2019/10

■第8チャクラはとても重要です!

つい最近、いつものように朝日が出るくらいの時間に近くの河原に行ってみると、東に見える瀬戸内海の島の1つ(屋島といいます)に濃い霧がかかっていました。ぼーっと見つめるうちに雲のなかで太陽が昇り始めると、その霧が彩雲のように色づいてきたのです。

そうしたら「やりたいことがあったら、今がチャンス! このことを皆さんにも伝えてください」というメッセージを受けました。

私はまた新しい本を書きたいと思っていたので、さっそく書き始めています。読者の皆さんも日ごろやりたいなあと思っていることがあるのでは? だったら、好機が過ぎてしまわないうちに、行動に移すといいでしょう。

■第8チャクラはとても重要です!

『水の女神 瀬織津姫の愛のメッセージ』という本を読みました。サラ・トヴァイアスさんの書いた本で、瀬織津姫出版社長の山水治夫さんが監修しています。

サラさんはアカシックレコードを読み、L ランゲージを話すことができるという女性で、山水さんはとても素晴らしいピアノの曲をつくるだけではなく演奏もとても上手で、彼の弾く曲聞いていると女神さまの愛につつまれていくような不思議な幸せ感があふれてきます。その女神さまとは、瀬織津姫(せおりつひめ)に違いありません。

L ランゲージとはライトランゲージと一般的には言われる言葉で、宇宙語といってもいいでしょう。私は今のところ宇宙語を聞くこともできず、話すこともできません。そこで散歩中、宇宙語を意識して口に出してみたら「サラマトポ」と出てきました。

えッつ? そういえばこれスリランカ語で、「ありがとうございます」だったじゃん。最後の「ポ」は丁寧語で「ございます」だった。残念! 宇宙語を話すには、まだほど遠いですね。昔スリランカにいった記憶が出て来ただけだったのでした。

この本を読んで気がついたのは、第8チャクラの存在と、その機能の重要性です。どうやらサラさんは、人のアカシックレコードを読む時、第8チャクラを活用しているらしいのです。

このチャクラは、身体の外部、頭の上の空間に位置しています。頭のなかにある第7チャクラ(サハスララチャクラ)と連携していて、英語ではsoul star chakra といいます。

この第8チャクラの働きがうまくいっていなといろいろと不都合なことが起こるようです。たとえば、他人や霊界のネガティブなエネルギーがたくさん入ってきて、健康にも良くない状態になってしまう。また、遠隔の地で起こることになる事件などの情報が勝手に入ってきて気分が悪くなるなど。

私と妻の泰子は一緒にレムリアン・ヒーリングによる遠隔ヒーリングを行いますが、つい最近、あるクライエントさんが、まるで第8チャクラに穴が開いたような状態になっているのがわかり、遠隔ヒーリングでこの穴をふさぎました。ネガティブな情報が入ってこないようにするためです。

ヒーリング後の日常生活でも第8チャクラに穴が開いて身体に悪影響を及ぼすエネルギーが入ってこないようにと、頭に白やきらきら光る素材でできた帽子をかぶっておくようにおススメしました。

すると、ネガティブなエネルギーが体内に入って来なくなり、いやな気分になることがなくなったといいます。同じような経験をしている人が、私たちのクライエントさんにもう1人います。

そこで思い浮かんだのはエンパスです。エンパスとは、共感力がとても高い人のことで、他人の気持ちに共感できないサイコパスとはまったく反対の人。日本人は5人に1人はエンパスだといわれるので、読者の皆さんのなかにもエンパスの人は多いと思います。また、霊能者たちはたぶんエンパスなのでしょう。

エンパスは他人の気持ちがすぐわかるので、素晴らしいのですが、その反面、気が休まらず疲れてしまったり、人や社会状況に振りまわされて困ってしまうこともありますね。

もしかするとエンパス体質の人は、第8チャクラの働きが正常ではなく、まるで頭の上(第7チャクラの上)に穴が開いているような状態になっているのかもしれない…。だったらその穴をふさぐため、普段から白い帽子や光を反射するような帽子をかぶって、その穴から不必要でネガティブな情報が入ってこないようにすればいいのでは? そう思いました。

読者のなかでエンパス体質で困っている方がいたら、是非やってみてください。

最後にこの本の後ろの方にあった「コラム ブッダの教え」は、素晴らしいと思いました。その最初の部分を引用してご紹介します。

『わたしは厳しい修行の後の瞑想で宇宙創成から地球の最後(この宇宙の果て)をすべて観て、すべて体験したのです。

ですので、わたしはあなただけでなく皆さんのこともよく知っています。

数千年以上の時空を超え、あなたの人生のすべてを体験し観たからです。

わたしとあなたは知り合いなのです。わたしは遠い存在ではありません。

極めて近く、宇宙のなかに存在するあなたのことはすべて知り尽くしているのです。

その逆もしかりです。あなたは本来、私をよく知っているのですよ。・・・・・・(後略)・・・・・・』

これを読んで、私はとても嬉しくなりました。日頃ブッダがいつも身近にいると感じているからです。

 

☆☆サロン・レムリアについて☆☆

サロン・レムリアでは対面式のレムリアン・ヒーリングや、レムリアン・ヒーリングのヒーラーになるための講習会(レムリアン・ヒーリング認定コース)を行います。

また変容のほほ笑みDVDや祈りのDVDの視聴やご購入もできます。

※お越しになるときは、電話でご連絡ください。

10月1日以降のすべてのご注文に対して、数量限定で、部屋を浄化する龍神のエネルギーを封入したお香を1箱(50本入り)プレゼントさせていただいています。このお香は、ほおじろえいいちが愛用しているものです。

このお香の写真はこちら:

http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M691295&c=9&d=7ed54

※「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」

詳細とご注文はこちら:

http://www.eiichihojiro.jp/beninohasu/

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」

詳細とお求めはこちらから:

http://www.eiichihojiro.jp/blueprint/

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」

詳細とお求めはこちらから:

http://www.eiichihojiro.jp/dahliahealing/

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」

詳細とお求めはこちらから:

http://www.eiichihojiro.jp/lemuria/

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とはいっさい関係ありません。

また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。著者に許可なく他への転載を禁じます。

☆フラワー・アートフォト(プレミアム)「ダリア・ミステリアス」発売しました。

フォトの名前:「ダリア・ミステリアス」

<この写真は見本です。中央に著作権保護のための文字が入っていますが、実際の写真には印刷されていません。A3サイズ(上図)、A4サイズ(下図)ともにこの見本のようなフォトで、サイズだけ違います。A3サイズとA4サイズのセット商品です。額縁の色はシルバー。>

2019年10月25日販売開始

ダリアの花言葉は「ミステリアス」!!
このダリアは、このたび(2019年10月1日)オープンした「サロンレムリア」のすぐ近くにある仏生山公園のダリア園に咲いていたものです。

期待される効能(効果は人により違います)

・飾る場所がミステリアスで美しい空間になる

・このフォトの所有者がミステリアスな魅力をたたえるようになる

・その結果、異性に注目を受け、愛されるようになる

・感謝の心が強くなる

・何事にも真心を込めることができるようになる

・過去や前世で積んだ自分の徳の恩恵を受けられるようになる

・上記に関連してご希望の意図を実現にするように導く(ご注文時にご希望を具体的にメッセージ欄にご記入ください)

ご購入(A3版とA4版セット)

  • 価格:1セット 100,000円(税・送料込み)

☆憑依体質と霊媒体質の違い

憑依体質と霊媒体質、この2つは同じような意味で使われることが多いようですが、明確に違う体質だと、私は考えています。

どのように違うのかというと、憑依体質は自分でコントロールできないのに対し、霊媒体質は自分でコントロールできる。ここが大きな違いです。

いずれも自分以外の霊や生命体(の意識)と共鳴して起こる現象ですが、憑依の場合は、その共鳴現象が自分の意志にかかわらず自動的に起こってしまいます。その相手が近づいただけで影響を受けてしまう。いわばスポンジのように何でも吸収してしまう。

その結果、相手がネガティブだと、自分の心や身体にネガティブなことが起こってしまい、相手がポジティブだと自分の心や身体にポジティブな反応が起こります。

霊媒の場合は、自分が意図的にその相手に共鳴して、たとえば相手が神さまのような存在だと神のお告げを聞いたり、自分や他の人のためにもなるような情報を引き出すことができます。巫女さんがこの典型的な例でしょう。

その相手に共鳴する方法を霊媒の人たちは本能的に、または経験的に知っているのだと思います。

私がレムリアンヒーリング®という手法を習得して、このことがよくわかりました。やり方があって、ヒーリングを受けている人とつながる(共鳴する)と、その人の悩みや問題点、感情などがわかります。またレムリアの女神や光の存在たちとつながって(共鳴して)、素晴らしいヒーリングエネルギーを送ることができるからです。

憑依されやすい人や霊媒のような人に共通しているのは、他の生命体(たとえば花、樹木、イヌやネコなどの動物、あかの他人など)に好かれやすいということ。

それから最近、憑依も霊媒も、第8チャクラが関係しているのではないかと考え始めています。第8チャクラは、頭部のなかにある第6、第7チャクラのその上にあるとされるチャクラ。そう身体の外、頭の上のほうにあるエネルギーセンターといってもいいでしょう。

このチャクラが正常に働いていれば良いのですが、何らかの理由で弱かったりすると、頭の上(のオーラ)に穴が開いているような状態となるのではないか。そうするといろいろなエネルギーが自動的に入ってきてしまう。つまり憑依体質になってしまうのではないか…。

これに対し霊媒の場合は、その第8チャクラが強く、かつ自由にコントロールすることができるので、意図的に大いなる存在や神さま、他の生命体(たとえば花や樹木など)などとつながって、その恩恵を受けることができるということなのではないか…。

☆高松クレーターとサロン・レムリア 10月15日のメルマガより

台風が東日本を直撃している晩、四国にいる私もほとんど眠れませんでした。皆さんのところは大丈夫でしたか? 多くの河川が決壊してしまいましたが、これは防ぐことは難しかった。事前に避難することもなかなかできなかった。盲点を突かれた感じです。

地球のエネルギーが上昇し、私たちは次元上昇しやすくなった半面、今回のような異常現象が起こりやすくなっているという現実もよく見据えておかないといけないのでしょう。

かつて技術が発達し、愛にも包まれていたというレムリア大陸が水没してしまったといわれていますが、今ここで再び我々の文
明・大地を水没させるわけにはいきません。頑張って生きていきましょう。

※ところで、新しいDVD「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」の効能を要約すると、こんなふうになるでしょうか。

1. 身体のエネルギーバランス、あるはチャクラのバランスを整えることにより、身体が癒される。
2. そのことによって、心も身体も若くなり、活動力が強化される。
3. 大いなる存在と強くつながる。またつながりが強化されることにより、心身や住んでいる家・部屋など環境の浄化をはじめ、いろいろな面で守護が得られる。
4.グラウンディング力を強め、新しい地球大地にしっかりと足をつけつつ、次元上昇(幸せな変容)を進めていくことができる。

いま私の超おススメDVDです。

さて今日は10月6日に書いたブログ「高松クレーターの不思議」をすこし編集してお届けします。

■高松クレーターは、素晴らしいパワースポットです

私たちが高松へ移住を決めるすこし前あたりからメッセージが頻繁に降りてきて、そのメッセージに誘導されるようにやってきた場所に、「サロン・レムリア」の小さな建物をつくることができました。そこでの活動内容についても今徐々に具体化し、活動を進めておりますが、偶然にも、いやおそらく必然的(?)に、その場所が素晴らしいパワースポットの中心だったとは、実に驚くべきことでした。

高松にはクレーターがあります。仏生山公園のすぐ近くにある法然寺を中心とした直径約4キロ、深さ千数百メートルのお椀のような形をしたクレーターが地下にあるのです。これを高松クレーターといいます。

ボーリング調査や重力探査などの科学的手法によって発見され、1991年10月26日付日本経済新聞により初めて報道されました。

この地が特殊なパワースポットである証拠として私が実感したことをいくつか述べてみます。

まず法然寺。浄土宗のお寺ですが、お寺なのでたくさんのお墓があります。ところが、墓場独特の負のエネルギーがいっさい感じられないのです。亡くなられてここに埋葬された方々は、ここで成仏されたに違いない。そんな感じが強くします。

また、すぐ近くにある仏生山公園。ここに咲くダリアとサクラがふつうではないのです。

昨年11月に初めて見た仏生山公園のダリアの花たちは私が今まで他の場所で咲くダリアたちから感じたことのない素晴らしいエ
ネルギーを発しながら輝いていたではありませんか! 後日、このダリアたちのエネルギーを取りこんだ変容のほほ笑みDVD
「過去と前世を癒すダリアの花たち」をつくりことになりました。

冬が来て春になると、仏生山公園にたくさん植えてあるサクラが開花し始めました。その様子を見て私は再びびっくりしてしまったのです。

サクラ(ソメイヨシノ)は一般に、冬にその土地のネガティブなエネルギーを全身に吸収して溜め込み、春が来て準備が整ったところで、いっせいに開花して、そのネガティブなエネルギーを花から放出します。だからサクラの花の咲き始めから満開の頃は、いくら綺麗に咲いていても、どことなく寂しい感じがします。

しかし、そのネガティブなエネルギーを放出し切る頃やっと葉の芽が出始め、サクラのポジティブな生命エネルギーを放出し始めます。ところが仏生山公園のサクラは、開花の初めからポジティブなエネルギーを出すのです。

感動してフラワー・アートフォト(プレミアム)「仏生山公園の桜」をつくってしまいました。

それからもう1つ。私は妻と一緒によくサロン・レムリアを建てる前からその場所に散歩に行っていましたが、その場所のエネルギーを受けるととても元気が出てくるのです。これは私よりも妻のほうに顕著でした。

サロンレムリアで対面ヒーリングを受けたいという方からボチボチとお申し込みが入り始めていますが、この場所でのヒーリング効果が楽しみです。

※高松クレーターの構造についての詳細は以下のブログの一番下の図をご参照ください。

■高松クレーターの不思議

☆☆サロン・レムリアについて☆☆

サロン・レムリアでは対面式のレムリアン・ヒーリングや、レムリアン・ヒーリングのヒーラーになるための講習会(レムリアン・ヒーリング認定コース)を行います。

また変容のほほ笑みDVDや祈りのDVDの視聴やご購入もできます。

※お越しになるときは、電話でご連絡ください。

10月1日以降のすべてのご注文に対して、数量限定で、部屋を浄化する龍神のエネルギーを封入したお香を1箱(50本入り)プレゼントさせていただいています。このお香は、ほおじろえいいちが愛用しているものです。

このお香の写真はこちら:
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M691295&c=9&d=7ed54

※「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」
詳細とご注文はこちら:

あなたを若く美しく輝かせる紅の蓮白の蓮

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」
詳細とお求めはこちらから:

愛と幸せのブループリント

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」
詳細とお求めはこちらから:

過去と前世を癒すダリアの花たち

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」
詳細とお求めはこちらから:

レムリアの薔薇

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とはいっさい関係ありません。
また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。著者に許可なく他への転載を禁じます。

■龍神さま、台風19号の被害を最小限にしてくださいますように。

以前、金龍さまのフォトをお求めになった方(女性)から聞いたのですが、ある霊能者に彼女は「お宅は龍神のすごいパワーで守られている」と言われたといいます。本当によかったです。

金龍さまを始め龍神さまたちのパワーはスゴイですね。とくに守護力や浄化力は。龍神さまにお願いすると、懸命になって助けてくれます。

いま台風19号接近に日本列島が強い不安に包まれているのを強く感じます。

龍神さまたち、どうか日本列島を守ってくださいますように。私たちも祈りますので。金龍さまのフォトをお求めになった方も是非祈ってください。そのフォトを前に置いて。よろしくお願いします。

■親しく付き合う人の世界観

10月5日のブログ「親の心子知らず、子の心親知らず」を読まれたある読者の方から、「ほんとうにその通りだと思う、気づくのにずいぶん時間がかかったけれど」といった感想が寄せられました。

そのブログで書いたように、本来家族とは、自分にとっても相手にとってもお互いに〝適度の距離〟が保たれていて、〝快い存在〟でも〝不快な存在〟でもない中立的な関係でいるのがベスト。それでこそ本当の愛、真実の家族愛につつまれていくからです。

これは家族以外の人との関係についてもいえると思います。とくに日常的に付き合っている人について。あるいは自分が心から尊敬する人や、自分の先生の立場にある人との関係についてもいえると思います。

その人との距離が近すぎると、その人の価値観や世界観がいつの間にか自分の価値観や世界観になってしまうことがあるからです。

その価値観や世界観が素晴らしいものであれば問題は少ないのでしょうが、人間はたいてい自分独自の偏った価値観や世界観をゆるぎないものとして思い込み、生きているものです。それはその人独自のものであって、もともと違う人間の自分にとって真実であるとは限りません。自分の今後の幸せな変容や、豊かで実りある人生を歩むため有効に働くものではない可能性もあるのです。

だから今の自分をよく見つめ、日常的に付き合っている人や尊敬している人や先生の価値観にのめり込まず、鵜呑みにせずに、その考え方や価値観・世界観について「自分はどう考えるのか?」「自分の生き方はこれをもとにしていいのか?」をよく検討することが大切でしょう。つまり、その人とはある程度距離を保っておくということです。

そのうえでやはりこの価値観・世界観が素晴らしいとなったら、自分の選択として、自己責任でその方向に進めばよいのです。そうすれは自分がしっかりできて、自信を持った人生を歩むことができるでしょう。

■体験談のご紹介~DVD「・紅の蓮・・」の浄化力と五次元への移行感覚

DVD「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」の浄化力と五次元への移行感覚がスゴイです!

新しいDVD「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」をお求めになったY・Aさんという女性から、こんなメールが寄せられました。

「このDVDを観ようとしたら、プレイヤーが途中で何度も止まったり、映像がブレたり、ぼやけたり、ガタガタと騒音が起きたりします。また、画面が消えてしまったり、という感じで、未だ最後までスムーズに観ることが出来ていません。他のDVDは正常に再生できるのですが…」

そこで私は次のようなメールを送りました。

「他のDVDがうまく再生されても、このDVDだけうまくいかない理由は2つ考えられます。

1、お送りする前必ず再生チャックしているので、DVD自体は大丈夫だと思いますが、このDVDだけあなたのプレイヤーと相性が悪い。

2、あなたの家かお使いになる環境がネガティブで、このDVDのエネルギーが懸命にそれを浄化しようとしている。

いずれにせよ、プレイヤーのスイッチをOFFにして、電源コードを抜き、1~2日そのままにしてから、再度再生を試みてください。そして様子をお聞かせください。」

すると間もなく次のようなお返事がありました。

「不思議なことに、ほおじろ さん へメールを送ったからエネルギーが繋がったからなのかもしれませんが、今朝かけてみたら、なぜか自然に動くようになっていました。今回のプレイヤー不調の原因としては、ほおじろ さん が教えてくださった、2の理由ではないかと思いました。

実は前々日、ある病院に知人のお見舞いに行った時、いつものように何らかの邪気を身に引き受けてしまった可能性があります。帰宅した時に家の中に何か違和感を感じたり、パソコンや電気系統がおかしくなることも普段からかなり多いのです。今住んでいる団地のすぐ近くの道路や橋の低周波振動もありそうなので、今回の新しいDVDが、そういったネガティブなものを浄化してくれたのだと思います。」

やはりそうでした。このDVDをかけるとその場所が、蓮の花を通じて大いなる存在たちにつながるので、彼らからの素晴らしいエネルギーが降りてきて、お部屋のネガティブなエネルギーは浄化されていく…。オフィシャルサイトのこのDVDのページに記載されている「このDVD使用によって期待されること」の1つ「大いなる存在としっかりとつながり、いつも守られるようになる」がここで実証されたようです。

以上の文章をブログに掲載したいので、Y・Aさんの許可を得るためメールを送りました。すると、すぐに以下の文を追加して欲しいとの返信がありました。

「これまで花の写真などを通してもきっと少しずつ浄化されていたのでしょうが、この新しいDVDのエネルギーはさらに強力というか、何というか、私には、三次元の浄化以上に、何かこの場が五次元に移行するかのような、不思議な感覚が感じられます。映像そのものもそのような感じです。」

なるほど、これはY・AさんがしっかりとこのDVDのエネルギーを受け取られている証拠だと思いました。きっとそのうちに心身共にこれまで以上に若く美しくなられることでしょう。ありがとうございました。(記:ほおじろえいいち)

川面(かわも)の霧が冷たくて、朝陽をしっかり浴びなくちゃ。本日早朝自宅近くの河原で撮影。

■DVD「あなたを若く美しく輝かせる紅の蓮 白の蓮」の体験談をご紹介します

身体中に癒しの力が入ってくるようです 匿名希望(男性)

「あなたを若く美しく輝かせる紅の蓮 白の蓮」のDVD、昨日到着いたしました。お香もありがたく受領いたしました。いつもながら初見の感想です。

最近新しいDVDの発表のペースが速いですね。でも私にとってとてもよいタイミングだと思いました。
今までのDVDは、スピリット上昇系でしたが、今回のDVDは、ベースの身体を見直す感じがしたので、とても良いタイミングだと思ったのです。今までのDVDでスピリットが上昇した分、身体がついていかずにすこし疲れているのを、今回のDVDが修復してくれると直感しました。

最初に見たときは、「えっつ? これって蓮の花から出ているエネルギー?」と思いました。画面から出てくるすこしピリピリ感のあるエネルギー。それを感じ、受け取っているうちに身体が慣れてきて、ピリピリ感がなくなりました。

そのあと私の身体に張り巡らされた全神経がアンテナになったような感じになり、そのアンテナから身体中に癒しの力が入ってくるようで、とてもゆったりとした良い気分になっていきました。

変な表現で申し訳ないのですが、前回のDVD「愛と幸せのブループリント」で活発化した脳の中央部分の変容疲れを癒す力も感じます。

以前購入した「観音ロータス」のフォトの蓮が、今朝気がつくと、昨晩再生したこのDVDに共鳴したかのように、蓮の花だけフォトから浮き出て立体的に見え始めました。自分の内的変化で見え方が変わったとも考えられますが、このDVDも「観音ロータス」のフォトも、エネルギーの源が同じだからこそ起こったこととなんでしょう。

また昨晩、仕事で議論している夢を三回連続で見ました。夢のなかで仕事をしている私は、力が強過ぎる感じで話していて、それに気づいてちょっとセーブしなければと思ったとき、目が覚めました。良い悪いは別にして、このDVDのエネルギーには内的に何かしらブースト(引き上げる・押し上げる・強化する)させる効果があって、その影響でこんな夢を見たのかもと思いました。

…コメントbyほおじろえいいち…

いつもながらにこの匿名希望の男性、DVDのエネルギーを的確に受け取り、効果もストレートにものにされていると思います。引き続きご使用になると、さらに素晴らしい体験をされるのではないでしょうか。

この体験談で、私が納得、確信した点が3つあります。
1. 身体のエネルギーバランス、あるはチャクラのバランスを整えることにより、身体が癒される。
2. そのことによって、心も身体も若くなり、活動力が強化される。
3. 大いなる存在と強くつながる。またつながりが強化されることにより、心身や住んでいる家・部屋など環境の浄化をはじめ、いろいろな面で守護が得られる。

必要とされる1人でも多くの方がこのDVDで幸せな変容を進められますように。

■「今ここ」の先にあるもの

「今」とは? 「ここ」とは? 今現在このブログを書いている10月7日の午後4時。その瞬間こそが今なのか? 自分の部屋でパソコンに向かって、書いている。その場所が「ここ」なのか?
昔から言われている「今ここ」に集中するということ、私はずいぶんやってきたつもりだ。心に浮かぶ雑念や妄想、あらゆる無駄な心の反応を「サティ」(言葉によるラベリング)で消し、「今そのものの凝縮した瞬間」に自分の意識を同化させる。どこまでできたのかは別としても。
この「今ここ」という瞬間に、過去もなければ未来もない。それらは妄想以外のなにものでもないから。そのように伝えられている。少なくとも私の理解では。
しかし、最近、これは違うと感じるようになった。私が意識を集中させ「今ここ」の魂(意識)と一体となると、自分の前世や過去、未来の自分の様相や情報も全部含めて「今ここ」なのだと感じるようになったのだ。
考えてみるとこれは当然なのだろう。そういう意識状態に入るためのガイダンスとして、まずは心に浮かぶ雑念や妄想を消す方法が伝えられたに違いない。今ここの瞑想の先にあるもの、その目的、方向性をはっきりととらえておく必要があるのだろう。

■高松クレーターの不思議

■高松クレーターは、素晴らしいパワースポットです

仏生山公園のすぐ近くにある法然寺を中心とした直径約4キロ、深さ千数百メートルのお椀のような形をしたクレーターが地下にあります。これが高松クレーター(下図参照)。ボーリング調査や重力探査などの科学的手法によって発見され、1991年10月26日付日本経済新聞により初めて報道されました。

この構造ゆえにこの地の重力値が周辺よりすこし高くなっています。残念ながらこの土地からくる有益なエネルギー調査はまだ行われていないようです(ドイツやロシアだったらすぐに調査できるのでしょうが残念!)。

そうとは知らず私は高松に移住後初めて、偶然のように法然寺と仏生山公園を訪れ、この地のエネルギーの素晴らしさに驚いてしまいました。

まず法然寺。浄土宗のお寺ですが、境内のお堂にお釈迦さまの涅槃像(寝釈迦といわれています)があるのです。初めてこのお堂に入って私はびっくり仰天。20代のころ夢に出てきた観音さまと思われる立像があったばかりではなく、お釈迦様が涅槃にはいられた時の様子がそっくりそのまま再現されているではありませんか。まさに涅槃にはいろうと横になられたお釈迦さま。取り囲んで悲しむ多くの弟子たち、動物たち、天から薬を与えようとする摩耶夫人。すごい迫力です。京都に行っても、他のどこに行っても見たことがありません。

思わず私は2500年タイムスリップして、ブッダが亡くなられた時、その場にいたような錯覚に陥りました。いや、できの悪い弟子として、実際その場にいたことを思い出したといったらいいでしょうか。嬉しくて涙が出てきて、止まりませんでした。

法然寺の不思議はもう1つあります。お寺なのでたくさんのお墓があるのですが、墓場独特の負のエネルギーがいっさい感じられないのです。亡くなられてここに埋葬された方々は、ここで成仏されたに違いない。そんな感じが強くします。たぶん、この土地のエネルギーが関係しているのでしょう。そう、高松クレーターという、特殊な土地のエネルギーです。それが「空」を悟り、あるいは幸せな変容を進めるエネルギーだからなのでしょうか。

すぐ近くなので、このあと仏生山公園に行きました。そこでもまたビックリ仰天です。私の大好きなダリアたちがたくさん素晴らしい美しさで咲いていたではありませんか。近づいてよく見ると、ダリアの花たちは私が今まで他の場所で咲くダリアたちから感じたことのない素晴らしいエネルギーを発しながら輝いているではありませんか!

なぜ? その後もしばらく考え続けていたのですが、私の結論は、高松クレーターという特殊なパワースポットのエネルギーとともに生育したダリアだからに違いないということ。

そこで後日、このダリアたちのエネルギーを取りこんだ変容のほほ笑み®DVD「過去と前世を癒すダリアの花たち」をつくりことになりました。

冬が来て春になると、仏生山公園にたくさん植えてある桜が開花し始めました。その様子を見て私は再びびっくりしてしまったのです。

桜(ソメイヨシノ)は一般に、冬にその土地のネガティブなエネルギーを全身に吸収して溜め込み、春が来て準備が整ったところで、いっせいに開花して、そのネガティブなエネルギーを花から放出します。だからサクラの花の咲き始めから満開の頃は、いくら綺麗に咲いていても、どことなく寂しい感じがします。しかし、そのネガティブなエネルギーを放出し切る頃やっと葉の芽が出始め、今度はポジティブな生命エネルギーを放出し始めます。

ところが仏生山公園の桜は、花からネガティブなエネルギーを放出せず、初めからポジティブなエネルギーを出すのです。おそらく高松クレーターのエネルギーの影響でしょう。

この度オープンしたサロン・レムリアは、高松クレーターという、エネルギーの素晴らしい特殊なパワースポットのほぼ中心にあります。


香川大学工学部安全システム建設工学科 長谷川研究室(長谷川修一、鶴田聖子)作成の資料より