ほおじろえいいちのメルマガ

■レムリアのクイーン、アローラの顔が見えた

11月11日にちなんで、私がアローラの顔を見たときのお話をしましょう。

2017年7月27日のことでした。まだ四国への移住する前でしたから、定期的に中国式マッサージ(推拿)の施術を受けていました。わたしを担当してくれていた先生が、レムリアン・ヒーリングのティーチャーの資格を持つ女性だったからでしょうか。施術を受けた後、レストランで昼食、お茶を飲んでくつろいでいると、不思議なことがよく起こりました。

その日は、突然レムリアのクイーンの顔が心のスクリーンに見え、そのエネルギーが私の身体に入ってきたのです。背筋の左側からトリハダが立ち始め、それは全身にひろがっていきました。

クイーンの顔の映像はかなり長い間見えていました。眉が細く、目が大きい。どこかで見たことのあるような映像です。クイーンの冠を頭にかぶっています。その冠には宝石かクリスタルが散りばめられてキラキラ輝いています。また両耳に、宝石かクリスタルの長いチェーンのような飾り物をつけています。

家に帰って『新・ハトホルの書』(トム・ケニオン著・紫上はとる訳ナチュラルスピリット)を本棚から探し取り出してみました。この本の表紙にあるハトホルの顔です。先ほど見たアローラの顔が、ハトホルに瓜二つなのです。エジプトのデンデラ神殿にあります。

この本によると、ハトホルとは集合意識であり、次元を超えたエネルギー的存在。私たちの宇宙の入り口であるシリウスを経由して太陽系に入り、金星のエーテル界に落ち着くことになったといいます。

そしてハトホルは、数名の高度に進化した先覚者たちとともに活動していたことがあった。しかしアトランティスとレムリアの崩壊が決定的となったとき、そのなかの何人かをエジプトに導いたというのです。

だとすると、レムリアの女神アローラは、レムリア水没直前にエジプトに移動していたということになるのでしょうか。その顔が、レストランでの昼食後、私の心のスクリーンに映って見えた…。

2017年11月2日には、私はアローラからメッセージを受けています。そしてできたのが変容のほほ笑みDVD「レムリアの薔薇」です。

詳細はこちら:http://www.eiichihojiro.jp/lemuria/

2019年11月12日のメルマガより抜粋

■ヒーリングハンド養成クラスについて

オフィスほおじろさん、こんにちは。ほおじろえいいちです。

朝早く自宅近くの河原を歩くと、最近は河面から霧が出ていることがあります。なんだかとても神秘的。近くの農家の庭にはシュウメイギクの白い花が目を引きます。サロン・レムリアの庭にも植えてみようかな。

サロン・レムリアの外観はこんなです。
http://www.eiichihojiro.jp/salon-lemuria/location/
1年くらいかけて、この庭を花で一杯にすることが、私の夢。

■ヒーリングハンド養成クラスについて

さて、今日は先週のメルマガでちょっとだけ書いた「ヒーリングハンド養成クラス」について、ご説明しますね。

まず、ヒーリングハンドとは何か? ヒーリングエネルギーを出せる手のことです。

夜寝る前に部屋の明かりを消し、窓の外から入ってくる弱い光に目を慣らせます。次に両手を軽くこすり合わせ、その手を10~30センチくらい離したり近づけたりしてみてください。あなたの手がヒーリングハンドだったら、両手の間に青~黄色にぼうっと光るエネルギーが見えるはずです。

生まれつきこういう手を持っている人もいますし、何らかのエネルギーワークや変容のほほ笑みDVDを見続けているうちに、自
分の手がヒーリングハンドになってしまうこともあります。あるいは「エネルギー・フラワー・フォト」に手を当てているうちに、そうなってしまうこともあります。

私がリハビリ病院に入院してビックリしたことがあります。理学療法士や作業療法士の人たちにマッサージをしてもらいましたが、彼らの手がみんなとても温かいのです。マッサージを受けた後、信じられないくらいに凝りが消えている。彼らは優れたヒーリングハンドの持ち主だったのです。

ヒーリングハンドの効果は、マッサージだけではありません。ヒーリングハンドで絵を描くと、できあがった絵からヒーリングエネルギーが出ます。ヒーリングハンドでたとえば花の写真を撮り、それを印刷すると、その写真からヒーリングエネルギーが出ます。

ヒーリングハンドで楽器を演奏すると、音楽がヒーリング音楽になってしまいます。優れた演奏家はだいたい演奏する曲にヒーリングエネルギーを載せることが来ますね。

今回私がこのヒーリングハンド養成クラスを始めることになったのは、ある朝メッセージがあったからです。

サロン・レムリアでおこないますが、一人ずつ私が自分のヒーリングハンドを使って、参加者全員の手を覚醒させていくので、5名様限定とさせていただきます。

第1回ヒーリングハンド養成クラス
2019年12月21日(土曜日) 午後2時から4時ごろまで
場所:サロン・レムリア

参加費用は1万円です。

お申し込みはこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=346

サロン・レムリアの行き方はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/salon-lemuria/location/

※オーラ浄化のパワーもスゴイです!
「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」
詳細とご注文はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/beninohasu/

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/blueprint/

※サロン・レムリアでの対面式ヒーリング
初回:
http://www.eiichihojiro.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=331

※レムリアン・ヒーリング?認定コース
*11月は以下の日程です*
基礎コース:2019年11月16日土曜日 10:00~17:00
http://www.eiichihojiro.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=335
上級コース:2019年11月17日日曜日 10:00~17:00
http://www.eiichihojiro.jp/shop/html/products/detail.php?product_id=336

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とは
いっさい関係ありません。
また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでも
ありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。
著者に許可なく他への転載を禁じます。

■第8チャクラはとても重要です!

つい最近、いつものように朝日が出るくらいの時間に近くの河原に行ってみると、東に見える瀬戸内海の島の1つ(屋島といいます)に濃い霧がかかっていました。ぼーっと見つめるうちに雲のなかで太陽が昇り始めると、その霧が彩雲のように色づいてきたのです。

そうしたら「やりたいことがあったら、今がチャンス! このことを皆さんにも伝えてください」というメッセージを受けました。

私はまた新しい本を書きたいと思っていたので、さっそく書き始めています。読者の皆さんも日ごろやりたいなあと思っていることがあるのでは? だったら、好機が過ぎてしまわないうちに、行動に移すといいでしょう。

■第8チャクラはとても重要です!

『水の女神 瀬織津姫の愛のメッセージ』という本を読みました。サラ・トヴァイアスさんの書いた本で、瀬織津姫出版社長の山水治夫さんが監修しています。

サラさんはアカシックレコードを読み、L ランゲージを話すことができるという女性で、山水さんはとても素晴らしいピアノの曲をつくるだけではなく演奏もとても上手で、彼の弾く曲聞いていると女神さまの愛につつまれていくような不思議な幸せ感があふれてきます。その女神さまとは、瀬織津姫(せおりつひめ)に違いありません。

L ランゲージとはライトランゲージと一般的には言われる言葉で、宇宙語といってもいいでしょう。私は今のところ宇宙語を聞くこともできず、話すこともできません。そこで散歩中、宇宙語を意識して口に出してみたら「サラマトポ」と出てきました。

えッつ? そういえばこれスリランカ語で、「ありがとうございます」だったじゃん。最後の「ポ」は丁寧語で「ございます」だった。残念! 宇宙語を話すには、まだほど遠いですね。昔スリランカにいった記憶が出て来ただけだったのでした。

この本を読んで気がついたのは、第8チャクラの存在と、その機能の重要性です。どうやらサラさんは、人のアカシックレコードを読む時、第8チャクラを活用しているらしいのです。

このチャクラは、身体の外部、頭の上の空間に位置しています。頭のなかにある第7チャクラ(サハスララチャクラ)と連携していて、英語ではsoul star chakra といいます。

この第8チャクラの働きがうまくいっていなといろいろと不都合なことが起こるようです。たとえば、他人や霊界のネガティブなエネルギーがたくさん入ってきて、健康にも良くない状態になってしまう。また、遠隔の地で起こることになる事件などの情報が勝手に入ってきて気分が悪くなるなど。

私と妻の泰子は一緒にレムリアン・ヒーリングによる遠隔ヒーリングを行いますが、つい最近、あるクライエントさんが、まるで第8チャクラに穴が開いたような状態になっているのがわかり、遠隔ヒーリングでこの穴をふさぎました。ネガティブな情報が入ってこないようにするためです。

ヒーリング後の日常生活でも第8チャクラに穴が開いて身体に悪影響を及ぼすエネルギーが入ってこないようにと、頭に白やきらきら光る素材でできた帽子をかぶっておくようにおススメしました。

すると、ネガティブなエネルギーが体内に入って来なくなり、いやな気分になることがなくなったといいます。同じような経験をしている人が、私たちのクライエントさんにもう1人います。

そこで思い浮かんだのはエンパスです。エンパスとは、共感力がとても高い人のことで、他人の気持ちに共感できないサイコパスとはまったく反対の人。日本人は5人に1人はエンパスだといわれるので、読者の皆さんのなかにもエンパスの人は多いと思います。また、霊能者たちはたぶんエンパスなのでしょう。

エンパスは他人の気持ちがすぐわかるので、素晴らしいのですが、その反面、気が休まらず疲れてしまったり、人や社会状況に振りまわされて困ってしまうこともありますね。

もしかするとエンパス体質の人は、第8チャクラの働きが正常ではなく、まるで頭の上(第7チャクラの上)に穴が開いているような状態になっているのかもしれない…。だったらその穴をふさぐため、普段から白い帽子や光を反射するような帽子をかぶって、その穴から不必要でネガティブな情報が入ってこないようにすればいいのでは? そう思いました。

読者のなかでエンパス体質で困っている方がいたら、是非やってみてください。

最後にこの本の後ろの方にあった「コラム ブッダの教え」は、素晴らしいと思いました。その最初の部分を引用してご紹介します。

『わたしは厳しい修行の後の瞑想で宇宙創成から地球の最後(この宇宙の果て)をすべて観て、すべて体験したのです。

ですので、わたしはあなただけでなく皆さんのこともよく知っています。

数千年以上の時空を超え、あなたの人生のすべてを体験し観たからです。

わたしとあなたは知り合いなのです。わたしは遠い存在ではありません。

極めて近く、宇宙のなかに存在するあなたのことはすべて知り尽くしているのです。

その逆もしかりです。あなたは本来、私をよく知っているのですよ。・・・・・・(後略)・・・・・・』

これを読んで、私はとても嬉しくなりました。日頃ブッダがいつも身近にいると感じているからです。

 

☆☆サロン・レムリアについて☆☆

サロン・レムリアでは対面式のレムリアン・ヒーリングや、レムリアン・ヒーリングのヒーラーになるための講習会(レムリアン・ヒーリング認定コース)を行います。

また変容のほほ笑みDVDや祈りのDVDの視聴やご購入もできます。

※お越しになるときは、電話でご連絡ください。

10月1日以降のすべてのご注文に対して、数量限定で、部屋を浄化する龍神のエネルギーを封入したお香を1箱(50本入り)プレゼントさせていただいています。このお香は、ほおじろえいいちが愛用しているものです。

このお香の写真はこちら:

http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M691295&c=9&d=7ed54

※「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」

詳細とご注文はこちら:

http://www.eiichihojiro.jp/beninohasu/

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」

詳細とお求めはこちらから:

http://www.eiichihojiro.jp/blueprint/

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」

詳細とお求めはこちらから:

http://www.eiichihojiro.jp/dahliahealing/

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」

詳細とお求めはこちらから:

http://www.eiichihojiro.jp/lemuria/

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とはいっさい関係ありません。

また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。著者に許可なく他への転載を禁じます。

☆高松クレーターとサロン・レムリア 10月15日のメルマガより

台風が東日本を直撃している晩、四国にいる私もほとんど眠れませんでした。皆さんのところは大丈夫でしたか? 多くの河川が決壊してしまいましたが、これは防ぐことは難しかった。事前に避難することもなかなかできなかった。盲点を突かれた感じです。

地球のエネルギーが上昇し、私たちは次元上昇しやすくなった半面、今回のような異常現象が起こりやすくなっているという現実もよく見据えておかないといけないのでしょう。

かつて技術が発達し、愛にも包まれていたというレムリア大陸が水没してしまったといわれていますが、今ここで再び我々の文
明・大地を水没させるわけにはいきません。頑張って生きていきましょう。

※ところで、新しいDVD「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」の効能を要約すると、こんなふうになるでしょうか。

1. 身体のエネルギーバランス、あるはチャクラのバランスを整えることにより、身体が癒される。
2. そのことによって、心も身体も若くなり、活動力が強化される。
3. 大いなる存在と強くつながる。またつながりが強化されることにより、心身や住んでいる家・部屋など環境の浄化をはじめ、いろいろな面で守護が得られる。
4.グラウンディング力を強め、新しい地球大地にしっかりと足をつけつつ、次元上昇(幸せな変容)を進めていくことができる。

いま私の超おススメDVDです。

さて今日は10月6日に書いたブログ「高松クレーターの不思議」をすこし編集してお届けします。

■高松クレーターは、素晴らしいパワースポットです

私たちが高松へ移住を決めるすこし前あたりからメッセージが頻繁に降りてきて、そのメッセージに誘導されるようにやってきた場所に、「サロン・レムリア」の小さな建物をつくることができました。そこでの活動内容についても今徐々に具体化し、活動を進めておりますが、偶然にも、いやおそらく必然的(?)に、その場所が素晴らしいパワースポットの中心だったとは、実に驚くべきことでした。

高松にはクレーターがあります。仏生山公園のすぐ近くにある法然寺を中心とした直径約4キロ、深さ千数百メートルのお椀のような形をしたクレーターが地下にあるのです。これを高松クレーターといいます。

ボーリング調査や重力探査などの科学的手法によって発見され、1991年10月26日付日本経済新聞により初めて報道されました。

この地が特殊なパワースポットである証拠として私が実感したことをいくつか述べてみます。

まず法然寺。浄土宗のお寺ですが、お寺なのでたくさんのお墓があります。ところが、墓場独特の負のエネルギーがいっさい感じられないのです。亡くなられてここに埋葬された方々は、ここで成仏されたに違いない。そんな感じが強くします。

また、すぐ近くにある仏生山公園。ここに咲くダリアとサクラがふつうではないのです。

昨年11月に初めて見た仏生山公園のダリアの花たちは私が今まで他の場所で咲くダリアたちから感じたことのない素晴らしいエ
ネルギーを発しながら輝いていたではありませんか! 後日、このダリアたちのエネルギーを取りこんだ変容のほほ笑みDVD
「過去と前世を癒すダリアの花たち」をつくりことになりました。

冬が来て春になると、仏生山公園にたくさん植えてあるサクラが開花し始めました。その様子を見て私は再びびっくりしてしまったのです。

サクラ(ソメイヨシノ)は一般に、冬にその土地のネガティブなエネルギーを全身に吸収して溜め込み、春が来て準備が整ったところで、いっせいに開花して、そのネガティブなエネルギーを花から放出します。だからサクラの花の咲き始めから満開の頃は、いくら綺麗に咲いていても、どことなく寂しい感じがします。

しかし、そのネガティブなエネルギーを放出し切る頃やっと葉の芽が出始め、サクラのポジティブな生命エネルギーを放出し始めます。ところが仏生山公園のサクラは、開花の初めからポジティブなエネルギーを出すのです。

感動してフラワー・アートフォト(プレミアム)「仏生山公園の桜」をつくってしまいました。

それからもう1つ。私は妻と一緒によくサロン・レムリアを建てる前からその場所に散歩に行っていましたが、その場所のエネルギーを受けるととても元気が出てくるのです。これは私よりも妻のほうに顕著でした。

サロンレムリアで対面ヒーリングを受けたいという方からボチボチとお申し込みが入り始めていますが、この場所でのヒーリング効果が楽しみです。

※高松クレーターの構造についての詳細は以下のブログの一番下の図をご参照ください。

■高松クレーターの不思議

☆☆サロン・レムリアについて☆☆

サロン・レムリアでは対面式のレムリアン・ヒーリングや、レムリアン・ヒーリングのヒーラーになるための講習会(レムリアン・ヒーリング認定コース)を行います。

また変容のほほ笑みDVDや祈りのDVDの視聴やご購入もできます。

※お越しになるときは、電話でご連絡ください。

10月1日以降のすべてのご注文に対して、数量限定で、部屋を浄化する龍神のエネルギーを封入したお香を1箱(50本入り)プレゼントさせていただいています。このお香は、ほおじろえいいちが愛用しているものです。

このお香の写真はこちら:
http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M691295&c=9&d=7ed54

※「あなたを若く美しく輝かせる 紅の蓮 白の蓮」
詳細とご注文はこちら:

あなたを若く美しく輝かせる紅の蓮白の蓮

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」
詳細とお求めはこちらから:

愛と幸せのブループリント

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」
詳細とお求めはこちらから:

過去と前世を癒すダリアの花たち

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」
詳細とお求めはこちらから:

レムリアの薔薇

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とはいっさい関係ありません。
また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。著者に許可なく他への転載を禁じます。

☆あなたのなかに遠隔ヒーリングの才能が眠っているかも

レムリアン・ヒーリングについて、ティーチャーの資格を持つKさんから妻の泰子と一緒にその方法を習ったのは、2017年秋のことでした。基礎コースと上級コースとに分けて習いました。

習っているとき当然実習もやるのですが、なぜか私は「これ知っている」という感覚が強くしていました。とくに痛みをとる方法については、明らかに以前どこかで習ったと思いました。でも具体的にいつどこで誰からということが思い出せません。すでに前世で習得していたのかもしれませんね。

遠隔ヒーリングのやり方を教えてもらうと、なるほど、これはできる。以前あるヒーラーに教えてもらった方法とはすこし違うけど、とてもうまくできるという確信がありました。

そうしてその後しばらくして、実際にクライエントさんに対して遠隔ヒーリングを行う機会がやって来ました。

私がとても驚いたのは、いくつかのテクニックを使ってクライエントさんとつながると、そのクライエントさんのそのときの感情をまるで自分の感情のように感じてしまうことです。

さらに、たとえばクライエントさんが悲しみの感情を心の底にため込んでいた場合、ヒーリング中、私の方が悲しくて仕方なくなり、ついには嗚咽してしまうこともあるということ。これには本当にびっくりしました。

遠隔ヒーリングをして欲しいという方が増えてきて、実際に行っていると、そのクライエントさんが今かかえている悩みの原因が幼少時の体験であったり、前世の出来事であったりして、その内容がはっきりとわかることがあるのも驚きでした。

なぜそこまでわかるのか? おそらく私は前世で遠隔ヒーリングのヒーラーであったか、そうでなかったとしても、私のなかに遠隔ヒーリングの才能が眠っていて、それを自分で封印していたのでしょう。

そしてレムリアの女神アローラをはじめ、観音さま、ブッダ、大天使たち、龍神さまなど大いなる存在とつながって、彼らからクライエントさんの悩みや問題を解決していただきます。私たちヒーラー(私と泰子)が行うのではなく、大いなる存在たちが解決に導いてくれるのです。そして、その後も状態が好転するように、よい状態が続くように私たちは祈りを捧げます。

妻の泰子といえば、その後レムリアン・ヒーリングに目覚めたかのように様々なコースを受講し、ハワイにまで足を延ばして、創始者からティーチャーの資格まで伝授してもらうに至りました。詳細は以下のページに示した通りです。

http://www.eiichihojiro.jp/lemurian_card_reading/

来週サロン・レムリアがオープンします。ここで、対面式のレムリアン・ヒーリング、さらに遠隔ヒーリングも行います。とりあえず対面式は泰子が、同時に私が遠隔ヒーリングの方式で行う予定です。

詳細はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/salon-lemuria/

お受けになりたい方はぜひお越しください。高松は遠いかもしれませんが、このサロンはとてもエネルギーのよいパワースポットにあります。観光スポットもたくさんありますので。

さらに定期的に泰子がレムリアン・ヒーリングをお教えします。受講後は免許書をお出ししますし、実習していくとレムリアン・ヒーリングのヒーラーになれます。

レムリアン・ヒーリングに興味のある方、あるいは今まで私たちから遠隔ヒーリングをお受けになったことのある方は、おそらくレムリアン・ヒーリングの才能を隠し持っているはずだと、私は見ています。

この機会に是非その才能を開花してくださいね。期待しています。

すでにお知らせしてありますが、下記の日程でレムリアン・ヒーリング認定コースを開催します。

基礎コース:2019年10月26日土曜日 10:00~17:00
上級コース:2019年10月27日日曜日 10:00~17:00

いずれも受講料は 77,000円 です。

詳細はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/salon-lemuria/

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/blueprint/

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/dahliahealing/

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/lemuria/

文責:ほおじろえいいち
2019年9月24日のメルマガより

☆反応しない練習をしようか 9月17日のメルマガより

月も美しい秋ですね。「名月を とってくれろと 泣く子かな」という句があります。小林一茶の俳句ですが、子供があのお月様取ってとせがんでいるのですね。もしかして夜空の月が怖いので、取ってなくしてよと言っているのかも。

私の息子たちは小さいとき寝かせつけるためおんぶして外に出たらお月様が煌々と照っているのを見て、顔を私の背中にうずめてしまうのでした。怖かったようです。子育て経験のあるお父さん、お母さん、お子様が小さいとき、どうでしたか?

私が6月に10日ほどリハビリ病院に入院していたときのことです。食事をするときはみんなデイルームに集まって食べるということになっていました。そこで食事の時間になると同じ階に入院している10人くらいのおばあさんが集まってきます。なぜか男性患者は自分の部屋で食べるので、そこにいる男性は私だけでした。

おかずにお豆腐がついているときに、それは必ず起こりました。1人の気品あるおばあさんが絶対に食べなくなってしまうのです。看護師さんが入れかわり立ちかわり何とか食べてもらおうと懸命です。

「ほらこのお豆腐食べて栄養つけてね」
「食べないと身体に悪いよ」

すると、そのおばあさん、とても悲しそうな顔になって
「子供が小さい時ね、お豆腐を食べてお腹をこわしたの」

どうやらお子さんがお豆腐を食べてお腹をこわしたという悲しい記憶、あるいは食べさせた母親としての罪悪感(?)で、それ以来一切お豆腐は食べられなくなってしまったらしいのです。おかずにお豆腐がついていると、ご飯も他のおかずもいっさい口にできなくなってしまいます。

そして食べられない自分を可愛そうだと一言いうのです。

なんということでしょう。このおばあさん、お豆腐を見ると過去の辛く悲しい記憶を思い出して、心が強く反応してしまう。そして食事ができなくなってしまうのですね。笑うに笑えない事態です。

では、私はいったいどうなのだろう。読者の皆様はどうですか?

なにかを見たり聞いたりした時、私たちは「反応」するのがふつうです。そしてその反応は、過去の何らかの経験に基づくことが多いですね。

その反応が「うれしい」「楽しい」「おもしろい」「幸せ」といったポジティブなものだといいですが、「怖い」「悲しい」「罪悪感」「恐ろしい」といったネガティブなものだと行動が止まったり、その先へ進めなくなってしまいます。

本当はポジティブな反応もネガティブな反応もしないようになると、悟りの境地に近づくとされていますが、今回はネガティブな反応に絞ってみましょう。

ネガティブな反応が定着して、その人の「業」とか「カルマ」のようになってしまうことがあるからです。

実は私は、昔から新しい技術に出会うと必ず「不安」が伴っていました。例えばパソコンが出始めたとき、パソコン本体やモニター画面から出るとされる電磁波が気になって仕方がなかったのです。

そしてその反応が、まさに自分の「業」のように結実して、新しい技術(スマホ、携帯電話のアンテナ、高圧送電線など)を目にすると、反応してしまうのです。別に身体がおかしくなることはないのですが、心が閉じてしまう。

ではどうしたらいいのか? 自然そのもののエネルギーである「花」の映像でDVDをつくり、モニター画面の電磁波を無害にし、さらに有益なものにすればいいのです。これは超(!)新しい技術かな。不安は消し飛んでしまいますね。

さらに最近、私はむかし勉強したことを思い出してやるようにしています。「今自分は、〇〇に反応している」と心に唱えるのです。そうすると不思議と「不安」が消えていきます。

だから前述のおばあさんも、「今自分は、お豆腐に反応している」と心に唱えるといいのでしょう。息子たちも「今、月に反応している」と唱えると、怖さがなくなったはずですが、そのとはまだ小さすぎてできなかったかな。私も若くてこういう方法知らなかったし。

いずれにせよ、「反応しない練習」を日ごろするように心がけると、あらゆる悩みが消えていくといいます(草薙龍瞬著『反応しない練習』おススメです)。

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」
詳細とお求めはこちらから:

愛と幸せのブループリント

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」
詳細とお求めはこちらから:

過去と前世を癒すダリアの花たち

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」
詳細とお求めはこちらから:

レムリアの薔薇

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とは
いっさい関係ありません。
また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでも
ありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。
著者に許可なく他への転載を禁じます。

☆彼岸花の祈り&『大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ』

こんにちは。ほおじろえいいちです。

関東地方は台風15号による暴風雨や停電などでたいへんだったようです。東京や千葉などにお住いの読者の方々、大丈夫でしたか?

さて、そろそろ秋分(秋のお彼岸)ですね。北の方ではマンジュシャゲ(彼岸花)が咲き始めたのではないでしょうか。

マンジュシャゲは、サンスクリット語ではマンジュシャカ(manjusaka)といい、天上に咲くといわれる花で、見る者の悪業を払うという言い伝えがあります。またおめでたいことが起こる先触れとして、天から降ってくるとも言われています。

業とは、結局は自分の人生をつくるおおもとの原因であり、自分の周囲で起こる様々なことに対して、自分の心が独特の反応をするように働く作用(力)のことです。

この作用の結果、人生が幸せではない方向に進んでしまうものが、「悪業」です。

反対に、人生が幸せな方向に進ませるものは、「善業」といいます。

マンジュシャゲは、以前エネルギー・フラワー・フォトにしたことがあります。ちょうど秋分の日の頃、天と地を、あるいは悟った人たちの魂が安らぐ清らかな世界と、私たちが住む現実界(娑婆世界)をつなぐほどの、たぐいまれなる幸運なエネルギーを発する花であると確信したからです。

今度はもっと積極的に、以下のような祈りを込めたフォトン・フォトとして、ご提供することにしました。お求めになる方々にこれらの祈りが成就することを願って。

このフォトに封入している祈り
・「悪業」が消えてしまいますように
・「善業」が増えていきますように
・幸運な出来事が自然に起こるようになりますように
・家族をニュートラルによく理解できますように
・よい人間関係に恵まれますように
・良縁に恵まれますように
・大いなる存在(ブッダ、観音様など)と強くつながり、守られますように
・幸せな変容を進めることができますように

※祈りのフラワーフォト「彼岸花の祈り」詳細はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/info/11231/

ところで、最近家族の在り方についていろいろと考えることが多く、『大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ』という本を読みました。草薙龍瞬というお坊さんが書いた本です。

輪廻や前世のカルマといった“物語”に頼らずとも、現実の苦悩は解決できるとして、その解決法を丁寧に解説してあります。

たとえば「怒り」は悪業の1つですが、この業を解決するには、まずなぜ怒りの業を抱えて生きるようになったのかを自分自身で知ることから始めるとよいというのです。

生まれた最初からあなたに怒りがあったわけではないことに注意してください。育っていく中で、怒りを募らせ、その怒りが記憶や感情として心に刻まれた。つまり心に残ってしまうくらいに強く反応してしまった(仏教ではこういう現象を「結生(けっしょう)といいます」のがよくなかったのです。

自分の反応があり、それが結生し、執着が生まれたとき、悪業として結実するというわけ。

ではどうしたらいいのか? この過程をつぶさに知り、理解するということです。理解できたらやがてこの業に支配されなくなるというのですね。

また家族の基本は「ニュートラル」だと言います。親子関係も、夫婦関係も、お互いに「快」でもなく「不快」でもない、何の感情もわかない状態でいることが基本。この心がけは、ブッダが教える最高の智慧の1つだと…。

「えっ、ウソ~」と思わず口にしてしまう人もいるでしょうね。そんな方はぜひ一度この本読んでみてください。きっと勉強になる(目からうろこ)と思います。

ブッダは現在も高い霊界に存在して、私たちが苦しみから救われるようにと、いろいろとサポートをしてくれています。ありがたいことに、私にもいろいろとメッセージを送ってくれます。

『大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ』を読み終えたとき、なぜブッダが私に「愛と幸せのブループリント」をつくったらどうかと勧めてくれたかがわかりました。長くなるので詳しくは後の機会に。

※生き方に自信がついてくる「愛と幸せのブループリント」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/blueprint/

※ヒーリングパワーがスゴイ「過去と前世を癒すダリアの花たち」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/dahliahealing/

※願望成就の決定版「レムリアの薔薇」
詳細とお求めはこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/lemuria/

文責:ほおじろえいいち

※このメルマガは、いかなる宗教団体、信仰組織の活動とはいっさい関係ありません。
また、いかなる信仰や依存を生み出す意図をもつものでもありません。

※上記の文章の著作権はほおじろえいいちが保有しています。
著者に許可なく他への転載を禁じます。

☆心癖とは脳の反応システムの傾向ともいえます

goodbye 暑き(熱き)夏よ! 我が命の営みを次世代へつなぐ果托(裏庭の桜蓮)

考え方の癖は人によってまちまちですが、たとえばいつも批判的にとらえる、よいことなのにいつもネガティブに考えてしまう、悲観的な結論をすぐに出してしまう、イエスかノーのどちらかしかない、すぐにレッテルを貼る、深読みしすぎる、いつも自分がストレスになる方向で考えてしまうなど、様々です。

これらは脳の反応システムといってもいいのですが、感情面からいうと、たとえばなにか言われるとすぐ怒る、悲しい記憶に結び付けて前に進むことができないようになるなども、その人独自の脳の反応システムです。

ではなぜその人独自の好ましくない脳の反応システムをもっているのでしょう。

前生からの魂の記憶からきている場合もあるでしょう。また、今までの人生でさまざまな人と付き合っているうちに、他人の人格の一部が自分の性格の一部となってしまっていることもあります。これは、結構多いのです。故船井幸雄先生は、よく運の良い人と付き合いなさい、ポジティブな人と友達になりなさいとお話されていましたが、理由は同じですね。友人関係や仕事関係でお付き合いするうちに、性格的に影響を与え合うものなのです。

ではなぜ、考え方の癖や好ましくない脳の反応システムをよい方へ変えたほうがいいのでしょうか。実にこれらのものが、わたしたちの運を悪くしているからです。好ましくない脳の反応システムのために、好ましくない反応をして、自ら運を悪くしていることが多いのです。

たとえば、恋人同士の彼と彼女がいたとしましょう。毎週末にはデートしていたのですが、彼の仕事が急に忙しくなって、物理的にほとんどメールもできないくらい忙しくなった。この時、彼女の脳の反応システムが好ましくなかったら、もう私のこと好きじゃないのかしらと思ったり、無理をいって彼にデートに誘ったり、メールを頻繁に送りすぎたりして、彼が感情を害してしまうかもしれません。こんな女性とは思わなかった。もう付き合いたくないなあ…。付き合っていたらやがて彼と一緒の幸せな人生が送れるのに、残念です。彼女は自分で自分の運を悪くしているのですね。

反対に、脳の反応システムが好ましかったらどうでしょう。忙しい彼の体をいたわったメールをそうっと出したり、返事が不要な「頑張ってね~、でも無理はしないでね~(*^_^*)」などのメールを出して、今の彼の状況を理解し、共感しようとします。そうすると、彼はとても癒されるので彼女のことが忘れられなくなり、やがてそんな彼女と幸せな人生を一緒に歩み始めることになります。

なんと彼女は(彼も)運がいいのでしょう。しかし、実際は彼女が自然に自分で自分の運をよくしているのですね。このように、人生は脳の反応システムによって、大きく左右されるのです。

たぶん多くの人が、運はどこか自分の知らないところでなんとなく決まっているとか、天の神様の采配なのでどうしようもないというように感じているかもしれません。カルマがからんでいるので、ある程度そういうこともあるでしょうが、実際は自分が自分で運を悪くしていることも多いもの。その原因の多くが脳の好ましくない反応システムなのです。(2019年9月3日のメルマガより)

※特別号 <開花ムービー>発売のお知らせ 2019年8月21日メルマガより

今日は特別号をお届けします。「開花ムービー」のダウンロード販売開始のお知らせです。今までにないまったく新しい試みですが、このムービーが読者の方々の日々の生活にお役に立ち、幸せな変容が進むことを願っています。

開花ムービーとは?

花が開くとき、その花に特有のエネルギーが強く放出されます。開花の様子を約1分半のムービーに凝縮し、スマホやパソコンで必要な時に再生して見ていただくものです。

たとえば仕事や日々の生活のなかで<必要な情報が欲しい時>や<インスピレーションが欲しい時>は、「ハイビスカス」の開花ムービーを再生します。

あなたのスマホやパソコンで、
「今〇〇の件で、必要な情報が見つかることを意図します」とか、「〇〇について、インスピレーションが得られることを意図します」と小さな声でつぶやきながら…。

そうすると、ハイビスカスは宇宙やアカシックレコードにある情報をキャッチするアンテナとなって、すぐにその場で、あるいはその後まもなくこの意図が実現するはずです。

またたとえば<自分をほめたい時>や<自分を認めたい時>などには、「勲章菊」の開花ムービーを再生します。

あなたのスマホやパソコンで、「〇〇の件では、よくやった!」とか、「〇〇について、これ以上できないほどよくやったよ!」と小さな声でつぶやくといいでしょう。

そうすると、勲章菊が自分に贈る勲章になります。自分自身を認め、あるがままの自分を愛してねぎらうことはとても大切です。次に進む勇気が出てくるでしょうから。

詳細とダウンロードはこちら:

ほおじろえいいち公式ムービーショップ

■変容のほほ笑みDVD「愛と幸せのブループリント」について

ブループリントとは、今生に私たちが生まれてくる直前に過去生の経験を積み重ねてきた結果、今度はどのように生きるかを決めて、魂のなかに自分で書き込んだ人生の設計図のことです。そして、その通りに今世を生きると、人生は愛と幸せに満ちたものになるというものです。

このDVDは、あなたが自分で書いたブループリントの内容を知り、そのブループリントの通りに生きることができるようにサポ
ートするエネルギーを発するようにつくられたものです。また、レムリアンヒーリング?による遠隔ヒーリングを応用したものでもあります。

このDVDで多くの人がブループリントに気づき、幸せな変容が大きく進むことを願っています。

※詳細とお求めはこちらから:

愛と幸せのブループリント

文責:ほおじろえいいち

☆さて、あなたのブループリントは? 8月13日のメルマガより

ブループリントとは、いったい何でしょう。それは、この世に生まれてくる時に、前の人生で経験したことに基づき、今度の人生ではこう生きたいと強く願って描いた、今世の人生の設計図です。

それは旅の計画書に似ています。あなたがお盆休みにフランスに出かけることにしたとします。何日間パリに滞在するのか、どこのホテルに泊まるのか、どこの観光地に行くのか(たとえばモネの庭、モンサンミッシェルなど)、誰と行くのか等々の計画を立てますね。

同じように今度の人生ではどう生きるのか。それを時には詳細に計画し、魂に記憶させます。その計画書が、ブループリントです。

私はこの5月に自転車の自損事故で骨折、手術のため緊急入院しました。検査で日頃筋骨を強くする栄養と運動が足りなかったことが原因の1つとわかり、入院中考えました。病院の窓から見えるテニスコート。そこで朝早くからテニスする人たちの姿を見て、今度生まれてくる時はあの人たちのようにスポーツする人生を送りたいなあと。そして、こういうふうにブループリントは書かれるのだなあと。

2012年に動画詩集~瞑想・幸せの記憶~という作品をつくり、YouTubeにアップしました。どこまでも透き通った青い空、綺麗な白い雲、そして気持ちの良いそよ風。一度ご覧になっている方も、どうぞもう一度見てみてくださいね。

http://a06.hm-f.jp/cc.php?t=M683822&c=9&d=7ed5

そして、このような世界で自分自身が、そして、あなたのような魂の友人たちと一緒に癒されることは、おそらく私のブループリントの1つなのだと思います。だからこそ、私は今のような仕事をしているのだと思います。

自分のなかにある愛と幸せに満ちた記憶。それは誰にでも絶対にあります。いそがしい日常生活のなかで、私たちは怒り、不安、怖れなどといった感情や不必要な思考に支配されると、つい、この幸せの記憶を忘れてしまいますね。

そうすると、今までの人生で何度も起こった不愉快な経験や失敗と感じる出来事を繰り返してしまうものです。

愛と幸せに満ちた記憶をしっかりと思い出し、それを心の中心に置き、さらにほほ笑みをもって、今の幸せや充実感を上書きしていく。そういうことができたら人生が本当に変わってくると思います。

この愛と幸せに満ちた記憶は、私たちのブループリントと大いに関係があると、私は考えています。

幼いころ、あるいは過去において、やっていてとても楽しかったこと、充実していると感じたこと、あるいは生活するため(生きていくため)あきらめた夢や願いも、自分のブループリントを理解する手掛かりとなるでしょう。

ブループリントには、他人が見たらなんとたいへんで苦労に満ちた人生だろうと感じられるものもあります。本人さえ、自分は、なんという艱難辛苦の人生を生きているのだろうと思うこともあります。

しかし、それはたいていが自分で書いたブループリントのようですね。あえて自分でそういう人生の設計図を描き、それを乗り越えていくことを計画してきた可能性が強いです。つまり、その艱難辛苦は乗り越えられるわけです。

さて、あなたのブループリントは?