ほおじろえいいちのエッセイ

☆仏生山公園で私を迎えてくれたダリア

アネモネ新年1月号発売中です。私の巻頭エッセイは、ピンクのダリア「あなたの活動をサポートし、自信を与えてあげましょう」。ぜひ手に取ってエネルギーを感じてみてくださいね。
個人的に面白いと思った記事は、ロズ・ティレーさんの、「宇宙と地球をつないで愛を循環させる ランドヒーリング」です。

 

☆一宮(いちのみや)の田村神社に祀られている龍神と弁財天

一昨日、一宮(いちのみや)の田村神社というところに行ってみました。讃岐の国でいちばん格式が高い神社というので。

まっすぐな参道に足を踏み入れた途端、すごい霊気を感じました。エネルギーが素晴らしいです。

倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)という美しい女神様など5柱の神様が祀られているというのですが、それは社殿が建てられた後のことで、古くから祀られていたのは水の神様、龍神だそうです。

奥殿の床下には「定水井」と呼ばれる深淵があって、真夏でも冷たい空気が流れている「底なしの深淵」で、決して覗いてはいけないと伝えられています。龍がそこに住んでいるからなのだそうです。

社殿の前にその龍神の立派な像が安置されており、なんと如意宝珠をつかんだ足の周りに大判小判がいっぱい。こんな龍神見たことありません。すごい金運が授かりそうなので、写真に撮ってきました。皆さんもぜひお願いしてみてください(金龍さまのフォトをお求めいただいている方は龍神に縁が深いので、とくにお願いが叶いやすいかも)。

その右横に美形の弁才天様がいました。夫婦和合を願う人や芸能・芸術運をもっと伸ばしたい人にもありがたい存在と思いますので、あわせてご紹介します。お願いしてみるといいかもしれませんね。

神さまや天の存在たちは私たちを助けたいといつも思っているので、お願いをすることが大切です。神様たちは私たちに勝手に手を貸しても迷惑と思う人もいるので、遠慮しているらしいですよ。

☆切り花でも なお すごいエネルギーを発しているダリアたち

高松クレーターというのがあります。たまたま行ってみた仏生山公園が、ちょうどこのクレーターの真上にあったので知りました。クレーターとは一般に隕石などが衝突してできたお椀型にへこんだ地形をいいますね。月にもたくさんあります。

高松クレーターは仏生山公園を中心に直径4キロ、地下千数百メートルにわたって存在するもので、このあたりの重力を測定したところ値がすこし高くなっている(15~20ミリgalくらい高い)ことがきっかけとなり、調査を進めて分かったと言います。

このクレーターがどうしてできたかについては2つの説があり、1つは1400万年~1200万年前に火山が噴火したことによるという説(火山のカルデラ跡説)。もう1つは1530万年前に巨大な隕石が衝突してできたというもの(隕石衝突孔説)。後者は映画「君の名は。」を連想させファンタジックな気分になりますが、どうやら物証が不十分なので、火山のカルデラ跡説が今は正しいとされているようです。

さて、この高松クレーターの地のほぼ真ん中にダリア園があって、ダリアの花たちが今まで見たことのないようなすがすがしさと華麗さを誇りながら咲いていたではありませんか! クレーターに咲いているからなのか、管理している人たちの愛情が深いからなのか、発するエネルギーが今まで関東圏内の植物園で見たダリアたちにはないものを含んでいると感じられます。おそらくダリアのDNAのなかにある秘密のコードがオンになっているのでしょう。

11月4日にも行ってみたのですが(3回目です)、イベントで、ダリアの切り花を希望者にプレゼントしていました。切り花となっても、きちんと栄養液につけてあげると、長持ちするので、たくさんの人たちが並んでもらっていましたね。この写真はその切り花たちです。

皆さん、何か感じませんか? この花たち、切り花でもなお、太陽の光を吸収しながら素晴らしいエネルギーに変換してまぶしく周囲に発散し続けているということを。そのエネルギーを受けて私は心の底から幸せな気持ちになったのでした。クレーターに咲くダリアたちを用いて、本格的な作品をつくってみたいと思い始めています。

☆枯れてなお素晴らしいエネルギーを発するハス

昨日、久しぶりに栗林公園に行きました。イノシシが出るからと、お気に入りの道は通行禁止になっていたので、ちょっと迂回してハス池に向かいました。

秋なのでハスの葉も大半が枯れていますが、池に近づくにつれ、素晴らしいエネルギーが。半端ないです。さらに近づき、枯れかかった葉っぱやハチの巣のような部分(果托)がそよ風に揺られる様子を見ました。すると、ハスたちが発する圧倒的なエネルギーに打たれ、私は感動して、思わず涙を流してしまいました。

ハスという植物は花が終わり、実を結び、葉っぱが枯れても、素晴らしいエネルギーを発しているのです。ブッダが弟子たちにハスの花を手に掲げて説法しただけのことがありますね。

私も年を取り、身体が衰えてきて、歩くこともままならなくなったとしても、このハスのように素晴らしいエネルギーを皆様に提供し続けたいと、心の底からそう思います。

☆自分自身を愛してあげられていない人、けっこう多いです

最近、私たちの遠隔ヒーリングをお受けになる方が増えてきましたが、ヒーリングを重ねていくうちに、自分自身を充分に愛してあげられていない人が多いことがわかってきました。

たとえば自分なんてこんなものという感じで、自己評価が低い。だからうまくいかなくて当然。自分は良くないカルマや心の底にブロックを持っているから、それで思うようにいかなくて当然といった具合ですね。

私から見ると、ご本人たちが気づいていない素晴らしい能力や可能性がこんなにたくさんあるのに、もったいないなあと思うのです(誰でも今の自分よりもっと素敵な人生を歩むという並行現実を持っているのになあ、と)。

良くないカルマや心にブロックを持っていても、それが自分だとまず認めて、そういう自分を愛してあげることが大切です。

そうならざるを得なかったのにはそれなりの理由があったのだから、仕方がなかったのです。誰だってそれなりの理由があったら、同じようになります。それが自然の法則というもの。

その先の運命(?)を分けるのは、どんなに至らない自分だと思っても、まずそれを認め、そうなってしまった自分を許し、愛してあげることができるかどうかだと、私は思うのです。

自己愛におぼれるということではありません。自分がこの世に生まれて来たこと、生きていること、その事実に感謝しつつ、自分の「生」を愛してあげるということですね。

それを進めるには、自分がしていて楽しいと感じること、魂が喜んでいるなあと感じることを、もっと積極的にするのがいいと思います。

不思議なもので、自分を愛することができると、人もさらに愛することができて、人からももっと愛されるようになって、ものごとがうまくいくようになります。

そして今まで気づいていなかった能力に目覚めたり、新しい人生が始まったりして、幸せな変容が進んで行きます。

ほんとうですよ。

※祈りのDVD「自分自身に向ける愛と癒し」 おススメです!
http://www.eiichihojiro.jp/shanti/

2018年10月12日メルマガより

☆マンジュシャゲ賛歌

品名「マンジュシャゲ2018」

朝食後近くの川岸の土手に行ってみると、赤々と咲き誇るマンジュシャゲが。今日もラッキーな一日が始まりました。


キアゲハが花の中に潜り込んで蜜を吸っています。遺伝子が3倍体なので決して種はできないのに、密を出して蝶に与えている。花を咲かせるのは自分のためではなく、蝶(他者)のため?


夕方近く川辺の反対側に行き、そこに咲いていたマンジュシャゲを撮影。夕日と、夕日を映す川の水を背景にして。

その4日前、もうすこし上流で発見したピンクのマンジュシャゲ。構図を取るのがちょっと難しい。愛に関する幸運のシンクロニシティが起こりやすくなるようだ。

ピンクのマンジュシャゲ

☆栗林(りつりん)公園にて

本日午後4時ごろから1時間ほど近くの栗林公園を散策しました。ハスの池に近づくと特有の素晴らしい香り。花はもう終わり、葉っぱも枯れ始めているとはいえ、ハスという植物はすごいです。いつまでも素敵な香りとエネルギーを出しているのですね。

秋分なので、曼殊沙華(ヒガンバナ)もあるだろうと思っていると、やはりちらほら咲いていました。この花もおもしろいもので、秋分が近づくと突然花芽が出てきて花を咲かせます。そして1週間くらいで花が終わると、今度は葉っぱが出てきます。

フジ棚があり、狂い咲きとは言えないそうですが、ひと房の綺麗なフジの花が咲いていました。ふつうは4月後半に咲きます。


青空に白い雲。何か素晴らしい気配を感じて見上げると、雲が可愛らしい龍神の形になっています。いいですね。やはりこの公園、全体がパワースポットです。

☆蓮の田んぼに「苦悩が濃いほど人生は大きく花開く」だって

昨晩自宅近くを散歩していて発見しました。読んでちょっと感動! たしかに苦悩が濃いほど、その後の人生は大きく花開くのだと思います。過去がフラッシュバックして、苦しいことがたくさんあったなあって。目にすこし涙が。人生これからが本番、本当の自分を出せる。頑張ろうって思えます。これって蓮のエネルギーの効果だね。きっと。

昨晩はカメラを持っていなかったので、撮影できなかったので、今日少し気温が下がってきた夕方6時ごろふたたび行って、撮影しました。道路わきにたくさん蓮の葉が茂っています。まわりは田んぼなので、ここだけ蓮のために空けている感じ。こんなことをするこの田んぼの持ち主、すごい人だと思う。

ここに移住してきて、よかったなあ。もしかすると、ここは私の魂の故郷かも。東京にいたとき外を散歩していて、いったい自分はどうしてここを歩いているんだろうと思ってばかりいたのに、ここに来て、そういう思いはひとかけらもないのです。

まだ花のつぼみは立ちあがっていませんが、さてどんな花が咲き誇るのか? これからが楽しみです。