2018/06/15

☆遠隔ヒーリングで地上の天使出現?


香川に移住してきてもうすこしで1ケ月になります。余裕が出てきたのと、気晴らしと、運動のため自宅周辺を歩き始めたのですが、日々発見があります。

まず田んぼです。広い空き地がたくさんあるなあと思っていると、いつの間にか水が入っていて、前日降った雨の水が溜まったのかなあと思っていると、いつの間にか稲の苗が整然として植わっています。私はお米の作り方を知らないので、こうした風景も新鮮です。

夕暮れ近くに歩いていると、そのうちに稲が植えられると思われる同じような広い土地の端っこに、薄紫色のハナショウブがいっぱい。感動しました。これ出荷しているのかな? そういえば近くのスーパーで同じようなハナショウブの鉢が売られていたな。なんだか育ててみたくなりました。(写真は本日午後同じ場所に行って撮影したものです)

さて、今日は4月10日のメルマガでご紹介したC・Nさんの遠隔ヒーリング体験談の続報です。すこし長いですが、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

■毎晩騒々しかった上の階の人が引越し、両親も信じられないほど変わってきた C・Nさん(女性)

2回の遠隔ヒーリングで過去世からの悲しみが消え・・のつづきです。まずご報告したいのが、上の階で毎晩遅くまで床が落ちるほど音を立てていた中国人親子が引っ越していったことです。

私が引越しをするたびに周囲の騒音に悩まされてきたのは、前世の悲しみを紛らわすために騒々しい部屋を選んでいたと、遠隔ヒーリングの後指摘されていました。

ヒーリングでその悲しみが消え、意図でも周囲の環境が静かになるということも設定していたので、そのうちにこうなるとほおじろさんは考えていたといいますが、まさかこういう展開になるとは思ってもいませんでした。本当にびっくりです。

あまりにも効果がすごいので、4月末に、3回目の遠隔ヒーリングを受けました。

そのときに設定していただいた意図は「どんなことがあっても、いつも自分を愛する安心安全な方向に心を動かせるように、脳の反応システムを変えていく。これに伴い、自分はいつも健康、親も健康で、それぞれ自分たちの独立した最善の道を歩むようになってくる」でした。

その成果があってか、毎日がいままでとはまったく別の世界で、輝いて生きているような感じになってきました。

たとえば、最近とっても元気ですね~と言われることが多いです。昨日いつもカットをしていただいている美容室に4ヶ月ぶりに行ってきました。そこの美容師さん(お客さんのことがとてもよくわかる女性なので予約が取れないほどいつも混んでいます)が、私の変容ぶりに驚いていました。

何があったのと聞かれましたので、ほおじろさんについて、そしてお仕事についてお話をしてきました。

それから、昨日実家へ寄ってきたのですが、もうびっくりです!! 両親がすごくよくなってきたのです。これは信じられないほどの変化です。

私がアメリカにいたとき、年老いた両親は半狂乱で私に帰国を迫り、帰国してからも会えば必ず仕事をやめて自分たちの介護をしてほしと執拗に迫っていたのに、そういうことがなくなってきたのです。父も母もなにか邪気がとれたような、すっきりした顔になりました。

とくに母。部屋のなかもきれいになっていました。いつも机の上に物がごちゃごちゃしていたのに、それが嘘のようにスッキリしていたんです。

そして私は9月上旬まで忙しいから、あまり電話はしないから。電話がないことは元気な証拠だから心配しないでねと言ったら、なんとわかったよ!!とそれだけ。いつもならぶーぶー2時間は不平をいうのですが。どうやら父と仲の良い歯医者さんが、もっと自立するように、いろいろきつく言ってくれたらしく、それが効いているのでしょう。遠隔ヒーリング効果で、歯医者さん登場でした! いや、地上の天使出現かな?

ほんとうにありがとうございました。

…コメントbyほおじろえいいち…

C・Nさんほんとうによかったですね。私たちも遠隔ヒーリングのやりがいがあり、とても手ごたえを感じます。

この体験談でとくに感じるのは、意図のエネルギーの奥深い効果です。意図のエネルギーが遠隔ヒーリングでうまく働くと、申込者の魂のエネルギーと、世界のエネルギー、あるいは大いなる存在のエネルギーが共鳴するようなことが起こります。

シンクロニシティ、神仏の導き、エンジェルや思いもよらぬ人たちの助け、思ってもみなかった良い展開などが起こるのです。この体験談はまさにその良い例だと思います。

※エネルギー・フラワー・フォト「ハナショウブ」の詳細とご注文はこちら:

ハナショウブ

※フォト「アローラの赤いバラ」のプレゼントについて

ヘッダー画像


このフォトを見つめていたり、説明のための文章を書いているだけで足があたたかくなってきます。敏感な読者の方はこの文章を読んでいるだけで足があたたかくなってくるかもしれませんね。