Paypalのアカウントをお持ちでなくても大丈夫です)。

5.お支払いが確認されたのち、上記で設定された日時の遠隔ヒーリングを行います(ヒーリングと祈りのエネルギーを送ります)。

6.遠隔ヒーリングの受け方
上記で設定された日時になったら、開始時間から少なくとも30分は人や携帯電話、テレビなどの音声に邪魔されず、1人になれる静かな場所でお受けいただきます。
リラックスできる椅子やソファーに座る、横になるなどして、いろいろなこと考えずにお受けください。
遠隔ヒーリングの開始時に、「今から~~~~という意図でほおじろえいいちさんから遠隔ヒーリングのエネルギーと祈りを、しっかり受け取ります」と小さな声で宣言してください。
~~~~の部分は、上記3.の受付メールに書かれている意図の内容文です。
上記2.でエネルギー・フラワー・フォトの名前を書いた方は、そのフォトを傍に置くとさらに効果的です。

人によりとても眠くなることがありますが、眠ってしまっても大丈夫です。眠ってしまいそうな人は、30分後にタイマーを鳴らすように設定しておくとよいでしょう。
瞑想しながら受け取ると効果が大きくなる場合もありますので、エネルギーをしっかり感じたい方や瞑想が得意な方は瞑想しながらお受けいただくとよいでしょう。
エネルギーを送る時間は約20分、祈りを送る時間は約10分ですが、人により長くなる場合もありますが、30分後には終了すると思っておいてください。
終了したらいきなり立ち上がったり、活動を開始せず、10分くらいかけてゆっくりと日常生活に復帰するようにしてください。

その後いつもより多めの水、またはぬるま湯を飲むようにしてください。エネルギーが効率よく循環し、身体に溜まっていた負のエネルギーが排出されやすくなります。

また遠隔ヒーリングを受けた日はジョギング、水泳、ウオーキング、ホットヨガ、太極拳、スポーツジムに行ってのエクササイズ等の運動はやめて、夜就寝するまでいつもよりゆっくりとお過ごしください。またお酒もその日だけはお控えください

7. 終了メール

リアルタイム方式の場合

遠隔ヒーリング終了後1日以内に、遠隔ヒーリングが終わった旨のメールをお送りします。そのメールには遠隔ヒーリング中に私たちが得たメッセージや所感等を書きます。けっこう長いメールになることもあります。

コールイン方式の場合

クライエントさんが希望された日時に遠隔ヒーリングを受け取った後、必ずヒーリングを受け終わった旨のメールをお送りください。眠くなった等々の簡単な感想を加えていただくとなおいいです。そのメールを受け取った後1日以内に私たちのヒーリング後の所感や得たメッセージ等をメールでご連絡します。

いずれの方式の場合でも、一度ご報告した後、何らかのメッセージが来ることもありえます。そのときは別途メールでお知らせします。

8.好転反応について
遠隔ヒーリングを受けた後、まれに身体が重いと感じる、いつもより眠たい、ちょっと疲れを感じる、風邪のような感じ、あるいは突然怒りがこみあげてくる、悲しみに襲われる、過去のつらかった場面が思い出されるなどのことが起こるかもしれません。それらは一時的な好転反応なので、問題はありません。
好転反応が起こるのには理由があります。今まで自分のエネルギーフィールドや心身に健康的とは言えないエネルギーが蓄積していたため、それがヒーリングの効果として出ていくことによる。過去や前世由来のエネルギー的な偏りや心の使い方の偏りや癖が矯正されるためなどですが、もしそのようなことが起こったら、そのような自分を認め、愛してあげることが大切です。そうすると好転反応はほとんど消えていきます。

9.遠隔ヒーリングの回数について
だいたい1つの問題について、1~3週間くらいの間をあけて、3回くらい行うのが理想的とされています。これは人により、問題によりまちまちです。

遠隔ヒーリング終了後、何回か同じ問題で遠隔ヒーリングを受けたい場合は、上記を繰り返すことになります。

代金は同じ問題でも新たな問題でも、申込者が同じ場合は、2回目以降の額(18,000円)となります。

※ほおじろえいいちの遠隔ヒーリングは、医療行為ではありません。病気治療のための遠隔ヒーリングはお受けすることはできませんので、ご了承ください。ただし健康改善という趣旨であればお受けできます。

(記:ほおじろえいいち 2018年2月9日 同4月25日改定)

このページのトップへ