ほおじろえいいちのエッセイ

☆地球上で初めて咲いた花は、いったい何だったのだろう

さすがに5月になると、外を歩いているといろいろな花を見かけます。そういった花を見ながら、こんなことを考えました。

地球上で初めて咲いた花は、いったい何だったのだろう。どんな大きさで、何色だったのだろう。それは地球上のあちらこちらでいっせいに咲き始めたのか、それとも年月の経過とともに新しい花が増えていったのか?

人類が初めて花の美しさに心を打たれたのは、いつ頃のことだったのだろう。

水没したとされるレムリアやムー大陸にも、すでにたくさんの花が咲き誇っていたというから、人類が誕生する以前から花は咲いていたに違いない。

レムリアには青いバラが咲いていたといわれ、レムリアンヒーリングの女神アローラはいつも赤いバラと一緒です。青いバラは現在、自然が生み出した花としては存在せず、遺伝子組み換え技術によって最近生まれたものがありますね。古代レムリア文明でも、遺伝子組み換え技術でつくりだしていたのかな?

花は私たちの心を癒してくれます。しかし、花に心を動かされない人たちも現代には増えてきていることを感じます。たぶんそういう人たちは、花は単なる物質でしかないのでしょう。知らないうちに唯物主義に染まってしまっているのかもしれないですね。

たとえば真っ赤なバラは恋人に愛の気持ちを伝えるための単なる道具。カーネーションは母親に日ごろの感謝を伝えるツール。もしあなたがそう思っているのだとしたら、花たちはとても残念がっていることでしょう。

花たちは生きていて、呼吸していて、エネルギーを発していて、あなたに何かを語りかけている存在です。精霊さえ宿っているものがありますね。

私は還暦を過ぎたころから花たちの語りかけてくる内容がわかるようになりました。また発するエネルギーの効能がわかるようになりました。さらに花の精霊が見えたりするようになりました。

ダリア園に行ってさんざん撮影して、ダリアたちと対話をして帰ってきた晩、就寝しようとすると、心の視界に美しいダリアの精霊が見えたのです。クレアボヤンスという現象ですね。

いつも言いますが、地球のエネルギーが上昇した今、愛と怖れが極端に交錯し、私たちが幸せに暮らしていくために、花たちの果たす役割は大きくなりました。どうかそういう目で、道端や庭に咲く花を見つめてください。

今月になって、アマリリスの花をよく見かけます。実は私の家のリビングでも、今レッドライオンというアマリリスが咲いています。3年くらい前に球根を手に入れて育ててきたものです。エネルギー・フラワー・フォトにもしましたが、今年も2018年タッチで、撮影してみました(上の写真)。

アマリリスには、ヒガンバナ科球根植物に独特の強いグラウンディング・パワーがあります。またロウアーチャクラ(第1、第2チャクラ)を活性化するパワーがあります。とくにわずかにオレンジ色がかった赤い花を咲かせるレッドライオンという種は、第1チャクラと第2チャクラを活性化するパワーが強いですね。(2018年5月15日のメルマガより)

 

☆エンパス度チェックテスト

エンパスという言葉をご存知でしょうか。これは、他人の感情を自分の感情のように感じる能力のことです。また、エンパス度の強い人をエンパシーとも言います。

人の感情や思考、ムードなどに影響を受けやすい人たちのことですね。花で例えると、そばに赤い花が来ると自分も赤い花のように発色し、青い花が近づくと自分も青く発色する特殊な花ということになります。

日本人にはエンパシーが多いともいわれますが、おそらく小さい子供の時から、親や周りの人たちの感情やムードに影響を受けやすい性質を持っていたのでしょう。

エンパシーは人の気持ちがよくわかるとか、繊細な感性を生かした優れた芸術的才能などがあるという良い面があります。しかし反面、人の気持ちを大事にし過ぎて、自分を失いがちなところもありますので、よく自覚し、日ごろから対策をしておくことが必要でしょう。

今回私はエンパス度チェックテストなるものを考えてみました。以下の項目で、自分は当てはまるものはいくつあるかチェックしてみませんか? 自分はそうだ、あるいはどちらかと言えばそうだなと思う番号に〇をしてみてください。

■エンパス度チェックテスト

1. 近くにいる人の体調が悪いと、自分も何となく体がだるくなることがよくある。あるいはその人が痛いというところが同じように痛くなったり、違和感を覚えたりする。

2. 人と話しているとき、相手の話が終わらないのに、その人の言いたいことがすぐにわかってしまう。

3. 相手が嘘をついているかどうかすぐにわかる。

4. 人と話をしているうちに、相手の気持ちがわかりすぎて自分を見失い、自分が何を話しているのかわからなくなることがよくある。

5. 人から相談を受けることが多い。人から話を聞いてもらいたがる。

6. 人の相談にのったり、話を聞いてあげた後、疲れることが多い。

7. 新聞などで悲しい記事を読むと涙が出て、半分泣いてしまような状態によくなる。

8. 暗い映画を見た後、自分も暗い気持ちになり、回復するのに時間がかかる。

9. 電磁波や土地の悪いエネルギーに敏感。

10. お話しする相手によって、気分がとても違う。

11. 音や光に敏感で、明るかったりすこしの音でもよく眠れなくなる。

12. こういったら相手が傷つくかもしれないと気を使い過ぎて、言いたいことも言えなくなることがよくある。

いかがでしたか? 私の感覚では6~9項目に〇がついた人は、エンパシーである可能性がかなり強いと思います。10~12項目に〇なら、確実にエンパシーですね。

※祈りのDVD「自分自身への愛と癒し」は、エンパス体質の人にとても効果があります。

詳細とご注文はこちらから:
http://www.eiichihojiro.jp/shanti/

☆アネモネ2番花は薄紫でした


昨日か一昨日でした。蕾が開いたのは。今日になって花も少し大きくなり、日光を受け、春が来たことを告げていますね。人生の春。右後ろの黄色は、ミニスイセンです。

☆今年はもうアネモネの一番花が咲きました!

冬の寒さに当たらないと綺麗な花を咲かせないアネモネ。3年前、部屋の中で育ててみたら、芽がはやく出るけど、ひょろひょろっとしていて、花は咲かせず、やがて枯れてしまいました。そこで2年前の秋から球根を庭に植え育てています。今年の冬は霜柱が立つほど寒かったのに、3日前からポカポカ陽気なので、よい条件が全部そろったのでしょう。これ、「ニューガイア」にも登場しているアネモネです。

☆河津桜もけっこういいね

この木の下に行くと、ほんのりとしたいい香りがします。なんだか幸せな気分になりますね。もしかすると、この香り成分は、脳内の幸せホルモン分泌を誘うのかもしれません。野生化したオウムが来て、花の根元に溜まった密を食べていました。

ご希望の方にはエネルギー・フラワー・フォトをおつくりします。

追記:河津桜は私の感覚から言うとソメイヨシノ(フォトの「サクラ」)のエネルギーもそこそこありますが、リラックス効果が強いです。イライラしたりした時など、この花のエネルギーはそのネガティブな感情をうまく消してくれるでしょう。幸せな気持ちに置き換えることも可能かもしれませんね。そういう生理的な作用があると思います。

ご購入を希望される方は、いま新たなページをつくる時間がないので「サクラ」のページから「河津桜希望」とコメントの上、お申し込みください。
http://www.eiichihojiro.jp/energyphotos/flowers-2/sakura/

☆沙羅双樹の樹とブッダの次元上昇

今年も亀田勝好氏から年賀メールが来ました。大学時代に彼と私ともう一人の学友とで、「タキオン」という同人をつくり、芸術活動をした仲間です。卒業後はそれぞれ別の道を進み、なぜか交友は途絶えていたのですが、青春時代に互いに影響しあった仲で、その経験は今でも私の心のなかの宝物になっています。

その年賀メールにはたった1枚の彼の作品が添付されていました。ジクレー(電子版画)というのだそうです。ファイルを開いてみると、抽象絵画のようではあるのですが、非常に変わった作品です。大学時代もそうでしたが、ものすごく個性的。でも私はすごく気に入ったので、返信メールでその旨伝えると、次に「paired sal trees(沙羅双樹)」(下図)という作品を教えてくれました。

さっそく彼のホームページ(Space Landscape Gallery)に載っているその作品を見てみると、なぜか私の全身に鳥肌が立ったのです。理由のわからない感動が私を襲っていました。

その後のメールのやり取りで分かったのは、今この作品はドイツの地方都市で期間限定の展示中で、他の作品も含めて近くベルリンのジャパンフェスティバルに出品予定なのだそう。また現在ドイツで展示中のこの作品はサインの入ったもののコピーが販売もされているというのです。

昨日はこの作品を眺めながらいろいろなことを思いめぐらしました。

ブッダは2500年前80歳で入滅しました。役割を終え、宿っていた肉体を去って、完全成仏した(涅槃に入った)と伝えられていること。

ネットで検索して京都・東福寺の涅槃図を見つけ、見ていると、その涅槃図には、横たわるブッダの四方に沙羅の木が2本ずつ(なので沙羅双樹といわれる)計8本、摩耶夫人が天から投げたとされる薬の袋、さらには弟子たちや見守る人々、動物たちが描かれている…。

沙羅の樹は、ブッダが亡くなると同時に、季節外れの花を咲かせたり、すぐに散ってはその花びらでブッダの遺体を覆ったと伝えられている…。

そして10年くらい前ブライアン・ワイス博士の退行瞑想をやってみたときのことを思い出したのです。その時、私はこの涅槃図に描かれている弟子の1人のように、その場にいた映像が見えたのでした。そう、たぶん私はブッダの愛弟子の1人で、ブッダ入滅の時、その場にいたことは間違いなさそうです。

ブッダ入滅のその場面を、こともあろうに旧友の亀田氏が現代流に映像化した作品をお正月に教えてくれるとは、なんというシンクロニシティ!

そして私はあらためて思ったのです。ブッダ入滅とは、完全なる次元上昇だったのだと。
ブッダは菩提樹(ヒッパラ樹)のもとで瞑想してついにすべての迷いや煩悩を断ち切り悟りを開いたといわれます。これは肉体を持ったまま究極の次元上昇をしたともいえるのではないか。

そして完全なる次元上昇とは、霊体となって5次元、あるいは6次元といってもいい世界に上昇するということ。そしてその世界から、地球世界や私たちを見守り救いのエネルギーを放ち始めるということではないか…。

亀田氏のこの作品からはとても良い次元上昇的な、あるいはブッダとつながるようなエネルギーが出ています。後日彼の直筆サイン入りのジクレーとして譲っていただけるというので、私は今とてもうれしがっています。

ドイツ展示の説明:いま、まさに沙羅樹の間から釈迦は入滅し、満開の沙羅樹は枯れていくのだった。
(英訳)Now, surely, the Buddha deceased from among of the sal trees and the full-blown sal trees died.

このブログを読んで、by 亀田氏

「実は、この作品はつくっているときは今の画題にあるようなイメージは全くありませんでした。
しかし、画題をつけるときになぜかブッダと花がうかびました。ひとも花も描いた意識はないのにです。
ブッダと花をキーワードで検索してみて初めて沙羅双樹だと気づいたのです。不思議ですね。
ある画家が言うには天から突如イメージが降りてくるのだそうです。そしてその後同じイメージの絵は二度と描けないのだそうです。たとえ描けても最初の絵ほど迫力がない。言葉はあとからついて来る。
私は学生のときから言葉からイメージをつくる訓練を続けてきましたが、一部修正を迫られそうです。」

亀田 勝好(かめだ かつよし)氏略歴

昭和23年東京生まれ
埼玉大学建設基礎工学科卒業
日本通運の物流機関・日通総合研究所主任研究員
東京工業大学特任教授などを歴任 在職中は物流・ロジステイクス計画を専門
60歳で退職、直ちに絵画制作を開始
以降 作品を space-landscape-gallery に発表し続けている。

Web : http://www.space-landscape-gallery.com

☆私は「次元上昇」をこう考えます 2017年12月1日のメルマガより


庭で咲く黄色いダリアの横顔(2017年12月1日撮影)

あなたもきっと次元上昇した愛のエネルギーを出してくれているのですね。

 

最近私はますます地球全体が次元上昇しているのだなあと感じています。それは確信に近い感覚です。次元上昇を「シフト」といってもいいでしょう。それはとてつもなく大きなシフトです。

その地球上で暮らす私たちは、当然ながらたいへん大きな影響を受けているようです。たとえば時間感覚の変化があります。あなたは時間のスピードが速くなったと感じてはいないでしょうか。身体に異常はないのに睡眠時間帯が変化したり、頻繁に耳鳴りがするとかいうことを経験してはいませんでしょうか。

情報技術が加速度的に発達し、多くの人たちが同時に情報を共有できるようになりました。それにより、企業や政府が真実を隠蔽できなくなってきましたね。そして世界各地で頻発する異常気象、地震、津波、火山噴火…。

そして私の自動手記によるメッセージにあった「一種のヒーリングクライシスのような現象」と「怖れと、愛の、極端な交錯」です。

どうやらこれらのことは、ほんとうに地球の次元上昇によることのようです。

そして次元上昇とは、結局のところ大気圏を含む地球全体のエネルギー周波数の変化(強化と上昇)というに尽きると、私は考えます。

シューマン共振というのがありますが、ご存知でしょうか。これは地球の大気圏の振動で、7.83ヘルツ、14.1ヘルツ、20.3ヘルツのものが実際に観測できるのですが、7.83と14.1ヘルツの波動は私たちがリラックスしていたり瞑想していたりすると脳に出現するアルファ波と同じ周波数帯にあります。

そういう波動が強くなっていると、その波動に共鳴しやすい人はそれだけでヒーリングを受けていることにもなり、心や身体の状態がよくなる過程で、場合によってはネガティブなものが出ていくときヒーリングクライシスのようなことが起こるのかもしれません。

また地球大気におけるこの周波数帯の波動の強化は、私たちに無償の愛、感謝、共感などの高まりや深まり、さらに幸せな変容をもたらすのではないでしょうか。変容のほほ笑みDVD「ニューガイア~新生地球の愛~」は、ここにリンクしているのだと思います。

一方で2014年11月にロシアで24ヘルツに上昇したシューマン共振の波動が観測されたという報告もあります。この周波数は人間の脳でいうと興奮状態に出現するベータ波ですね。それで、私たちに「怖れ」や「恐怖」、「興奮状態」をもたらすのかもしれません。

だから各地でテロや悲惨な事件が頻発したり、政治的な対立が激化しやすくなってしまったのかも…。

次元上昇するのは、地球ばかりではなく、私たち自身においてもですね。3次元の世界から4次元、5次元といわれる世界に上昇し、そういうところに住むようになるともいわれますが、これを言葉どおり解釈すると理解がむずかしくなると私は思います。

科学や数学の世界で意味する4次元、5次元ではなく、私たちの心・魂・意識や身体などを含む存在の活動や能力などが今までになく幸せの方向に広がっていくことを意味すると、私は考えます。

さらに真実の愛(無償の愛)に目覚め、感謝や共感する能力が飛躍的に高まり、今までは決して感じることのできなかったものを魂の底から理解できるようになることと…。

また、たとえば次元上昇することで、今まで自分にはなかったサイキックメディアムとしての能力に目覚め活用することができる。

さらに極論すると、ブッダが満月の日に生きているままニルバーナ(涅槃)に入ったときに得たという3つの知恵(宿命知、生死知、漏尽知)に近いものが得られるのではないか…。

要するに個人において次元上昇というときは、その人の「霊的進化」を意味すると、私は考えるのです。

(「ニューガイア~新生地球の愛~」は地球の波動上昇によって深まった愛のエネルギーにより強くつながり、そのエネルギーに深く浴することによって、私たちが霊的に進化するのを助けるDVDということになります。)

次元上昇を考えるとき、見落としてはならないものがもう1つあると私は思っています。それについては時期が来た時にまたこのメルマガでお伝えします。

注:サイキックメディアムとは、霊格の高い霊的特異能力者のこと。その能力等についての参考ページは「ミラクル・オブ・ロータス」のページにあります。
http://www.eiichihojiro.jp/lotus/

宿命知とは、過去の無数の生涯を見通す知恵。生死知とは、万物の輪廻転生するありさまを見通す知恵。漏尽知とは、あらゆる煩悩の断滅によって得られる真理の知恵のことです。

※「ニューガイア~新生地球の愛~」の詳細はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/newgaia/

☆もはや「ゆるし」といわれる次元(レベル)をも超えて

つい最近のことですが、私の心の深いところが大きく変わったと思いました。言葉で表現するのはちょっとむずかしいのですが、あえて書くとすると、こんなふうになるでしょうか。

むかしあった自分独特のネガティブな心の反応システムは消え去り、私に様々な影響を与えた過去のいろいろな出来事や経験の意味がとてもよくわかる。自他ともに許せなかったことはすでに許せていて、いやむしろそのこだわりが完全に消えていて、もはや「ゆるし」といわれる次元(レベル)をも超えてしまった。

そのようなことが、はっきりとわかるのです。それが理屈からではなく、魂の底から「そのとおり」と感じている。今までにない感覚です。(2017年11月28日メルマガより抜粋)

☆シュウメイギクのフォト&エネルギー封入の際に来るメッセージ

過日、誌上実験を行って、参加してくださった方々
からどう感じるか等々ご協力をいただきましたが、
ついにシュウメイギクのエネルギー・フラワー・
フォトが完成いたしました。

このフォトのテーマは「光を見出し目的や
使命に向かって前進する」です。

隠れた才能や使命を見つけたい人には
とくにおススメです。

このフォトを使うと次のような効果が期待でき
ます(当然ながら効果は人によって違いますが)。

1.ポジティブなものごと(光り、清らかさ、
純真さ)に対する感受性を高める

2.自分の秘めたる才能・能力・使命に気づかせ、
それを明るみに押し出してくれる

3.少年・少女のような純真さ・清らかさを
与えてくれる

4.新たな自分を大地にしっかりと根付かせて
くれる

実はシュウメイギクのフォト作成にはいくつか乗り
越えなければならない関門がありました。
花が小さいことによる構図の取り方、そして2枚目に
どのように聖幾何学模様を入れるかなどです。

リビングの窓際に置いた鉢植えのこの花が綺麗に
咲くたびに相当の時間をかけて多数の写真を撮り
ました。そのなかの1枚を厳選し、2枚目は1輪
だけアップして撮影したものに聖幾何学模様
(フラワー・オブ・ライフ)を入れて重ねると、
全体にうまくエネルギーが入ったのです。

このフォトが多くの方の助けになることを祈って
います。

なお、見捨てられたとか忘れられたなどという
トラウマが心の深いところにある場合は、とくに
変容のほほ笑みDVD「ニューガイア~新生地球の
愛~」と併用するとよいでしょう。

シュウメイギクのフォトについて、
詳細とご注文はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/energyphotos/flowers-2/shumeigiku/

 

■エネルギー・フラワー・フォト作成時の
メッセージについて

ご注文時にフォトに寄せる思いや願望などを
コメントらんに簡単に書いていただくと、その
人のために印刷したフォトにエネルギーを封入
する際、思いがけないメッセージが来ることが
あります。

先日も不思議なことがありました。

Yさんという女性から「シャクヤク」のフォトの
注文がありました。お誕生日プレゼントとして
76歳のお母さんに送りたいのだそうです。

どうしてかというと、お母さんの子供時代が
あまりにもかわいそうで、お母さんのご両親
(Yさんの祖父母に当たります)の愛のぬくもりを、
今からでも感じて欲しいからというのです。

Yさん、とても優しいですね。

さっそく「シャクヤク」をA3版に印刷し、
エネルギーを入れ始めると、次のようなメッセージが
あったのです。大いなる存在(この時は観音さま)
からでした。

Yさんのお母さん(Aさん)へのメッセージ:

「お父さんからとても愛されていました。
父親のサポートが足りなかったので、緋色のダリアの
エネルギーも必要です。戦後の状況もあって、
お母さんの愛情表現が少しうまくなかっただけで、
お母さんからもとても愛されていました。」

Aさんのお父さんは、Aさんが生まれて数ヵ月後、
召集令状が来て、沖縄へいかなくてはなりませんでした。
昭和17年のこと。そして、戦死してしまったのだそうです。

また、Aさんは、子供に人一倍愛情をそそいで
育てましたが、何かが欠けている印象があったそうです。
大いなる存在のメッセージで、それは父親からの愛情に
不足していたためだった…。

親の愛情は年齢に関係なく大切ということですね。

私は自分で走り書き(自動手記的)した文字列を
後で読み返しながら、共感して、すこし目頭が熱く
なってしまいました。

こういうこともあるので、フォトをご注文の時は
どうしてそのフォトが欲しいのかなど、コメントらん
に書いていただくと良いと思います。

(2017年11月21日発行のメルマガより)