ぜひお読みいただきたいブログ

新型コロナウイルスの問題に対する地球ガイアからのメッセージ

今朝、妻の泰子が、ふと「地球ガイアも意識体だから、何か伝えたいことがあるかも。新型コロナの問題について・・」と、独り言のようにいいました。

それを聞いたとたんに、私の意識がガイアとつながったかと思うと、「正しい科学的知識と技術で解決できます。正しいということが大切です」というメッセージが降りてきました。

う~ん、ということは今まで間違った知識と技術を用いてきたことが問題の根本にあるということらしい。

では、正しい科学的知識と、技術とは?

すぐに思い浮かぶんだのは、人類は天然痘を撲滅できたこと。

天然痘は、古代エジプトの時代から20世紀にいたるまで長い間人類を悩ましてきました。日本でも奈良時代頃から江戸時代に至るまで何度も天然痘が流行し、朝廷の実権を握った藤原四兄弟も天然痘の流行により相次いで亡くなっています。それで聖武天皇が奈良の大仏を建立したともいわれています。

しかし、われわれの正しい科学的知識と技術によって、20世紀後半になって根絶に成功しています

天然痘を引き起こすウイルスは、DNAウイルスです。DNAとは2重らせんを持つ遺伝子。新型コロナウイルスは、2重らせんを持たない RNAウイルス です。

RNAウイルスは一本の遺伝子で、変異しやすく、増殖しやすいという特徴があります。DNAは変異しても2重螺旋なので、変異したものは排除されやすい。

今回の新型コロナウイルスの問題、そして私たちの対処の仕方も、根拠のない悲観論や不安、あるいは根拠のない楽観論に振りまわされることなく、正しい科学的知識と技術に基づいたものでありたいものです。

☆「愛と幸せのブループリント」体験談

■「愛と幸せのブループリント」で心に刺さっていた杭のようなものが次々と消えていった 匿名希望(女性)

変容のほほ笑みDVD「愛と幸せのブループリント」を日中流しながら、軽く目を閉じると、瞼の裏に現在から過去にさかのぼる人生の一本道が現れ、その道にはたくさんの杭が突き刺さっているのが見えました。

しばらくするとそれらの杭の一本一本がフラッシュバックして、悲しかった、苦しかった、辛かった、理不尽さを感じたときの映像となりました。ところが「愛と幸せのブループリント」を見始めて2~3日後に、それら一本一本の杭が、根元からポキポキと折れて、全部なくなって消えてしまったのです。

不思議なことにそのいやな出来事は現在に近いものから順に現れ、消えていきました。それは今からさかのぼって高校生くらいまでに起こった出来事で、それから昔のことは出てきませんでした。子どもの頃は、私は幸せだったのだと思います。愛情深い両親がとてもうまく育ててくれたからだろうと、あらためて感謝いたしました。

心に刺さっていた杭のなかで最も大きかったのは、昔短大卒業後入社したばかりの会社で起こった一連の出来事によるものです。

私は営業部門に配属されたのですが、経理部門とのいざこざがまず起こったのです。昔のことなので、当時は経理の伝票などを処理・記録する電子システムがなく、会社の担当者による手作業だったのと、意図的な間違いなどもあったようで、仕入れと支出の数字が大きく違っていました。

それを入社直後の女子社員に何とか解決するようにと管理職が要求してきたのです。あまりのストレスで神経性胃炎になってしまったのですが、それでも私なりに努力し、解決策を見つけました。

その後は、良き管理職、取引先にも恵まれ順調にスキルを積み上げる日々でした。ところがその後、管理職のある方が私に理不尽な指示を急に出してきたのです。そのとき私は、人は豹変することがあるんだと、初めて知りました。

その後も、その会社でいくつも難しい理不尽なことがありましたので、入るべき会社ではなかったのかもしれません。でも大いなるものが守ってくれたのでしょう。結局私はその会社で40年余働くことになりました。いろいろありましたが管理職の方をはじめとして、同じ会社で働いていた方々に受けたご恩は私の一生の宝物、心より感謝しています。

…コメントbyほおじろえいいち…

この体験談は、この女性がサロン・レムリアにお越しになったとき「愛と幸せのブループリント」をお求めになり、その後またスタディグループでお越しになった時に、ふとお話しくださったことを、私が文章に起こし、ご本人にお読みいただき、修正してまとめたものです。

すごく不思議な体験ですが、「愛と幸せのブループリント」のエネルギーの効能には
「前世や過去に体験した負の記憶が消える」
「前世や過去に体験した負の記憶が愛と幸せの記憶に置き換わる」
というものがあります。まさにこれがストレートに出てきたのでしょう。

わかったことは、これらの負の記憶が消えるとき、いったん嫌な出来事がフラッシュバックのようによみがえることがあるということですね。

この方がお話しくださっているとき、私自身にも同じようなことが起こっていたことがわかりました。二十歳前に起こった家族関係の負の記憶が浮上して、その後2~3日で消えていったのです!

そして私は確信しました。負の記憶がフラッシュバックして消えていく現象のなかに、過去の事実を知るという現象がふくまれており、過去の事実を正確に知るのは、今後の幸せな変容を進めていくうえで、非常に大切であるということを。

☆「レムリアの薔薇」の体験談です

「レムリアの薔薇」でお金の使い方と父に対する感情がよくなった Y・Sさん(女性)

「レムリアの薔薇」のDVDを半年ほど続けて私の心に変化があったので感謝の気持ちも込めてお伝えたいと思います。

本当にささいなことです。家は築200年の古民家で、両親も家に手を加えてなかったために老朽化が進んでいます。土間の窓が割れていたり、板壁がくさってなくなって吹きさらしになっていたり、土壁、トタン壁など、色々なところが限界を迎えておりました。

私もずっと何年も見てみぬふりをしていたのです。でもこの半年の間で、ふと気がつくと自分で板を張り替え、ガラス窓をなおし、トタンを張り替えて、土壁は職人さんに直してもらいました。

あるときに、ハッと気がついたのですが、家が喜んでいるのがわかりました! そして私も古くて大嫌いな家が本当に愛おしく感じるようになっていたのです。半年の間、毎晩外にでて寝る前に家のほうを向いて、レムリアの土地の女神様に感謝を告げました。よくわからないけれど続けるだけ続けてみたのです。

それと、お金の使い方が変わりました。ものすごく現実的な話ですが、自分でも信じられないくらい無駄な買い物をしなくなりました。

特に食費は足りない、と、いつも感じていたのがやりくりして、余裕が出るようになったのです。何年も足りない、足りない、と思っていたのに。。。半年間で買いたいという欲求も薄れた気がします。

それともうひとつ。特に父親に対してですが、3年ほど、ほぼ毎月のように喧嘩していたのが、「レムリアの薔薇」をみるようになってから一度もしませんでした。とても不思議です。私自身も父に対して、今までならただ怒ったり、感情をぶつけるだけだったのに。「レムリアの薔薇」をみるようになり「ありがとう!」や、「ごめん!」など、父を思いやる言葉が先に出るようになったのです。

小さなことですが、振り返るとどれも私にとってとても大きな変化でした。なので、DVDを通してこういった機会頂いたことに本当に感謝しています。これからもDVDをみながら自分の変化を楽しみたいな、と思っています。

…コメントbyほおじろえいいち…

この体験談をメールでいただき、文章を読んでいると、Y・Sさんは感性が非常に鋭いということと、「レムリアの薔薇」がY・Sさんが幸せな変容を進めるのに必須であることがわかりました。

ふつうの人では感じられないものもはっきり感じてしまうという素晴らしい感性(感覚)をお持ちです。たとえば花が光のようなエネルギーを出しているのが見えるとか、何かを語りかけてくる言葉が聞こえるとか。自己観察力も素晴らしいものを持っていますね。

☆今年、180年に一度という金運のエネルギーがねずみ算式に増えていく

中国で古くから伝えられている暦に、九星歴と、干支歴があります。

九星歴とは、自然のエネルギーを9つの性質に集約させ、それを時間(2時間ごと)、日、年に順番に配当していったものです。

九星は具体的に次の9つで、それぞれのエネルギー的特徴は概略次のようになります。

一白水星…水のエネルギー、柔軟、順応性、人当たりの良さ、交際上図

二黒土星…土のエネルギー、田畑、平らな土地、縁の下の力持ち、母性的な温かさ優しさ

三碧木星…これから成長していく木のようなエネルギー、好奇心旺盛で活気にあふれる

四緑木星…木のエネルギーですが、すでに成長した木、社交的、人に好かれる

五黄土星…土のエネルギー、他の8つの星を従える帝王、創造と破壊のエネルギー

六白金星…鉱山から採掘されたばかりの金のようなエネルギー、正義感あふれる、几帳面

七赤金星…精錬された金のようなエネルギー、生まれつき器用、愛嬌がある、話術にたける

八白土星…どっしりとした土のエネルギー、正義感、信念を貫く力

九紫火星…火のエネルギー、感受性豊か、美的センス、直観力

これら9つの星が、年でいうと節分をさかいに逆順に配当されます。
たとえば最近の3年は次のようになります。

2018年2月4日~2019年2月3日(節分)まで…九紫火星
2019年2月4日~2020年2月3日(節分)まで…八白土星
2020年2月4日~2021年2月2日(節分)まで…七赤金星

次に干支歴について
十干と十二支を組み合わせた暦です。

十干とは、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類で、1番目、2番目、3番目と数を数えるようなエネルギーといってもいいでしょう。

十二支とは、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類で、ネズミ、ウシ、トラなど12種類の動物に当てはめた、私たちにはなじみの深いものです。あなたは何年生まれと聞かれることも多いかと思います。

この十干と十二支を組み合わせたものが干支です。60通りあります(10と12の組み合わなので120通りと思うかもしれませんが、10と12はともに偶数なので、奇数番目と偶数番目の組み合わせは発生しないため、次の60通りになります)。


https://keisan.casio.jp/exec/system/1189949688 より引用

ここでここ3年に干支がどう配当されているかを見ると、次のようになります。

2018年2月4日~2019年2月3日(節分)まで…戊戌(つちのえ いぬ)
2019年2月4日~2020年2月3日(節分)まで…己亥(つちのと い)
2020年2月4日~2021年2月2日(節分)まで…庚子(かのえ ね)

つまり今年は2月4日から来年の節分まで、庚子で、「かのえ」と「ネズミ」となります。「かのえ」は「金」の「兄」なので、「金のエネルギーの強い年」ということになります。つまり、今年は「金運」の強い年なのです。「ネズミ」は、ねずみ算式に増えるというエネルギーです。

金運がねずみ算式に強くなっていく年に、あなたのブループリントをそのまま生かしていくような生き方をすると、それは金運に直結するはずです。

すでにブログに書いたように私は1月9日に自宅近くの法然寺の寝釈迦と弘法大師の仏像群に参拝後、次のようなとても重要なメッセージを受けました。

1.輪廻して貴重なブループリントを今世に持ってきています。
2.そのブループリントを現実化させる時が巡ってきました。
3.180年に一度の金運の波動とそのブループリントが相互作用するでしょう。
4.その結果、今後3年かけて徐々に素晴らしい成果が得られます。
5.これはあなたについていえると同時に、あなたのフォロワーたち、DVD「愛と幸せのブループリント」を使っている人たちについていえることです。

ここで 180年に一度といっていますが、なぜそうなのかがわかりました。今年が九星のうち七赤金星、60干支のうち庚子が配当されています。9 のうちの 1 つ、60 のうちの 1 つ。これらが組み合わさるのは、いくつごとになるか? 最小公倍数を計算すればいいですね。そこで計算してみると、9 と 60 の最小公倍数は、180 です!

ちなみにエネルギー・フラワー・フォトの「黄金色のリコリス」のテーマは「実利」ですが、この花の色はまさに七赤金星の色になっていました。

☆あなたのブループリントを是非いまここに


変容のほほ笑みDVD「愛と幸せのブループリント」の一場面
次元上昇の時代、とても大切なDVDです。

 

私の傍(そば)には
いつも白い花が咲いていた

白い花が咲いている
道をいつも歩いていた

あなたは、わたしの忘れている
ブループリントのかわりに
咲いていた?