ほおじろえいいちのメルマガ

☆本日のメルマガより~究極の願望実現法?!

昨晩台風20号が通過していきましたね。皆さんのところは大丈夫でしたか?

テレビの天気予報では「危険な台風」と説明されていたし、高松港の満潮時間と重なるので云々とか、高松市からの避難準備情報とかがアナウンスされたので、ちょっと緊張しました。

そこでベランダに置いていたハイビスカスの鉢を私の部屋にいれたりしました。

夜9時ごろから雨と風が強まってきたので、被害が出ないように力を貸してくださいと龍神さまにお願いしながら横になりました。雨よりも強い風の音が気になりましたが、午前0時前後からは急に静かになり、外ではカエルが合唱を始めました。ああ、これなら大丈夫だな。そう思ったのですが、なかなか寝付けません。気圧のせいか、台風のエネルギーのせいか。

今朝起きてみると、何事もなかったように静かです。しばらくすると、部屋の中に置いたハイビスカスが元気に3つも花を咲かせてくれました。花たちも嬉しかったのでしょう。

さて、今日は新しい変容のほほ笑みDVD発売のお知らせです。ついにここまで到達したという感じ。究極の願望達成法かもしれませんね。皆さまの幸せな変容のお役に立てたら嬉しいです。

※「レムリアの薔薇」について詳細とご注文はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/lemuria/
発売は8月27日開始の予定です。

☆白い蓮もいいですね

ピンクや紅色の蓮に劣らず、白の蓮もいいですね。皆さまもこの写真からハスの素晴らしい香りが感じられたらいいのですが。感じられなくても、写真を見ているだけでも癒されるはずです。いかがですか?

☆脳のなかを空っぽにする時間

チャネリング能力や、大いなる存在たちからのメッセージを受けられるようになりたいと思っている方は、案外多いかもしれません。でもそんな才能持ち合わせていないから無理かななんて思っているかも。でもそんなことはありません。

一つのコツがあります。それは一日のうちで、ぼーっとする時間を持つこと。何も考えないで、頭を空っぽにするのです。

よくぶつぶつ何か大きな声でわけのわからないことをしゃべりながら道を歩いている人がいますね。そんなときは人相も悪くなっているから距離を置きたいですよね。その人の頭のなかはわけのわからないことがぐるぐる回っていて、脳は満杯状態です。

でも私たちも程度の差こそあれ、似たり寄ったりです。いつも何か考えている。仕事のこと? 家族のこと? いやな人のこと? 昨日あった楽しい出来事? 脈絡もなく、それらのことが浮かんでは消え、関連する言葉が流れてきたり、消えて行ったり。ああいそがしい。脳のなかはそういったものであふれかえっています。

大いなる存在たちがあなたにメッセージを送ってくれていても、脳のなかがそんながらくたでいっぱいになっていたら、受け取ることができないのは明らかです。

だからせめても少しの時間だけでも脳のなかを空っぽにする。これが大切なのです。

家の中にたくさんの荷物や不必要な物がたくさん増えてきたので、思い切って整理、捨てる(断捨離?)ということをすると、部屋の中に新しく素敵なものが入ってくるスペースができる。それと同じですね。

脳のなかを空っぽにする習慣ができて、これに集中力が加わり、最近話題の脳波(ガンマ波)が脳内に出現するようになると、宇宙の知恵の倉(アカシックレコード)や大いなる存在たちと繋がり(チャネリングして)、様々な情報をダウンロードできるようになる。そう私は考えています。

(2018年8月10日メルマガより転載)

☆遠隔ヒーリングの感想~私たちが生まれて来た意味について

私たちの遠隔ヒーリングを受けられた方々の感想ではなく、ヒーリングを実施した側(私)の感想を書いておきたいと思います。

三週間前ですが、2回目の遠隔ヒーリング中にこの女性は3歳くらいの時にとても悲しい体験をした。その時お母さんにおんぶされていたということがわかりました。

どうしてわかったかというと、そういう映像が見えたからです。ヒーリング後、その女性に何か覚えていないか聞いたのですが、心当たりはないといいます。3歳だから当然でしょう。

昨日同じ女性に対して3回目の遠隔ヒーリングをしました。するとその女性のお父さんが沖縄で戦死したことが浮かんできました。

ヒーリング後その女性に聞いてみると、そういえばちょうど3歳のころ父の戦死の知らせを母が聞き、自分をおんぶしながら悲しみに耐えていたということなのではないかと思うと、言い始めたでははありませんか。

おさなごころにも父の戦死の悲しみが伝わっていたのでしょう。なんと可愛そうなこと。

遠隔ヒーリングをしていて私はトランス状態になると、思いもかけない映像が次々に展開して見えてくることがあります。クレアボヤンス(遠隔透視)の一種でしょうが、私自身も本当にびっくりして、信じられなくなることもあります。

一昨日の遠隔ヒーリングでは、フランスの貴族の女性が宮廷に出入りしていて、銀の食器などの映像が見えました。そして民衆に追われて身を隠すように暮らしていたこともわかりました。彼女の前世の姿です。それが今世の人生に大きく影響を及ぼしていたのです。

そのようなことがわかると、ヒーラーの立場の私としてもなんだかとても悲しくなったり、むなしくなったり。私たちが生きていることって、本質的には苦しみで、魂はそういうものすべてを記憶しながら、今世に転生してきているらしい。では生きていること、今世に生まれて来たことって、どういう意味がある?

そのようなことをよく考えてしまいます。そしてそのたびに結論がでてきて、その確信が増すのです。その結論とは、

1.今まで知りえなかった前世の問題や幼少時の体験がわかったということは、それを受け入れ、そのような自分を認め、愛してその影響をなくすことのできる段階に到達したから。

2.この世に生を受けたのは、それらの問題を今世で解決するため。そのチャンスが与えられているということ。

3.ならばどんなことがあってもたくましく生き抜いて、幸せな変容をおし進めるべき。それが絶対にできる段階に来たのだから。

遠隔ヒーリングを始めて、なんだか私の人生観が変わってしまったように感じます。

2018年7月13日のメルマガより転載

☆ハートチャクラから出る愛のエネルギー

10年以上も前、すでにロシアの研究で、相手への思い(愛)のエネルギーがハートから出ることが、科学的に証明されています。

被験者の二人を向き合わせ、一方の人から相手に思い(愛)を向けてもらいます。そのときGDVという装置で二人の周囲のオーラの様子を観察します。そして実際に視覚化して、写真にすると、その人のハートチャクラの部分からエネルギー(オーラ)のかたまりが相手に向かって出てくる様子が確認されます。

まさにハートチャクラは「愛の中心」なのです。そしてまさにこの原理で、私たちのおこなう遠隔ヒーリングが効果を発揮するのです。女神アローラなどの大いなるものからエネルギーをハートチャクラに降ろし、それを今度はクライエントさんのハートチャクラに送ることができます。ほかにも様々なテクニックがありますが、ここがいちばん重要な点です。

ハートチャクラがうまく働くようになると、どういう変化を自分自身感じるようになるでしょう。

まず、身近な可愛いものたち、美しいものたち、清らかなものたちに対するまなざしが変化していることに気づくでしょう。まさに愛に満ちた、温かいまなざしでそういう存在たちを見ることができるようになったと感じるはずです。

たとえばペットのワンちゃん、ネコちゃん、小さな子供たちを見ると、心が温まり、自然とほほ笑みを浮かべています。以前は決してそういう自分ではなかったけれど、ハートチャクラの働きが高まると、自然とそうなるのです。

そういう時GDVで測定するときっとあなたのハートから愛のエネルギーが出ていることが確認できはずです。

そしてあなたのその愛のエネルギーに周囲のものたちは必ず反応します。そう、愛のエネルギーがハートから流れて行って、周囲のものたちを幸せな気持ちにさせていくのです。

ところがこの愛のエネルギー放出を妨げる(ハートチャクラの働きを悪くする)ものがあります。いわゆるネガティブな心のエネルギーです。たとえば怖れ、恐怖、おびえ、不安、怒り、自分に対する不信感(自信のなさ)などです。

ことあるたびにこれらネガティブなエネルギーを心に発生させていると、ハートチャクラは閉じてしまいます。

なぜそのようなネガティブなエネルギーに支配されやすいかというと、3つ原因があって、1つは前世からのカルマ、もう1つは幼少時の体験、そして最後に霊障的な問題でしょう。

ではハートチャクラが閉じていると、どのような現象が起こるのでしょう。

胸がつかえたように感じたり、お話をしているとき息を止めていたり、普段から呼吸が浅くなっていたりします。もしあなたがそうなっていると思ったら1日に何回かゆったりと深呼吸するようにする習慣をつけるとよいでしょう。

それから自分自身を愛することができなくなります。なにかスピリチャルな教えに影響を受けていたりすると、自己犠牲的に無理に愛を捧げようとしたりします。しかし、相手はそんな愛を向けられても、受け取ることはできません。

ハートチャクラの働きを円滑にするためには、まず自分自身を愛することから始まります。

へまをしてばかりいる自分でも、そんな自分を愛することが大切なのです。カルマの問題で前世から何か良くないものを今世に持ち越していたとしても、まずそういう自分を認め、愛することから始めなければなりません。

それを助けるエネルギーが祈りのDVD「自分自身に向ける愛と癒し」です。

このDVDによって自分自身を真に愛することができるようになっていきますが、その前にちょっとしたヒーリングクライシスが起こってつらくなる人がいるかもしれません。自分を嫌っていた心や自信のなさとの葛藤とでも言いましょうか。

でも大丈夫です。このDVDを使おうと思った時点で、あなたは自分自身をまず愛することが大切だと気づいているからです。そして行動に出たわけで、あとは時間の問題だからです。

※祈りのDVD「自分自身に向ける愛と癒し」詳細とご注文はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/shanti/

※遠隔ヒーリングについて詳細とお申し込みはこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/enkaku/

 

☆夏至の日の高松港の美しい夕陽

夏至前日の夕日

 

夏至前日夕陽を受けて霧が美しい

 

夏至の夕日・雲間から半分の太陽が

 

夏至の夕日・ピンクがかって映っていました

香川に来てちょうど1カ月になりました。自宅から車で15分くらいのところにある高松港の夕日がとても綺麗で、見ていて癒されます。昨日夏至でしたが、その前日と2日にわたって夕日を見に行きました。撮影した写真を何枚かご紹介します。ぜひご覧ください。

■遠隔ヒーリングについて

タマネギの薄皮をはぐようにという表現がありますが、遠隔ヒーリングもまさに薄皮をはぐように問題の根幹に迫っていくことができることがわかってきました。

これは私と妻が共同で何人もの方々に対して遠隔ヒーリングを行った結果、わかってきたことです。

私たちは誰でも前世があって、幼少時代があります。現在の人生で何らかの問題に悩むのは、ほとんどの場合、前世と幼少時代の経験がもとになっているようです。

しかしそれを私たちは記憶していないか、忘れてしまっています。遠隔ヒーリングである問題解決を目指し、あるいは願望成就を望み、相応の意図を設定してヒーリングを始めてみると、予想外のことが明るみに出てくることがあります。

たとえば3歳の時経験した強い疎外感と孤独感、悲しみなどが魂の底に残っていて、それが幸せな人生や願望成就の障害になっていたりする。あるいはその人のあまり好ましからぬ性格の核になっていたりする。

それが初回のヒーリングで分かる場合もありますが、わからない場合もあります。2~3回ヒーリングを行っているうちにその人の魂を覆っていた厚い皮がはがれていき、やっとそれがわかってきたりします。

ここで遠隔ヒーリングを受けた後の注意事項をお知らせしておきます。長年ヒーリングに携わってきた私たちにとってはほとんど常識なのですが、一般の方はあまりご存じないことが最近分かったので。

受けた後はいつもより多めの水、またはぬるま湯を飲むようにしてください。エネルギーが効率よく循環し、身体に溜まっていた負のエネルギーが排出されやすくなります。

また遠隔ヒーリングを受けた日はジョギング、水泳、ウオーキング、ホットヨガ、太極拳、スポーツジムに行ってのエクササイズ等の運動はやめて、夜就寝するまでいつもよりゆっくりとお過ごしください。またお酒もその日だけはお控えください。受けたエネルギーを身体とエネルギーフィールドに定着させるためです。

※遠隔ヒーリングの詳細とお申し込み方法についてはこちら:

遠隔ヒーリング

2018年6月22日のメルマガより

☆遠隔ヒーリングで地上の天使出現?


香川に移住してきてもうすこしで1ケ月になります。余裕が出てきたのと、気晴らしと、運動のため自宅周辺を歩き始めたのですが、日々発見があります。

まず田んぼです。広い空き地がたくさんあるなあと思っていると、いつの間にか水が入っていて、前日降った雨の水が溜まったのかなあと思っていると、いつの間にか稲の苗が整然として植わっています。私はお米の作り方を知らないので、こうした風景も新鮮です。

夕暮れ近くに歩いていると、そのうちに稲が植えられると思われる同じような広い土地の端っこに、薄紫色のハナショウブがいっぱい。感動しました。これ出荷しているのかな? そういえば近くのスーパーで同じようなハナショウブの鉢が売られていたな。なんだか育ててみたくなりました。(写真は本日午後同じ場所に行って撮影したものです)

さて、今日は4月10日のメルマガでご紹介したC・Nさんの遠隔ヒーリング体験談の続報です。すこし長いですが、最後までお読みいただけたら嬉しいです。

■毎晩騒々しかった上の階の人が引越し、両親も信じられないほど変わってきた C・Nさん(女性)

2回の遠隔ヒーリングで過去世からの悲しみが消え・・のつづきです。まずご報告したいのが、上の階で毎晩遅くまで床が落ちるほど音を立てていた中国人親子が引っ越していったことです。

私が引越しをするたびに周囲の騒音に悩まされてきたのは、前世の悲しみを紛らわすために騒々しい部屋を選んでいたと、遠隔ヒーリングの後指摘されていました。

ヒーリングでその悲しみが消え、意図でも周囲の環境が静かになるということも設定していたので、そのうちにこうなるとほおじろさんは考えていたといいますが、まさかこういう展開になるとは思ってもいませんでした。本当にびっくりです。

あまりにも効果がすごいので、4月末に、3回目の遠隔ヒーリングを受けました。

そのときに設定していただいた意図は「どんなことがあっても、いつも自分を愛する安心安全な方向に心を動かせるように、脳の反応システムを変えていく。これに伴い、自分はいつも健康、親も健康で、それぞれ自分たちの独立した最善の道を歩むようになってくる」でした。

その成果があってか、毎日がいままでとはまったく別の世界で、輝いて生きているような感じになってきました。

たとえば、最近とっても元気ですね~と言われることが多いです。昨日いつもカットをしていただいている美容室に4ヶ月ぶりに行ってきました。そこの美容師さん(お客さんのことがとてもよくわかる女性なので予約が取れないほどいつも混んでいます)が、私の変容ぶりに驚いていました。

何があったのと聞かれましたので、ほおじろさんについて、そしてお仕事についてお話をしてきました。

それから、昨日実家へ寄ってきたのですが、もうびっくりです!! 両親がすごくよくなってきたのです。これは信じられないほどの変化です。

私がアメリカにいたとき、年老いた両親は半狂乱で私に帰国を迫り、帰国してからも会えば必ず仕事をやめて自分たちの介護をしてほしと執拗に迫っていたのに、そういうことがなくなってきたのです。父も母もなにか邪気がとれたような、すっきりした顔になりました。

とくに母。部屋のなかもきれいになっていました。いつも机の上に物がごちゃごちゃしていたのに、それが嘘のようにスッキリしていたんです。

そして私は9月上旬まで忙しいから、あまり電話はしないから。電話がないことは元気な証拠だから心配しないでねと言ったら、なんとわかったよ!!とそれだけ。いつもならぶーぶー2時間は不平をいうのですが。どうやら父と仲の良い歯医者さんが、もっと自立するように、いろいろきつく言ってくれたらしく、それが効いているのでしょう。遠隔ヒーリング効果で、歯医者さん登場でした! いや、地上の天使出現かな?

ほんとうにありがとうございました。

…コメントbyほおじろえいいち…

C・Nさんほんとうによかったですね。私たちも遠隔ヒーリングのやりがいがあり、とても手ごたえを感じます。

この体験談でとくに感じるのは、意図のエネルギーの奥深い効果です。意図のエネルギーが遠隔ヒーリングでうまく働くと、申込者の魂のエネルギーと、世界のエネルギー、あるいは大いなる存在のエネルギーが共鳴するようなことが起こります。

シンクロニシティ、神仏の導き、エンジェルや思いもよらぬ人たちの助け、思ってもみなかった良い展開などが起こるのです。この体験談はまさにその良い例だと思います。

※エネルギー・フラワー・フォト「ハナショウブ」の詳細とご注文はこちら:

ハナショウブ

※フォト「アローラの赤いバラ」のプレゼントについて

ヘッダー画像


このフォトを見つめていたり、説明のための文章を書いているだけで足があたたかくなってきます。敏感な読者の方はこの文章を読んでいるだけで足があたたかくなってくるかもしれませんね。

☆高い霊界(天界)とつながり、徳のある先祖霊たちのエネルギ ーを輝かせるハナショウブ

香川へ移住してすぐに九州と四国が梅雨入りしたとかで、昨日は雨でちょっとひんやりしました。でも今日は綺麗に晴れて気持ちがよかったです。外を歩いていると東京とはまったく違った心地
よい土地のエネルギーを感じ、嬉しくなってきました。創作意欲もわいてきますね。

さっそく新しいエネルギー・フラワー・フォト「ハナショウブ」と、フラワー・アートフォト「ピンクのシャクヤク」を発売します。

移住を記念して、今回の新作を含め、6月末まで限定で、既存のすべてのDVD、フォトのいずれか1つをお求めの方、あるいは遠隔ヒーリングをお申し込みの方に、赤いバラのフォト(2L版、台紙付き) 1セットをプレゼントさせていただきます。

この赤いバラのフォトはレムリアの女神アローラのイメージにぴったりだったので、2日間かけて特別に作成したものです。アローラは遠隔ヒーリング中、いつも赤いバラと一緒です。さて、その理由は? たぶんどなたもご存じないと思いますが、つい最近私にはわかりました。

このフォトにはその秘密が閉じ込めてあります。傍に置いておくととても癒されることと思います。次のページでこのフォトがご覧いただけます。

☆新しいフォト発売・移住記念プレゼント

さて、今日はエネルギー・フラワー・フォトの新作「ハナショウブ」について書いておきたいと思います。

■高い霊界(天界)とつながり、徳のある先祖霊たちのエネルギーを輝かせるハナショウブ

ハナショウブは初夏、梅雨の頃、紺、紫、ピンク、白、黄色など様々な色彩と形で優美に、しっとりと、しかも風情豊かに咲くので、色彩の魔術師とも呼ばれているといいます。

私がこの花に興味をもったのは、ふと出かけた葛飾の堀切菖蒲園での体験がきっかけでした。いちめんに咲き誇るハナショウブのエネルギーに圧倒されたのです。

そのエネルギーの効能については、初めはよくわかりませんでした。ところが、何度も堀切菖蒲園やハナショウブの咲く植物園に足を運んで花たちの前で意識を集中させているうちに、わかってきました。

高い霊界(天界)とつながり、徳のある先祖霊たちのエネルギーを輝かせるような効能です。

意識を集中させるたびに全身に鳥肌が立ち、高い次元のとてもポジティブな霊界に移行していくような感覚になります。ハナショウブは地味な花だと感じている人が多いと思いますが、それは先祖を連想するからではないでしょうか。

この感覚の証拠が得られるかもしれないと文献を調べてみると、この花はアイリス(Iris)の仲間で、西洋でアイリスは、天と地をつなぐ虹の架け橋のような存在で、その架け橋には女神が住んでいるとされていることがわかりました。昔の人たちの感覚に脱帽するとともに、私が感じたこの花のエネルギーの効能について、確信したのでした。

ハナショウブは変容のほほ笑みDVD「魂のちから」にも登場しますが、このたび念願がかなってエネルギー・フラワー・フォトとして作成することができました。

期待される効能は次の通りです。

・高い霊界や天界とつながり、そこに存在している大いなるもの
たちから助けが得られる
・徳のある先祖霊たちのエネルギーを輝かせる
・徳のある先祖たちからの手配や助けが得られる
・先祖の徳の恩恵に浴することができるようになる
・天と地の架け橋に住んでいる女神たちとつながり、助けが得ら
れる
・いつも微笑みをたたえた静かで落ち着いた雰囲気が身について
くる
・自分が元気でいることで先祖の人たちが喜んでいるのを感じる
・徳のある先祖や縁のある格の高い神さまから助けを受けられる
ようになる
・霊格の高い存在からのメッセージが来るようになる
・以上のことによって幸せな変容が促進される

※エネルギー・フラワー・フォト「ハナショウブ」の詳細と
ご注文はこちら:
http://www.eiichihojiro.jp/energyphotos/flowers-2/hanashoubu/

2018年5月6月1日メルマガより

☆移転完了・活動を再開しました

香川への移住のお知らせを書いたメルマガをお読みいただいた何人もの方々から、驚きと、励ましのメールをいただきました。ほんとうにありがとうございました。

1週間をかけて第1次移住地としての高松市内になんとか引っ越しすることができました。東京からの移転は、思っていた以上に時間がかかり、いくつかのハプニングもあって大変でしたが何とか乗り越え、やっと通常通り生活と仕事ができるまでになりました。

嬉しかったのは、近所に3軒のスーパーや自然食・新鮮な食べ物を売っているお店があったこと。東京の前の自宅よりも住みやすそうです。ただ、日ごろの断捨離がいかに大切であるかをあらためて思い知らされています。未整理のまま荷物を入れた箱が部屋を占拠しているのです。時間をかけて整理し、不要なものはどんどん捨てていこうと思っています。

何かを買うときは、「これ本当に必要なもの?」とよく考える必要がありますね。不必要なものが自宅に入ってこないようにするともに、いらなくなったものはすぐに捨てること。

ところが良い思い出やなつかしさが張り付いているものはなかなか捨てられません。嫌な思い出が残留しているものはすぐに捨てられるのですがね。良い思い出が張り付いているものでも取っておくと荷物が増えるばかりなので、自分にとって一生忘れられないくらいのよい思い出の品以外は、やはり思い切って捨て、身軽になったほうがよさそうです。今後のためにも。

一緒に持ってきた赤とピンクのハイビスカスを私の部屋のわきのベランダに置いておいたら、昨日からいくつも花を咲かせてくれています(上の写真)。彼らも移住をよろこんでいる様子で、嬉しいですね。

さあこれから新しい世界に向かって活動開始です。いままでDVDやフォトをお求めいただいた方、そしてこのメルマガを読んで下さっている方々は、私たちにとって大切な魂の友人であると思っています。そんな皆様とともに今後も幸せな変容の道を進んで行けるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日よりメールも読むことができますので、体験談やお問い合わせ等、何かありましたらお気軽にお寄せくださいね。

では本日は上記ご挨拶まで。

(2018年5月29日メルマガより)

引っ越しの荷物やベッドが届くまでの間宿泊した小豆島のホテルより撮影。

☆地球上で初めて咲いた花は、いったい何だったのだろう

さすがに5月になると、外を歩いているといろいろな花を見かけます。そういった花を見ながら、こんなことを考えました。

地球上で初めて咲いた花は、いったい何だったのだろう。どんな大きさで、何色だったのだろう。それは地球上のあちらこちらでいっせいに咲き始めたのか、それとも年月の経過とともに新しい花が増えていったのか?

人類が初めて花の美しさに心を打たれたのは、いつ頃のことだったのだろう。

水没したとされるレムリアやムー大陸にも、すでにたくさんの花が咲き誇っていたというから、人類が誕生する以前から花は咲いていたに違いない。

レムリアには青いバラが咲いていたといわれ、レムリアンヒーリングの女神アローラはいつも赤いバラと一緒です。青いバラは現在、自然が生み出した花としては存在せず、遺伝子組み換え技術によって最近生まれたものがありますね。古代レムリア文明でも、遺伝子組み換え技術でつくりだしていたのかな?

花は私たちの心を癒してくれます。しかし、花に心を動かされない人たちも現代には増えてきていることを感じます。たぶんそういう人たちは、花は単なる物質でしかないのでしょう。知らないうちに唯物主義に染まってしまっているのかもしれないですね。

たとえば真っ赤なバラは恋人に愛の気持ちを伝えるための単なる道具。カーネーションは母親に日ごろの感謝を伝えるツール。もしあなたがそう思っているのだとしたら、花たちはとても残念がっていることでしょう。

花たちは生きていて、呼吸していて、エネルギーを発していて、あなたに何かを語りかけている存在です。精霊さえ宿っているものがありますね。

私は還暦を過ぎたころから花たちの語りかけてくる内容がわかるようになりました。また発するエネルギーの効能がわかるようになりました。さらに花の精霊が見えたりするようになりました。

ダリア園に行ってさんざん撮影して、ダリアたちと対話をして帰ってきた晩、就寝しようとすると、心の視界に美しいダリアの精霊が見えたのです。クレアボヤンスという現象ですね。

いつも言いますが、地球のエネルギーが上昇した今、愛と怖れが極端に交錯し、私たちが幸せに暮らしていくために、花たちの果たす役割は大きくなりました。どうかそういう目で、道端や庭に咲く花を見つめてください。

今月になって、アマリリスの花をよく見かけます。実は私の家のリビングでも、今レッドライオンというアマリリスが咲いています。3年くらい前に球根を手に入れて育ててきたものです。エネルギー・フラワー・フォトにもしましたが、今年も2018年タッチで、撮影してみました(上の写真)。

アマリリスには、ヒガンバナ科球根植物に独特の強いグラウンディング・パワーがあります。またロウアーチャクラ(第1、第2チャクラ)を活性化するパワーがあります。とくにわずかにオレンジ色がかった赤い花を咲かせるレッドライオンという種は、第1チャクラと第2チャクラを活性化するパワーが強いですね。(2018年5月15日のメルマガより)