ぜひお読みいただきたいブログ

☆このヒマワリは、いつも心にほほ笑みを浮かべていたくなるエネルギー

皆さまにおなじみのヒマワリの花を、ついにエネルギー・フラワー・フォトにすることができました。夏が来てヒマワリの花を見るたびにそのポジティブなエネルギーに惹かれてぜひ作ろうと思っていたのになかなかうまくいかなかったので、とても嬉しいです。

なかなかうまくできなかったのにはいくつかの理由があります。まずヒマワリの花のエネルギーの特殊性です。非常に強いポジティブなエネルギーです。明るい太陽を追いかけるように花の向きを変えるからヒマワリという名がついたのですが、これは花がまだ若いうちだけです。花が大きくなって、種子になる中心部分が大きくなると重たくなって、太陽を追いかけるどころか、下を向いてしまうのです。

心理学にはポジティブ幻想という言葉があります。冬が来ようとしているのに夏の暑さがいつまでも続くと勘違いしている働きアリが、「このままでも大丈夫」と、行き過ぎたポジティブ思考におぼれて冬の準備もしないでいると大変なことになるという寓話もがありますが、このアリさんがいだいていたのがポジティブ幻想です。

大きくなったヒマワリの花が下を向いているさまは、こういうポジティブ幻想を連想させます。実際、下を向いている花から出ているエネルギーは重たいものです。何回も一面のひまわり畑に行ってみましたが、多くの花は下を向いているので、フォトにしても重たくなってしまいます。

次の問題は色のアンバランスです。外側の花弁は輝くような黄色ですが、花の中心部分がこげ茶色で、枠取りや角度を工夫してみてもしっくりとしないのです。

そこで花屋さんに出回っている小さくて可愛い園芸種のヒマワリをフォトにしてみると、原種ヒマワリのポジティブなエネルギーのよい面が失われて、単に可愛いだけになってしまいます。

それでヒマワリの花のフォト制作をなかばあきらめてしまいました。ところが最近毎朝早く起きてウォーキングをするようになって、背丈が2メートルくらいで、花はせいぜい直径10センチくらいの小型の花をいくつも咲かせるヒマワリの花を各所で発見。けっこう多くの人が庭で育てていることがわかったのです。

その花たちを見つめエネルギーを浴び、体感していると、そのポジティブなエネルギーはとてもソフトで、原種ヒマワリのように重たくないことがわかりました。それどころか、このヒマワリのエネルギーを浴びていると、いつも心にほほ笑みを浮かべていたくなることがわかったのです。

これはぜひフォトにして、皆さんにもお分けしたい。そう思って色々と試行錯誤の末、ついに満足できる作品ができました。是非とも幸せな変容の促進のため傍に置いてみていただければと思います。

詳細はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/energyphotos/flowers-2/himawari/

2017年9月19日のメルマガより抜粋

☆夕方でも不忍池はハスの花のエネルギーにつつまれたパワースポット

先週の火曜日(8月8日)のメルマガで、8月5日の自動手記の前半部分を「メッセージと大いなるものの意図との決定的な違い」と題してご紹介しました。後半には、レムリアの叡智についての記述があり、これはまだ私自身充分に消化できていないので公開は避けておきますが、世に言われるアヴァロキティシュバラ(観音さま)は、レムリアの時代(少なくとも今から5万年前)からこの地球ガイアに宿っており、人々を助け、解脱(幸せな変容)へと向かわせていたらしい…。これがほんとうなのかどうか、少し時間をかけて研究してみたいと思います。

さて、一昨日の日曜日(8月13日)、夕方5時ごろ上野の不忍池に行ってみました。今まではハスの花が開いている朝の時間帯に出かけていたので、夕方はどうなのか、またエネルギーはどうなのかを確認したかったからです。

見ごろを少し過ぎていて、花の数が少なくなっていましたが、ほとんどがつぼみの状態で迎えてくれました。上の写真に示したように、きれいなつぼみです。これが明日の朝は開いて、観音ロータスのフォトにしたように見事に開花するはずです。開花して3~4日後の花は、午後になってもうまく閉じないので、下の写真のような状態となります。それでも非常に美しいですね。

不忍池一帯にはハスの素敵な香りが漂っていて、とても気持ちがいいものです。ハスのエネルギーにおおわれている一種のパワースポットと言えるでしょう。

葉っぱはもう座布団ぐらいの大きさに成長していて、ものすごい生命力を感じます。手を触れるとピリピリとエネルギーを私に伝え返してくれます。これは私とハスとのスキンシップです。

手に届くところにあるつぼみを私の鼻の下に手繰り寄せ、そっと香りをかいでみると、これがまた素晴らしくツンとくる清浄な香りです。つぼみの状態の香りは、どことなく温帯性スイレンの香りと似たところがありますね。

ちょっと疲れていた私の心身は、半時間ほど散策していたらとても軽くなり、幸せな気持ちにつつまれたのでした。

帰りの電車に乗り、座席に座ると、例のクレアアンビエンスが始まりました。もう蓮池からは遠ざかっているので、ハスの香り物質はすでに車中には存在しないはずなのに、依然としてあの素敵な香りが車中に漂っているのです。帰宅して撮影した写真をパソコンに映し始めると、またその香りが漂ってきました。実はこの記事を書いている間じゅう、私はその素敵な香りを感じています。もしかして敏感な読者の方も感じられるかもしれませんね。いま上の写真を見ながら、そして「観音ロータス」のフォトを近くに置きながら書いているので。

2017年8月15日のメルマガより抜粋

☆自動手記ふたたび~いよいよネクストステージへ進む時が来た~2017年5月2日のメルマガより

4月中に発信するつもりでいた変容のほほ笑みレター4月号を、いつものメルマガで今日お送りすることにしました。

4月27日に定期的に身体のメンテナンスをするためマッサージに行きました。中国式推拿(すいな)の手法によるごく普通のマッサージですが、施術師の方のエネルギーが私と相性が非常に良いせいか、終わるととても身体が軽くなります。1時間の施術を済ませ、帰りがけにいつも行くレストランで軽い昼食をとり、そのままそこの椅子に座って、ぼうっとしていると、不意にいくつかの概念が次々と入ってきたのです。

また例の自動手記が始まるのかと思い、急いで持っていた紙と鉛筆でメモを取り始めました。すると鉛筆を動かす手が止まりません。断片的に打ち寄せるそれらの概念は、どうやら前回の自動手記(2017年2月5日深夜の自動手記)の補足・続きのようです。私のオフィシャルサイトのヘッダーをこの自動手記を入れた画像に変えたからなのかもしれません。
まだご覧になっていない方はどうぞ。→ http://www.eiichihojiro.jp/

今回の自動手記の内容は、次のようなものでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いよいよネクストステージ(注1)へ進む時が来た。今までの場所にいたら進めなかったネクストステージへ進む時。新しいDVD(注2)ができたことにより、それが可能になった。愛用者たちよ、進めよ、進めよ。我(注3)はそれを祝福する。

地球の波動上昇により、Energy Voltex Crystal(注4)はもはや作ることはできない。ヒーリングDVD(注5)は、そなたと愛用者たちが波動上昇中の地球にあって、ネクストステージへ進む準備のためにもたらされた。これらを使うことができたものたちは幸せである。今ネクストステージへ容易に進むことができるからである。

上昇した地球波動の波長に合わせることができる者たちは、直ちに新しいDVDを使うことができる。それらを使うことができる者たちは幸いである。今ネクストステージへ容易に進むことができるからである。

そなたはガヤトリの写真(注6)をDVDに印刷しているときでさえ、エネルギーが来るのを感じているだろう。それはそなたたちをネクストステージに進ませるエネルギーである。

それらのDVDを使うことにより、そなたたちをその苦しみの場所に縛り付けていた根っこがあったことがわかるとともに、それは根底から消え去るだろう。過去の苦しみをそのまま持っていることはすでに不要だからだ。

その苦しみを手放すのだ。そなたたちは苦しいと嘆きながら実はその苦しみを愛し、その苦しみに執着していたことがわかっただろう。

それらのものがそなたたちから出ていくとき、ある現象が起こるかもしれない。涙するかもしないし、深い感謝の念に襲われるかもしれない。それらはガヤトリマントラやロータスをはじめとするエネルギーによってもたらされたものである。 (ここで終わり)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注記:自動手記のときに自動的に選択された言葉は上記のようなものですが、短い単語のためそこに付随する意味がくみ取れないかもしれません。そこで、それらの単語の意味として手記をしながら感じ取っていたことを以下に記しておきます。

注1:ネクストステージ、つまり英語のnext stage、次の段階のこと。

注2:新しいDVD、つまり祈りのDVD「世界いちばん美しいマントラ」「ガヤトリマントラによる祈りと祝福の詩(うた)」と、変容のほほ笑みDVD「光る小石」「魂のちから」「ミラクル・オブ・ロータス」の、計5つのDVDのこと。

注3:ここでいう「我」とは、大いなる存在が自分を名乗る言葉で、私たちの住むこの地球ガイアに古くから宿っているエネルギー体でしょう。私たち人間に対しては、苦しみのもとが消えるように、そして本来私たちが持っている魂を輝かせながら生きていけるように誘導しようとするエネルギー。生きとし生けるものが調和をもって生きていけるようにつねに祈っているエネルギー、あるいは究極の愛のエネルギー体ともいえるでしょう。

注4:以前ロシアから輸入していたクリスタル製品のEnergy Voltex Crystalのこと。おそらく以前の地球波動上昇中でなければできなかったということのようです。

注5:以前のヒーリングDVDのこと。

注6:「ガヤトリマントラによる祈りと祝福の詩(うた)」のDVDに印刷するチューリップの写真のことです。新しいDVDにレーベルに写真を印刷するときは必ず独特の眠気が来るのですが、そのことを言っているようです。

今日はここまでとしますが、次回に私なりの解説を試みてみようと思います。(2017年5月2日のメルマガより)

 

☆金龍さまのフォトの体験[体の中がプルプル(悦び)、肌は、鳥肌がたっていました]

昨日のメルマガに掲載した体験談を、3枚の写真とともに掲載させていただきます!

素敵な飾りつけですね・ 金龍さまも大喜びでしょう

■金龍さまのフォトの体験[体の中がプルプル(悦び)、肌は、鳥肌がたっていました] ニックネーム・リボンさん(女性)

先生へちょうどメ-ルをしようと写真など撮っておりましたら商品を発送しましたとのメ-ルがきて、嬉しくなりました。

今日は、少し雲っていましたが光が差し込んで、なんて気持ちいい時間なんだろうと、金龍さまが鎮座する風景を、撮っていました(この写真は明日のブログに掲載予定)。

真っ白な箱のまましばらく私の膝にのせ、感じてみました。伽羅の甘いような百合の清らかさの合わさったような香りを感じ、自然に手を合わせてしまいました。神聖な、そして慈愛に満ちた香りですね。大きな神殿で漂うであろう祈りの儀式で使うようなもの?!

エネルギー・フラワー・フォト「ホワイトロ-タス」のときは、箱を開けてたとき、爽やかな石鹸のような真綿のようなものでくるまれるものを感じましたが、今回は箱を開けずに、どこから薫るの?!と、クンクンと顔を近づけて…。

私の気持ちはそれが金龍さまのお顔だといいなぁ!なんて思って、箱を開け茶色の包装紙をとり、でも残念!金龍さまのキラキラした場所ではなく、少し当たらなかったなぁ~とよく見ましたら、太陽の丸い、光ってクリスタルのキラキラした所だったのです!!

その後、私は自分の手から何かが瞬く間に入ってきたように感じ、体の中がプルプル(悦び)、肌は、鳥肌がたっていました。

そして、この金龍さまは自宅にある丸い玉が好きなのかも知れない、私は綺麗な丸い玉が好きで、沢山の丸い玉のある世界を夢で見たりすると居心地がよいので、気分よく家に金龍さまがいてくださいますように晴れたときは窓辺で丸玉と日光浴をしてもらおうと思います。

あと金龍さまお迎えの為だったのでしょう、昨日は花の器で買ったものが、ちょうど水のみ場みたいになっておりまして、説明書に少しのお酒や水などおくと良いとあったので良かったです!

写真は、金龍さま鎮座の場と日光浴をする所です。わが家のワンちゃんは、DVDの空気が好きで前にもまして気持ちよく寝ていて長生きしてくれそうです(笑)。先生ありがとうございます。私の魂が、ほっとしています。そして安心して過ごせる感覚があります。

とってもかわいいワンちゃんたち・幸せそうだなあ

…コメントbyほおじろえいいち…

金龍さまのフォトを作るときは、お申し込みの方を守護していただけるよう龍神に祈ります。龍神の背に乗って人々を助けに行くという大いなる存在につながり、もろもろの龍神を呼び、フォトの中に入ってもらうのです。

そのとき不思議なことが起こる場合があります。お申込者がもともと龍神と縁が深かったり、かなりスピリチュアルな方だと、すぐに龍神たちが現れるので、私の全身に鳥肌が立つのです。

この体験談を寄せて下さった、リボンさんのためにフォトを作ったときもそうでした。

エネルギー・フラワー・フォトはまた違う作り方ですが、やはり祈ります。その時メッセージのようなものが来る時があり、そういう場合は納品書にメモを書いてお送りしています。

☆ハスの花の奇蹟の中心、花托という構造について 2017年2月7日のメルマガより

ハスの花が開き始めると、中心部に独特の構造の「花托」が見える。

花が咲き終わると、花びらも落ち「果托」となる。中の黒いものはハスのタネ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある母親とその娘が、変容のほほ笑みDVD「ミラクル・オブ・ロータス」の映像を一緒に見ていて、こんな会話になったそうです。

娘:「これ、映すのやめといたら? なんか気持ち悪いやん。花はきれいなのに。」

母:「でも、このDVD、再生画面からエネルギーでるのよね・・・」

娘:「ほな、とめたらあかんやん!」

この報告メールを読んで、私は思わず笑ってしまいました。彼女たちが問題にしているのは、花弁がない状態のシャワーヘッドのような奇妙な形の構造物。DVDの最初からいきなり出てきて、最後もまた同じような画像になっている。目がたくさんついているETの顔みたいなもののことね。

実は、これこそハスの花の奇蹟の中心なのです!

ご説明しましょう。植物学的に見ても、ハスはいくつかの奇蹟的な特性を持っています。まず花の構造。大きな美しい花弁を開くと、その中心におそらくハスの花にしか見られない「花托(かたく)」という構造物があります。雌しべの部分に相当するのですが、これが成長するにつれて蜂の巣のような形になります。

それで「蜂巣」とも呼ばれ、これが「ハス」の語源になったともいわれています。この形が、心理的に不快感をもたらすことがあるのです。

ディズニーの「トイストーリー」に出てくるエイリアンのように緑色で目が三つくらいならかわいく感じますが、目がこれほどたくさんあるとね。丸いものがまとまって3つあると、そのなかの2つは目で、あとの1つは口といった感じで、私たちの心理的な仕組みで人の顔を連想させます。それなのに変な顔のような形のなかに目かもしれないものがたくさんついているのですから。

この花托にいくつもの丸い穴が開き、その中に種がつくられていきます。そしてこの部分が成熟し、果実のようになったものを今度は「果托(かたく)」と呼びます。

ではなぜ、この部分がハスの奇蹟の中心なのか? それはなんといってもここが発熱するということでしょう。植物なのに動物と同じように自ら発熱し、花の中の温度を保とうとしているのです。私は咲いているハスの花のなかに指を突っ込んでみましたが、たしかに外気温よりも温かくなっています。科学的研究はとても少ないですが、花托のなかに温度計を突っ込んでみると開花の時には35度Cくらいになるという報告があります。

花托はハスの花の中心にあって、人肌にも心地よい温度で発熱しているのです。発熱とは、つまりエネルギーの発生に他なりません。そしてこのエネルギーがただものではない。インドなどでは昔から感覚の鋭い聖者や覚者たちは見抜いていたのです。

その証拠に、仏教ではほとんどの仏さまがこの構造物の上に座って描かれているではありませんか。私はこのことを発見(再発見?)して腰を抜かすほどに驚きましたね。

もう一つびっくりしたことがありました。実は私は初め、「花托」の時(つまり花が咲いているときのこの構造物)だけハスの素晴らしいエネルギーが出ているのだろうと思っていたのです。ところが、そうではなかった。

花がほとんど終わったころハスの池に行ってみると、老人ETのように茶色くなった「果托」からもまだエネルギーが出ていると感じられるのです。そして花は全部終わってしまっているのに、相変わらずあの素晴らしい香りを感じることができるのです。

そして私はついにこう考えるに至りました。ハスは、花のなかの王者である、と。エネルギーも別格です。もしかすると、ハスの種子は遠い昔、どこか遠い宇宙の天国のような星からやってきたのかもしれません。さらに言えば、ちょっと毛嫌いされるような形の花托を見せて、貴重な宝をぞんざいな輩から隠しているのかもしれません。実は私も昔はこの花、変な形しているものが入っているというただそのことだけで、注目することができませんでした。

※その奇蹟のようなエネルギーをいつでも感じることのできるDVD
「ミラクル・オブ・ロータス」 これであなたの幸せな変容が進んで行きます
詳細はこちら: http://www.eiichihojiro.jp/lotus/

2017年2月7日のメルマガより