お知らせ

☆『なぜそれは起こるのか』&来年もよろしく

今日は四字熟語の話です。

私はむかしから本を書いてきました。
書くときにまえがきなどに「四字熟語」を1つ入れるのと
まったく入れないのとでは、その本の重みが違ってくるので
意識して四字熟語を使うようにしていました。

たとえば、サンマーク出版から1996年に出した『なぜそれは起こるのか』。
以下この本のまえがきです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔から「二度あることは三度ある」という。過去に起こったことは、いつかふたたび起こる。
なぜか。それを科学的に解き明かしたという男がいる。その理論を今から十五年ほど前、
彼は初めて一冊の本にしたためた。それは難解かつ冒険的な本であった。
そして権威ある科学誌『ネイチャー』に、「焚書候補ナンバーワン」と酷評された。
 
 一方で彼の仮説にひそむ大いなる可能性を認識し、驚嘆しつつ熱い支援を送った
著名な科学者たちが少なからずいた。毀誉褒貶(きよほうへん)のこれほどに
激しい学説もめったにないだろう。そのためイギリスの科学界はテレビ局を巻き込んだ
大変な騒ぎになった。その男の名はルパート・シェルドレイク。ケンブリッジで生化学の
博士号をとった。本書は、その天才の展開する仮説を紹介するものである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで私は「毀誉褒貶(きよほうへん)」という四字熟語を使いました。
三省堂『新明解四字熟語辞典』によると、ほめたりけなしたりすること。
そしりとほまれ。また、ほめたりけなしたりする世評。世間の評判。
「毀」「貶」はともに、そしること、けなすこと。「誉」「褒」はともに、ほめること。とあります。

ひきつづき、『なぜそれは起こるのか』のまえがきです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その仮説(シェルドレイクの仮説)を要約するとこうなる。
すなわち、現在自然に存在する生物の特徴的な形と行動、また物理的、科学的なあらゆるシステムの形態は、
過去に存在した同じような形態の存在の影響を受けて、過去と同じような形態を継承する。
それは「形の場」による「形の共鳴」とも呼ばれるべきプロセスによっている……。

遺伝現象を考えてみよう。子供が親の形質を受け継ぐのは、親の遺伝情報を持った遺伝子を子供が
受け継ぐからだ。遺伝子こそが過去の生物存在のすべての情報を未来に伝えるものだ。
私たちはそう思っている。しかしシェルドレイクは、それも「形の場」による「形の共鳴」が
なければ成立しないと主張する。

テレビ受像機のスイッチを入れても、放送局の送り出す電波に共鳴しなければブラウン管に映像は
現れないように、生物も、過去に存在した生物の「形の場」に共鳴しなければ、その形も行動も
現実にはならない。彼はそう主張するのだ。

これは今化学会で流行の物質還元論、つまり生物現象はすべて物質現象に還元して解明することが
できるという説に、明らかに反する。読者は、なんとクレージーなと、笑いとばすであろうか。

しかし、この仮説を裏付ける実験があるのだ。
水槽から脱出する道をネズミに学習させる実験がそのひとつだ。

この実験を受けたネズミの子孫たちは、世代を追うごとに、よりたやすく水槽から脱出する。
そればかりではない。その後、まったくかけ離れた地の実験室で同様の実験を行ったところ、
ネズミは初めからいとも簡単に水槽から脱出してしまったのである。

さらに、イギリスのテレビ局が協力して行った、パズル絵に隠された絵柄の認識実験。
本物のヘブライ語や、本物のモールス信号の方が、にせものよりも学習しやすいという実験。
良まれたばかりのヒヨコが光るものをつつく習性を利用して行われた実験などが、
この仮説を支持する結果を出した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、四字熟語はネットで検索するとたくさん出てきます。そのなかで私が気にいったものを
以下に10ほど列記しておきましょう。

1.一陽来復(いちようらふく)
2.朝令暮改(ちょうれいぼかい)
3.一期一会(いちごいちえ)
4.因果応報(いんがおうほう)
5.臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
6.諸行無常(しょぎょうむじょう)
7.温故知新(おんこちしん)
8.唯我独尊(ゆいがどくそん)
9.明鏡止水(めいきょうしすい)
10.心機一転(しんきいってん)

さて読者の皆さん、これらの四字熟語、意味をご存知ですか?

Goo辞書を調べてみて、知っていたつもりでも知識を新しくすることができました。
まさに「温故知新」です。

以下にコピペして書いておきますね。

一陽来復:冬が終わり、春が来ること。新年が来ること。
また、悪いことが続いた後で幸運に向かうこと。

朝令暮改:命令や政令などが頻繁に変更されて、一定しないこと。
朝出した命令が夕方にはもう改められるという意から。

一期一会:一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。
生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。

因果応報:人はよい行いをすればよい報いがあり、
悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。
もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。
現在では悪いほうに用いられることが多い。
「因」は因縁の意で、原因のこと。
「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

臥薪嘗胆:将来の成功を期して苦労に耐えること。
薪の上に寝て苦いきもをなめる意から。
「臥」はふし寝る意。「薪」はたきぎ。
「嘗」はなめること。「胆」は苦いきも。

諸行無常:この世の万物は常に変化して、
ほんのしばらくもとどまるものはないこと。
人生の無常をいう仏教の根本的な考え。仏教語。
「諸行」は因縁によって生じた、この世の一切の事物。

温故知新:前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり
考えたりして、新たな道理や知識を見い出し、
自分のものとすること。
古いものをたずね求めて新しい事柄を知る意から。

唯我独尊:この世で、自分ほど偉いものはいないとうぬぼれること。
釈迦しゃかが生まれたときに七歩歩き、一方で天を指し、
他方で地を指して唱えたという言葉と伝えられる。
この世の中で自分より尊いものはいないという意味。

明鏡止水:邪念がなく、澄み切って落ち着いた心の形容。
「明鏡」は一点の曇りもない鏡のこと。
「止水」は止まって、静かにたたえている水のこと。

心機一転:ある動機をきっかけとして、
すっかり気持ちがよい方向に変わること。
また、あることをきっかけに、すっかり気持ちや心を
よいほうに入れかえること。
「心機」は心の働き・心のはずみ・気持ち。
「一転」はまったく変わる、がらりと変わること。

現代生活は、言葉はなるべくわかりやすいようにという風潮がありますが
仕事場で同僚や上司、さらに友人や家族内でこういう四字熟語を使えると
カッコイイですね。カッコつけやがってなんて思われるかな?(笑)

皆さまどうぞよいお年をお迎えください。

文責:ほおじろえいいち

☆ほおじろえいいちのメールによる人生相談

70年以上にわたる私自身の人生経験や、大いなる存在たちのバックアップをいただきながら、メールによる人生相談を始めることにしました。

ご相談になりたいこと(たとえば以下のリストに表示)をメールでmugenアットマークeiichihojiro.jp宛てにお送りください。ご入金を確認後、いただいたメールの返信にてお答えさせていただきます。

1回のご相談は、あなたがお聞きになりたいこと1件にかぎらせていただきます。

・自分が今後とるべき方向
・友人関係
・恋愛問題
・適職
・夫婦関係
・親子関係
・趣味や才能の活かし方
・時間の使い方 等々
(ただし心身や医学的な問題についてのご相談はご容赦ください)

※初めにメールをお送りいただくときは、ご相談内容を具体的にお書きいただくと助かります。
 また、性別と年齢も可能ならば明記していただくと、お答えがスムーズになります。
 初めにいただいたご相談内容について、こちらからメールでお問い合わせをさせていただくこともありますので
 メールでお返事をいただきたくお願いいたします。

2021年11月6日(記)

☆新作DVD「マインドフル瞑想~スイレンの花たちとともに~」

このDVDは、あなたが日常「ほほ笑み」の状態を頻繁に体験できるように、また長い時間「ほほ笑み」の状態を持続できるようにとの意図をもって制作されたものです。

※「変容のほほ笑み」は株式会社オフィスほおじろの登録商標です。
※2021年10月15日発売

■DVD「マインドフル瞑想~スイレンの花たちとともに~」について
このDVDは、あなたが日常「ほほ笑み」の状態を頻繁に体験できるように、また長い時間「ほほ笑み」の状態を持続できるようにとの意図をもって制作されたものです。
こころのほほ笑み状態とは、「マインドフル」そのものといっていいでしょう。

ほほ笑むと、脳内の言語野にある神経細胞が活動して「気づき」「洞察」「悟り」「原因と結果の理解」が得られやすくなります。

そのときあなたの心は「今ここ」にあります。
「今ここ」ほど、素晴らしい瞬間・場所はないでしょう。

したがい、なるべく多くの時間「今ここ」に留まることができればいいのですが、
とくに意識を向けていないと「今ここ」の「マインドフルネス」から離れてしまいます。

日常生活や仕事などの忙しさに気をとられたり、こころ(脳)にさまざまなことが浮かんでくるからです。
過去のことを思い出して後悔したり、うれしかったなあと思わずこころをほころばせたりします。
また明日のことやずっと先の未来のことを心配してみたり…。

心が過去や未来にいってしまって、「心、ここにあらず」の状態になってしまいます。
自分では気づかないうちに意識が空想の世界に飛んでいることもあります。
不安や恐怖にさいなまれたりすることもあるでしょう。

それはあなたが過去や前世から持ち越してきた心癖かもしれません。
あるいはカルマがおおもとにある「あなたの心のネガティブな反応システム」かもしれません。

反応システムとは、周囲の出来事に対するあなたの心の反応です。
あなたが何かを見たり聞いたりしたときに、あるいは日常生活のなかで必ずといっていいほど心が同じように反応します。その反応は1パターンではないかもしれませんが。
いずれにしても「今ここ」に集中し、「マインドフルで心のほほ笑み状態」にいることができると、心のネガティブな反応システムは動かないようになるでしょう。

心のネガティブな反応システムは、人類が進化の過程で生き残るために発達させたものです。したがってこれからも生きていくためには必要なものでしょう。

しかし地球のエネルギーが変り、人々の意識も変って、すべてが「次元上昇」に向かっている今、なるべく「今ここ」に心を留め、マインドフルでいつづけることには大きな意義があるでしょう。

このDVDがそのためのお役に立つことを切に願っています。

■このDVDによって期待されること。効果は人によって違います。

・心が「今ここ」にいる時間が長くなる

・心が「ほほ笑み」の状態になる時間が増える

・自分にとって大切な「気づき」が得られる

・「マインドフル」で居られる機会や時間が増えてくる

・過ぎた「過去」はそれでよかったと思えるようになる

・優しい眼差しで人やもの、動物、植物(花)を見ることができるようになる

・物事の本質や奥底にあるものを見抜くことができるようになる

・物事への執着や私利私欲がなくなる

・常に理性的で正しい行いや正しい判断ができるようになる

・他人の品定めをしなくなる

・他人と自分を比較しなくなる

・見返りを期待しなくなる

・自分に限界点を定めなくなる

・迷いや悩みなどに束縛されなくなる

・原因と結果の理解が得られやすくなる

・自分なりの「悟り」の境地が何度も訪れ、悟りの度合いが徐々に深まっていく

・神さまや仏さまとつながり、自分にとって必要なメッセージが降りてくるようになる

・幸運のシンクロニシティーが起こる

・素敵な香りを感じることが増える

・たとえば花の素敵な香り、食べ物の素敵な香りなど

・素敵な香りを感じてほほ笑むことが多くなる

・素敵な香りを感じて幸せな気分になる

・時間の経過とともに自分は年齢を重ねていくと感じなくなる

・以前と今の自分を比較している意味を感じなくなる

・「マインドフル」で居続けることで自分の年齢も老いも気にならなくなる

・すべては「今この瞬間」が継続しているのみと気づく・悟る

・1日を感謝の心で締めくくることができるようになる

・「ありがとう」「感謝します」と心からいえるようになる

・そのほか、人により思わぬ素晴らしい経験をすることもあるでしょう

~~~~~このDVDのサンプル映像です~~~

このDVDは、あなたが日常「ほほ笑み」の状態を頻繁に体験できるように、また長い時間「ほほ笑み」の状態を持続できるようにとの意図をもって制作されたものです。

※「変容のほほ笑み」は株式会社オフィスほおじろの登録商標です。
※2021年10月15日発売

☆曼殊沙華の白花・新しいエネルギーフォトにしました!


私が数年前から自宅の庭で育てていた曼殊沙華の花が咲きました。

新しいエネルギーフラワーフォトにしてみました!

このフォトで期待される効能:
このフォトを自分の部屋に飾ることによって、次のような効果が期待されます。
・自然神霊・観音の守護が得られる
・心より感謝するような出来事が身の回りで起こる
・心がとても清らかになっていく
・幸運としか思えないようなことが自分や家族に起こる
・家族が仲良くなる
・幸運のシンクロニシティーが次々と起こる
・自分の悪業や悪しきカルマを浄化に向かわせてくれる
・徳のある自分の先祖が助けてくれる
・恋愛運に恵まれる
・物質的にもほどほどに豊かな暮らしができるようになる
・秘めたる思いが天に通じる

コメントbyほおじろえいいち:今年のお彼岸はエネルギーが強いと感じます。昨晩は満月が重なりましたね。

アセンデッドマスターのチャネリングセッション

アセンデッドマスターが、
ぜひアセンデッドマスターのチャネリングセッションをやるようにと、
もうそのチャネリング能力が充分あるので、
やりなさいと許可をくれましたので、
アセンデッドマスターのチャネリングセッションを始めます。

アセンデッドマスターのチャネリングセッションとは、
クライアントがアセンデッドマスターに聞きたいことを、
わたし(喰代泰子)が、チャネル(チャネリングをする人)となって、
クライアントとマスターを繋ぐ懸け橋となり、
マスターたちのメッセージをクライアントにお伝えするというものです。

わたしもアセンデッドマスターのチャネリングセッションをするのが夢で、
チャネル(マスターからの言語化するエネルギーを通す通路)の準備をして、
日々チャネリングをしてきました。

チャネリングをするアセンデッドマスターは、
マスターエルモリヤ、ロードサナンダ(イエスキリスト)、マスターセントジャーメイン、
ロードマイトレイヤ、聖母マリア、観音、レディポーシャです。

7人のアセンデッドマスターがフルサポートしてくれるチャネリングセッションです。
個人セッションです。

もともとわたし(喰代泰子)は、体質的に非常に適性があり、
過去生でその才能を発揮していたのです。

アセンデッドマスターに聞きたいことがある人、メッセージを求める人はぜひどうぞ。
わたしはマスターとあなたの懸け橋となり、
マスターの言葉をお伝えするのに徹します。

お申込みいただきますとこちらからチャネリングセッションの
お都合の良い日時をうかがうご連絡をメールでします。
スカイプでのセッションです。
スマホ、パソコンで受けていただけます。
お申込み後セミナーのスカイプでのリンクを
メールでお送りします。
リンクをクリックした後、「ゲスト」でスカイプに入り、
「許可する」をクリックするとご参加いただけます。
スカイプのアカウントは不要です。

下記のページよりお申込みいただけます。

動画詩集「次元上昇」

※「変容のほほ笑み」は株式会社オフィスほおじろの登録商標です。
※2021年8月2日発売

いま地球は次元上昇しています。地球上に棲んでいる私たち人間も、
それに合わせて変容を加速させています。

その動きは、地球全体が何らかの高位なパワーの働きかけで、
ヒーリングされていることによるのではないかと、私は感じています。

何らかの高位なエネルギー存在の働きかけがあったのでしょう。

詩的言葉が自然と頭に浮かぶというのは
天、あるいは神的な存在から寄せられるメッセージを
ダウンロードするということに他なりません。

ところで先日、私は宮沢賢治の影響で20代のころから書き溜めていた
(自動手記などによってダウンロードした)詩に、
最近の作品も含めて手製の詩集『心的惑星圏』にまとめました。

そして変容のほほ笑みDVDとしていくつもの動画作品をリリースしてきた
ノウハウを生かして、この詩集から20篇の詩を抜粋して動画化し、
動画詩集「次元上昇」なるDVDを作ってみました。

私自身の朗読を収録した初めての試みです。
もし興味がありましたらお求めいただけたら幸いです。

この動画をご覧になった方に本格的な幸せへの変容、
そして「次元上昇」が起きることを願っています。

この動画の視聴によって期待されること。

  • 神や天、仏様などといった高位な存在と強くつながるようになる
  • 今までにない自分を感じるようになる
  • 自分のハイヤーセルフを強く自覚できるようになる
  • 雑念などに邪魔されず、自分の思考を早く展開できるようになる
  • 必要な情報を自然とダウンロードできるようになる
  • 早寝早起きができるようになる
  • 睡眠の質がよくなってくる
  • 身近な花や動物(イヌやネコなど)たちと心が通じるようになる
  • 身近な花たちが語りかけてくる言葉(花語)がわかるようになる
  • 過去や未来にこだわらなくなる
  • 「今この瞬間」に集中できるようになる
  • 幸運の象徴としての虹をよく見るようになる
  • 自分の深層意識がよくわかるようになる
  • その他人により思いがけないよい効果も期待されます

~~~~~以下サンプル画面です~~~~

 

☆変容のほほ笑み®DVD新シリーズ・動画詩集「次元上昇」 発売しました

※「変容のほほ笑み」は株式会社オフィスほおじろの登録商標です。
※2021年8月2日発売

いま地球は次元上昇しています。地球上に棲んでいる私たち人間も、
それに合わせて変容を加速させています。

その動きは、地球全体が何らかの高位なパワーの働きかけで、
ヒーリングされていることによるのではないかと、私は感じています。

その結果として、ヒーリングクライシスのような現象が
人々のうえに起きているようです。

ヒーリングクライシスとは、好転反応の一つで、ヒーリングエネルギーを
浴びることによってネガティブなカルマやネガティブなエネルギー、
さらにトラウマなどが浄化されて洗い流されていくときに、
一時的に現れる現象です。

その人の状況によってそれは一見苦しいと思えるような場合もありますし、
人生の岐路に立っているような感覚を覚えるときもあります。

人生が根底から変わっていくことによる戸惑いに似た感覚を覚えることも
あるかもしれません。しかし、いずれもヒーリングによって人生が
好転し始めたしるしであり、喜ばしいことなのです。

地球全体が何らかの高位なパワーの働きかけでヒーリングされ、
次元上昇していていることによって体験するいくつかの現象…

今日はなんだか手がジンジンするなあとか、歩いていたり他人との会話の
途中で突然鳥肌が立つ。本を読んでいたり、美しい花を見ていて意識が
宙に浮かぶような感じがしたり、足がポカポカ温かくなってきたり…

お昼休みにちょっと目を閉じて休んでいると、
心のなかに映像が現れることもあります。

読者の皆様も何か体験されていませんか?
体験されていたら是非このメールの返信で
教えていただけると嬉しいです。

私自身の体験ですが、エネルギー・フラワー・フォト「ガクアジサイ・ピンク」に
エネルギーを封入しているとき、心のスクリーンに以前どこかで見た
ことのある映像がはっきりと浮かんできたことがあります。

私は密教の仏画(チベットのタンカ)や曼荼羅が昔から好きでした。
はじめは観音様の仏画かと思ったのですが、明らかに違います。
何かの仏像を描いたタンカです。頭に宝冠をかぶったお顔。

以前私はブログにホワイト・ターラーのお姿を見た体験を次のように書いています。

「いつも眠りに落ちる直前に、誰だかわからないですが、
紳士や淑女の顔を見ることがあります(クレアボヤンスという現象)。
最近は美しい花や大天使の姿がはっきり見えることがあります。
不思議ですね。それと同じような感じで、そのとき半分睡眠状態に陥っていた
私の心のスクリーンに、ホワイト・ターラーのお顔が見えてきたのです。

チベット人の女性のような黄色人種の人間としてのお顔でしたが、
お肌は驚くほどに透き通っています。その様子を見ていた昔の人は、
白いお肌の美しい菩薩さまということで、ホワイト・ターラーと名づけたに
違いありません。深い慈愛に満ちた優しい表情をしています。」

これも地球の次元上昇と無関係ではなかった。
何らかの高位なエネルギー存在の働きかけがあったのでしょう。

おそらくその働きかけを受けていた私は
20代のころから詩的言葉が自然と頭に浮かんできたのだろう。
今になってそう確信するのです。

詩的言葉が自然と頭に浮かぶというのは
天、あるいは神的な存在から寄せられるメッセージを
ダウンロードするということに他なりません。

ところで先日、私は宮沢賢治の影響で20代のころから書き溜めていた
(自動手記などによってダウンロードした)詩に、
最近の作品も含めて手製の詩集『心的惑星圏』にまとめました。

そして変容のほほ笑みDVDとしていくつもの動画作品をリリースしてきた
ノウハウを生かして、この詩集から20篇の詩を抜粋して動画化し、
動画詩集「次元上昇」なるDVDを作ってみました。

私自身の朗読を収録した初めての試みです。
もし興味がありましたらお求めいただけたら幸いです。

この動画をご覧になった方に本格的な幸せへの変容、
そして「次元上昇」が起きることを願っています。

※動画詩集「次元上昇」

☆変容のほほ笑み®DVD新シリーズ・動画詩集「次元上昇」 発売しました

この動画の視聴によって期待されること。

  • 神や天、仏様などといった高位な存在と強くつながるようになる
  • 今までにない自分を感じるようになる
  • 自分のハイヤーセルフを強く自覚できるようになる
  • 雑念などに邪魔されず、自分の思考を早く展開できるようになる
  • 必要な情報を自然とダウンロードできるようになる
  • 早寝早起きができるようになる
  • 睡眠の質がよくなってくる
  • 身近な花や動物(イヌやネコなど)たちと心が通じるようになる
  • 身近な花たちが語りかけてくる言葉(花語)がわかるようになる
  • 過去や未来にこだわらなくなる
  • 「今この瞬間」に集中できるようになる
  • 幸運の象徴としての虹をよく見るようになる
  • 自分の深層意識がよくわかるようになる
  • その他人により思いがけないよい効果も期待されます

~~~~~以下サンプル画面です~~~~

 

☆蓮の花開花2日目!


今朝 5 時過ぎに目が覚めました。この蓮の花、今日は開花2日目なので、いちばん美しく咲く日です。それが私の誕生日! 5時過ぎから膨らみ始め、7 時半には最大になりました。手の平をかざすとジンジンと温かく、顔を近づけると何とも言えないいい香り。昨日よりもエネルギーが強くなっているなあ。7時半を過ぎると、今度は花を閉じ始めます。9時には花は完全に閉じてしまう。いつ見ても神秘的な青菱紅蓮(せいりょうこうれん)です。

☆蓮の花 今朝咲きました

今夏、一番咲きの青菱紅蓮。手の平をかざすと手がジンジンと温かくなってきます。顔を近づけると、なんとも言えない素敵な香り。鼻腔を通ってそのエネルギーが身体に入ったとたんに、全身がトリハダ。このフォトをご覧になって、何か感じたら、メールで教えてくださいね。

早朝6時には花が開き始め、8時ごろいちばん大きくなって、その後は閉じ始めます。9時には花の中が見えなくなりました。

蓮の花は開花 3 日目には散ってしまいます。

すぐそばに咲く赤いハーブの花ヤロウ(下の写真)のエネルギーとマッチして、足の裏も熱くなって…。グラウンディングパワーもスゴイです。

またフラワーフォトを作りますので、できるのを楽しみにお待ちくださいね。

 

☆☆ほおじろえいいち詩集『心的惑星圏』をリリースしました

  • 価格:¥10,000(消費税込)
  • 商品構成:詩集1冊
  • 商品の発送:ご注文数が推定できないため、ご注文後に印刷製本して宅急便でお送りします
  • 商品の到着:ご注文後商品が届くまで 1 週間程度お待ちいただくことがあります。
  • ご購入はこちら→オフィスほおじろオンラインショップ


先月末(6月29日)のメルマガで、今まとめている詩集『心的惑星圏』についての強いゴーサインを、天からもらったように感じたと書きました。6月18日お昼過ぎ、仏生山公園を散歩していたら空にダブルレインボーが出たからです。

虹は昔から天界(霊的な世界)と地上(物質世界)を繋ぐものとか、進むべき方向を示してくれるスピリチュアルなメッセージ、あるいは龍神の化身とか言われています。

私は20代の頃より詩を書いていましたので、半世紀を経てやっとそれが日の目を見るときが来たと、感慨無量です。

詩の言葉は、ほとんどが降りてくるものです。宇宙や天というべきものの中にすでにあったものがこちらの世界に降りてくる。それをつかんで文字にしていく。それをするのが詩人。私はそう考えています。

私は20歳代に書いた詩を30歳になったとき、1冊の詩集『心的惑星圏』にまとめ、自費出版しました。青い表紙に銀箔でタイトルを印刷しました。そして、渋谷の詩集専門の本屋さんに3冊ほど置いてもらえたのですが1冊も売れませんでした。引き取ってくださいというので、すぐに自宅に持ち帰ったことを覚えています。

今度は新しく書いた詩も含めて序を除き57篇の詩を収録した新しい詩集『心的惑星圏』を自分の会社で制作し、リリースすることにしました。うすいブルーの綺麗な和紙に印刷し、自分で製本しました。全77ページです。収録した多くの詩が自動手記によるもので、詩集そのものに強いヒーリングエネルギーを込めることができたと思います。

この詩集を読まれた方がご自身の幸せな変容を加速させることを願って止みません。

(記)ほおじろえいいち


  • 価格:¥10,000(消費税込)
  • 商品構成:詩集1冊
  • 商品の発送:ご注文数が推定できないため、ご注文後に印刷製本して宅急便でお送りします
  • 商品の到着:ご注文後商品が届くまで 1 週間程度お待ちいただくことがあります。
  • ご購入はこちら→オフィスほおじろオンラインショップ