2021/08

☆やっかいなネガティブ本能(2021年8月24日のメルマガより)

私たち人間は、「世界はどんどん悪くなっている」という思い込みから
なかなか抜け出せない。
その原因は「ネガティブ本能」にある
(『ファクトフルネス(ハンス・ロスリングほか著)』。

ネガティブ本能とは、人類が生き残るために獲得した性質です。
だから今現在生きている人の脳のなかには、この本能が眠っていて、
必要に応じて動き出すわけです。

たとえば連日コロナ関連の報道を目にすることにより、
ネガティブ本能が刺激され、鬱っぽくなってしまう。
経済の停滞や凶悪事件のニュースなどを見聞きすることで、
世界はだんだん悪くなってきていると思い込んでしまう。
これは思考癖といってもいいでしょう。

ネガティブ本能はとくに次の3つにより刺激されるといわれます。

1.あやふやな過去の記憶
2.ジャーナリストや活動家による誤った報道
3.状況がまだまだ悪いときに、
「以前に比べたら良くなっている」といいづらい空気。

この思考癖があるおかげで、ネガティブな状況にもろに影響されず
対策を立てつつ、元気に生き抜いていけるともいえますが、
マインドフルであることを心がけていると、
さらにうまく生きていけると思います。

『「今、ここ」に意識を集中する練習』(ジャン・チョーズン・ヘイズ著)
によると、私たちの心は、ふだん普通の生活でとくになにも考えず
無意識でいる間は、「今ここ」からチェックアウトしていて、
「過去」か「未来」あるいは「空想の世界」に行っているといいます。

過去の世界に意識が戻って、自分の過ちをくよくよ思い悩んだり、
これから起こるかもしれない未来のネガティブな出来事を考えていたり。
はたまた空想の世界で遊んでみたり(これは時間の浪費ですが)。
一方で、空想の世界で遊びながら創造性を発揮して、
すばらしい独創性のある芸術作品をつくれることもあります。

私たちにネガティブ本能があるせいで、
新規に大切なことを始めようとしたり、
就職のためのオンライン面接などのまえに、
「うまくいかなかったらどうしよう」といった不安に
襲われることがあります。
ドキドキしたり、実際に緊張で血圧がすこし上がったり…。

そんなときは2~3回深呼吸をするといいのですが、
「防衛的悲観作戦」もとても有効です。

この作戦、具体的にどうするかというと、
想定できるかぎりうまくいかない事態をあらかじめ考え、
そのときはこう対処しようと、決めておくのです。
それが起こったときにはこうしようと、
心づもりをしておくのです。

この作戦をとることができると、たとえそれがうまくいかなかったときも、
試練ととらえ、耐えることができます。
そして希望を持ち続けることができます。
これは安直なポジティブ思考よりも有効だと考えられます。

現代は神経症の時代とか、鬱の時代とかいわれます、
不安や恐怖をあおる様々なニュースが飛びかっています。

そんなとき不安をうまく克服しながら成功し、
幸福を得るために1番有効な方法は、この防衛的悲観作戦です。

※すでにこのメルマガでもご紹介していますが
最近動画詩集「次元上昇」のDVDをリリースしております。
https://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M817023&c=9&d=7ed5

YouTubeにも紹介動画をアップしていますので
ご覧いただけたら嬉しいです。
https://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M817024&c=9&d=7ed5

※喰代泰子のチャネリングセッション:
https://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M817025&c=9&d=7ed5

※ほおじろえいいちの遠隔レムリアンヒーリング
遠隔ヒーリング中、メッセージが来ることが多いので、
お受けになった方にはレポートでご報告します。
お申し込みはこちら:

https://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M817026&c=9&d=7ed5

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
世界と日本のコロナが1日も早く終息に向かいますように。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とは
 いっさい関係ありません。
 また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。
 著者に許可なく他への転載を禁じます。

アセンデッドマスターのチャネリングセッション

アセンデッドマスターが、
ぜひアセンデッドマスターのチャネリングセッションをやるようにと、
もうそのチャネリング能力が充分あるので、
やりなさいと許可をくれましたので、
アセンデッドマスターのチャネリングセッションを始めます。

アセンデッドマスターのチャネリングセッションとは、
クライアントがアセンデッドマスターに聞きたいことを、
わたし(喰代泰子)が、チャネル(チャネリングをする人)となって、
クライアントとマスターを繋ぐ懸け橋となり、
マスターたちのメッセージをクライアントにお伝えするというものです。

わたしもアセンデッドマスターのチャネリングセッションをするのが夢で、
チャネル(マスターからの言語化するエネルギーを通す通路)の準備をして、
日々チャネリングをしてきました。

チャネリングをするアセンデッドマスターは、
マスターエルモリヤ、ロードサナンダ(イエスキリスト)、マスターセントジャーメイン、
ロードマイトレイヤ、聖母マリア、観音、レディポーシャです。

7人のアセンデッドマスターがフルサポートしてくれるチャネリングセッションです。
個人セッションです。

もともとわたし(喰代泰子)は、体質的に非常に適性があり、
過去生でその才能を発揮していたのです。

アセンデッドマスターに聞きたいことがある人、メッセージを求める人はぜひどうぞ。
わたしはマスターとあなたの懸け橋となり、
マスターの言葉をお伝えするのに徹します。

お申込みいただきますとこちらからチャネリングセッションの
お都合の良い日時をうかがうご連絡をメールでします。
スカイプでのセッションです。
スマホ、パソコンで受けていただけます。
お申込み後セミナーのスカイプでのリンクを
メールでお送りします。
リンクをクリックした後、「ゲスト」でスカイプに入り、
「許可する」をクリックするとご参加いただけます。
スカイプのアカウントは不要です。

下記のページよりお申込みいただけます。

☆法然寺境内の蓮池で咲く、八重の蓮

法然寺の境内にある蓮池で咲いている八重の蓮です。写真を撮ろうとして池に近づくと、カエルが2匹くらいバシャンと音を立てます。朝7時半ごろから眺めていたのですが、だんだんと花が膨らみ、8時くらいになると今度は小さくなり始めます。境内に住んでいる猫が2匹ほどまとわりついてきてかわいいです。
記:ほおじろえいいち 2021年8月11日

動画詩集「次元上昇」

※「変容のほほ笑み」は株式会社オフィスほおじろの登録商標です。
※2021年8月2日発売

いま地球は次元上昇しています。地球上に棲んでいる私たち人間も、
それに合わせて変容を加速させています。

その動きは、地球全体が何らかの高位なパワーの働きかけで、
ヒーリングされていることによるのではないかと、私は感じています。

何らかの高位なエネルギー存在の働きかけがあったのでしょう。

詩的言葉が自然と頭に浮かぶというのは
天、あるいは神的な存在から寄せられるメッセージを
ダウンロードするということに他なりません。

ところで先日、私は宮沢賢治の影響で20代のころから書き溜めていた
(自動手記などによってダウンロードした)詩に、
最近の作品も含めて手製の詩集『心的惑星圏』にまとめました。

そして変容のほほ笑みDVDとしていくつもの動画作品をリリースしてきた
ノウハウを生かして、この詩集から20篇の詩を抜粋して動画化し、
動画詩集「次元上昇」なるDVDを作ってみました。

私自身の朗読を収録した初めての試みです。
もし興味がありましたらお求めいただけたら幸いです。

この動画をご覧になった方に本格的な幸せへの変容、
そして「次元上昇」が起きることを願っています。

この動画の視聴によって期待されること。

  • 神や天、仏様などといった高位な存在と強くつながるようになる
  • 今までにない自分を感じるようになる
  • 自分のハイヤーセルフを強く自覚できるようになる
  • 雑念などに邪魔されず、自分の思考を早く展開できるようになる
  • 必要な情報を自然とダウンロードできるようになる
  • 早寝早起きができるようになる
  • 睡眠の質がよくなってくる
  • 身近な花や動物(イヌやネコなど)たちと心が通じるようになる
  • 身近な花たちが語りかけてくる言葉(花語)がわかるようになる
  • 過去や未来にこだわらなくなる
  • 「今この瞬間」に集中できるようになる
  • 幸運の象徴としての虹をよく見るようになる
  • 自分の深層意識がよくわかるようになる
  • その他人により思いがけないよい効果も期待されます

~~~~~以下サンプル画面です~~~~

 

☆悲しみはやがて消えてゆくもの

悲しみのエネルギーに満ちあふれた詩ですね。そう、宮沢賢治の「永訣の朝」。妹のトシが結核の病に倒れ、24歳で亡くなるのを看取った賢治。トシが賢治に「あめゆじゆとてちてけんじや」と頼みます。降り溜まった雨雪をとってきて、というのです。暗く沈んだ兄賢治の心を明るくしようとしている、けなげな妹トシ。

私は大学時代(つまり半世紀の昔)、賢治の詩集を大学の図書館で借りてきて読んだとき、衝撃を覚えました。そして自分も詩を書こうと思い立ち、詩らしきものをたくさん書き始めました。30歳になった記念に、その詩を集めた詩集『心的惑星圏』(※注)を自費出版しました。渋谷のパルコパロウルという詩集専門の本屋さんに3冊ほど置いてもらえましたが、1冊も売れないのですぐに引き取ってくださいというので、持ち帰ったことを、いまではすこし誇りに感じます。

さらにもっと昔のことも思い出しました。高校時代、現代国語の時間に先生がこの詩(永訣の朝)のことを取り上げていたのでした。1クラス50人ちょっとで、たしか1学年8クラスありました。私は一番前の机が自分の席でしたが、授業中私はひどく感動し、すこし涙ぐんでいたのでしょうか。先生がそんな私のことを見つめてくれていました。

悲しみのエネルギーは、ネガティブなエネルギーです。といって、ネガティブはいけないというわけではありませんが、できたらもっと明るく、ポジティブなエネルギーに満ちていた方がいいですね。最後にトシが今度生まれてくる時は、「私のことでお兄さんがこんなに苦しまないように生まれてきます」といっているのが救いですね。前向きに心を転換している。

賢治は1896年(明治29年)8月27日生まれで、亡くなったのは1933年(昭和8年)9月21日。法華経を信仰していた彼の生涯の時代背景も、大きく影響をしているのだろうと思います。

(※注)この詩集から20篇ほど抜粋して、動画詩集「次元上昇」をつくりました。
興味がありましたら是非ご覧ください。DVDとしてリリースしています。

以下に賢治の詩「永訣の朝」を掲載させていただきます。

「永訣の朝」

けふのうちに
とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゆとてちてけんじや)
うすあかくいつそう陰惨(いんざん)な雲から
みぞれはびちよびちよふつてくる
(あめゆじゆとてちてけんじや)
青い蓴菜(じゆんさい)のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀(たうわん)に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがつたてつぱうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
(あめゆじゆとてちてけんじや)
蒼鉛(さうえん)いろの暗い雲から
みぞれはびちよびちよ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになつて
わたくしをいつしやうあかるくするために
こんなさつぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまつすぐにすすんでいくから
(あめゆじゆとてちてけんじや)
はげしいはげしい熱やあへぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
銀河や太陽 気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
……ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまつてゐる
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水とのまつしろな二相系(にさうけい)をたもち
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらつていかう
わたしたちがいつしよにそだつてきたあひだ
みなれたちやわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)
ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
あああのとざされた病室の
くらいびやうぶやかやのなかに
やさしくあをじろく燃えてゐる
わたくしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらばうにも
あんまりどこもまつしろなのだ
あんなおそろしいみだれたそらから
このうつくしい雪がきたのだ
(うまれでくるたて
こんどはこたにわりやのごとばかりで
くるしまなあよにうまれてくる)
おまへがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになつて
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ

☆変容のほほ笑み®DVD新シリーズ・動画詩集「次元上昇」 発売しました

※「変容のほほ笑み」は株式会社オフィスほおじろの登録商標です。
※2021年8月2日発売

いま地球は次元上昇しています。地球上に棲んでいる私たち人間も、
それに合わせて変容を加速させています。

その動きは、地球全体が何らかの高位なパワーの働きかけで、
ヒーリングされていることによるのではないかと、私は感じています。

その結果として、ヒーリングクライシスのような現象が
人々のうえに起きているようです。

ヒーリングクライシスとは、好転反応の一つで、ヒーリングエネルギーを
浴びることによってネガティブなカルマやネガティブなエネルギー、
さらにトラウマなどが浄化されて洗い流されていくときに、
一時的に現れる現象です。

その人の状況によってそれは一見苦しいと思えるような場合もありますし、
人生の岐路に立っているような感覚を覚えるときもあります。

人生が根底から変わっていくことによる戸惑いに似た感覚を覚えることも
あるかもしれません。しかし、いずれもヒーリングによって人生が
好転し始めたしるしであり、喜ばしいことなのです。

地球全体が何らかの高位なパワーの働きかけでヒーリングされ、
次元上昇していていることによって体験するいくつかの現象…

今日はなんだか手がジンジンするなあとか、歩いていたり他人との会話の
途中で突然鳥肌が立つ。本を読んでいたり、美しい花を見ていて意識が
宙に浮かぶような感じがしたり、足がポカポカ温かくなってきたり…

お昼休みにちょっと目を閉じて休んでいると、
心のなかに映像が現れることもあります。

読者の皆様も何か体験されていませんか?
体験されていたら是非このメールの返信で
教えていただけると嬉しいです。

私自身の体験ですが、エネルギー・フラワー・フォト「ガクアジサイ・ピンク」に
エネルギーを封入しているとき、心のスクリーンに以前どこかで見た
ことのある映像がはっきりと浮かんできたことがあります。

私は密教の仏画(チベットのタンカ)や曼荼羅が昔から好きでした。
はじめは観音様の仏画かと思ったのですが、明らかに違います。
何かの仏像を描いたタンカです。頭に宝冠をかぶったお顔。

以前私はブログにホワイト・ターラーのお姿を見た体験を次のように書いています。

「いつも眠りに落ちる直前に、誰だかわからないですが、
紳士や淑女の顔を見ることがあります(クレアボヤンスという現象)。
最近は美しい花や大天使の姿がはっきり見えることがあります。
不思議ですね。それと同じような感じで、そのとき半分睡眠状態に陥っていた
私の心のスクリーンに、ホワイト・ターラーのお顔が見えてきたのです。

チベット人の女性のような黄色人種の人間としてのお顔でしたが、
お肌は驚くほどに透き通っています。その様子を見ていた昔の人は、
白いお肌の美しい菩薩さまということで、ホワイト・ターラーと名づけたに
違いありません。深い慈愛に満ちた優しい表情をしています。」

これも地球の次元上昇と無関係ではなかった。
何らかの高位なエネルギー存在の働きかけがあったのでしょう。

おそらくその働きかけを受けていた私は
20代のころから詩的言葉が自然と頭に浮かんできたのだろう。
今になってそう確信するのです。

詩的言葉が自然と頭に浮かぶというのは
天、あるいは神的な存在から寄せられるメッセージを
ダウンロードするということに他なりません。

ところで先日、私は宮沢賢治の影響で20代のころから書き溜めていた
(自動手記などによってダウンロードした)詩に、
最近の作品も含めて手製の詩集『心的惑星圏』にまとめました。

そして変容のほほ笑みDVDとしていくつもの動画作品をリリースしてきた
ノウハウを生かして、この詩集から20篇の詩を抜粋して動画化し、
動画詩集「次元上昇」なるDVDを作ってみました。

私自身の朗読を収録した初めての試みです。
もし興味がありましたらお求めいただけたら幸いです。

この動画をご覧になった方に本格的な幸せへの変容、
そして「次元上昇」が起きることを願っています。

※動画詩集「次元上昇」

☆変容のほほ笑み®DVD新シリーズ・動画詩集「次元上昇」 発売しました

この動画の視聴によって期待されること。

  • 神や天、仏様などといった高位な存在と強くつながるようになる
  • 今までにない自分を感じるようになる
  • 自分のハイヤーセルフを強く自覚できるようになる
  • 雑念などに邪魔されず、自分の思考を早く展開できるようになる
  • 必要な情報を自然とダウンロードできるようになる
  • 早寝早起きができるようになる
  • 睡眠の質がよくなってくる
  • 身近な花や動物(イヌやネコなど)たちと心が通じるようになる
  • 身近な花たちが語りかけてくる言葉(花語)がわかるようになる
  • 過去や未来にこだわらなくなる
  • 「今この瞬間」に集中できるようになる
  • 幸運の象徴としての虹をよく見るようになる
  • 自分の深層意識がよくわかるようになる
  • その他人により思いがけないよい効果も期待されます

~~~~~以下サンプル画面です~~~~